gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

星降る夜明け そして・・・・

2016-12-28 09:09:29 | 日記・エッセイ・コラム

今日(28日)は星降る夜明けであった そして 東の空は白みかけて来た 真っ赤な太陽が上って来る事は確定的である                                                         昨日は南風 すっかりと風の向きが変わって 秩父下し・奥多摩下しが吹き抜ける夜明けであった 

昨夜の未明から・・・・心は何処にあるの? 天国と地獄は本当にあるの? うつらうつらしている時に ミッチョン桜は                                                                    2階で一時休息したようで 午前2時30分に3階のベットに戻ってきた 直ぐさま深い寝息でなっていた 室内の掃除器具を                                                       レンタルしているようである 返却期日を迎えたのだろう いつもの月末のように 室内の大掃除をしていたようである

妻は安心から生まれた深い眠りである 寝息を聴きながら 連れ合いの役目は果たしている 小さな幸せを感じながら・・・・                                                    いつものように天井を見上げながら 未明の自問自答に答を求めていた この二つは人間にとって難しい課題であるに違いない                                                            心は生きているのであるから 今迄の自分の経験・知識・・・・等の集積回路の量と記憶の深さから醸成されるものである                                                       だとすると・・・・心はハートに非ず 頭の細胞の中の記憶と未来志向の中にある 

次に天国と地獄は・・・・死んでしまったら 本人の心が全て消去されてしまうのであるから 天国には地獄も天国も存在しない                                                    この世に有って 生き方の選択によっての結果 天国と地獄が生じるのである 天国には無い 親鸞のように キリストのように                                                     いくら見えない神に 仏に祈っても無駄な行為である 天国は実に身近なところにあるのである 自分の遣りたい事に満足して次の                                                           時代を引き継ぐ人に貢献できる生き方をしている人である その周りの人達は天国で生活しているのである

昨日の引き続いてメインガーデンの国道沿いの花壇の仕上げ作業をするために庭に出た 真っ赤な太陽が昇って来た Monsieurは                                                     寒さにシャキッとした 今日も幸福になれると 幸福な一日を過ごせる 明日も幸福な一日が来ると思える 何故ならば・・・・・                                                昨日よりも 今日の一日を使って庭を美しく出来るからである 明日はもっと美しく庭を仕上げる作業が続けられると思えるから                                                である 地獄を経験した人は天国の有難さを 小っちゃな・・・・幸せをかみしめる事が出来るのである

昨日(27日)のガーデニング ①チャボ桧葉の下の枝の処分 ②薔薇の植樹場所の紫蘭の除去 ③バアバと孫の花壇の薔薇の                                                         イエスターデーの3本を移植準備

2016‐12-28 Monsieur 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 拘りなさい・・・・❕ | トップ | 国道沿いの薔薇フェンス・・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事