gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

チャボ桧葉はここ イト桧葉はあそこ・・・・

2017-02-22 07:37:29 | 日記・エッセイ・コラム

この2月に入ってから・・・・就寝中に庭の植樹場所のアイディア―が閃いて来ている いつもの状態であるならば、                                        フラッシュアイディア―なので起床時にはだいたいの事は忘れているのであるが 正面ゲートの東側に藤の移植を                                                        含めるとチャボ桧葉は国道411号沿いの擁壁のマスカットの葡萄棚の西側に 同国道の25メートル西側の駐輪場の北                                                   にイト桧葉を植樹するアイデア―なのである

今朝(22日) 早朝に3カ所の植樹場所を確認してみた 藤の植樹の場所はアメリカ南部のオールドローズが日当たりの                                                       関係か 半分の幹が枯れかかっていた イト桧葉の場所は友人の依頼があったので 飲料の自動販売機の設置ヶ所であった                                             販売機を置くためにイト桧葉を虐めてしまった チャボ桧葉の処に行ってみると ノウゼン蔓の異常拡大防止のために                                                    薬剤を散布した場所であった チャボ桧葉は枯れかかっていた

Monsieurの庭造りは本物に成って来たのかも知れない H社時代の生産システム設計時代の昔に戻って来ているのである                                                 この心の深化の背景には何がるのだろう(?) 何が起きているのであろうか 寿命(?) Monsieur特有の精神構造(?)                                              今は幸せの凪の状態 この凪の状態が続いている不満 いつの厳しい処に身を置きたいという願望が頭を持ち上げて来ている                                                のかも知れない そのために行動に移す前に『そよ風』の庭を完成させなさい・・・・というお告げなのか

今日のガーデニング作業は予定を変更して・・・・チャボ桧葉はマスカット葡萄棚の西側 イト桧葉は駐輪場の北側 藤を                                              パーマン3号の出入口アーチの東側に移植 今日は家庭菜園場のほうれん草の種蒔きのための寒掘り(苦土石灰+化成肥料)                                           作業をを延期して・・・・お告げに従って 70歳を超えた体力の限界に Monsieurの体力限界に挑戦しましょう・・・・‼                                           もしかすると この厳しい処への心の深化は今の幸せを捨てに行く・・・・旅に成るかも 知れない(!or?)

3カ所の樹木の移植作業の前【そよ風】の未来の透視図を描いてみた 風格が漂い 格調高い庭 一段レベルが上がった絵が                                                    描けて来た 庭造りを始めて時のコンセプト 小さな森の美術館 小さなお菓子屋(ピザ屋)さん+障がい者の自立支援施設                                                +地域の休みっぱのコンセプトに合致しているのである 天国のお婆ちゃんの遺言状 休みっぱの完成に近づいて来た

滴るや 寒掘りの汗 清々し(Monsieur) 21日は木枯らしが吹き捲る中 ほうれん草の種蒔き準備の寒掘り作業を実施

2017-2-22 Monsieur

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 傷ついた猫が・・・・ | トップ | 芽起こし・根張りの雨・・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。