gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

前から・・・・17列目のスペシャル席

2017-04-06 09:54:02 | 日記・エッセイ・コラム

昨日(5日)午前11時40分に家を出た 東京ドームにで食事をとっている時に音楽会は【美空ひばり】の生誕80年チャリティ―                                                コンサートである事が理解出来た チケット忘れが有ったけれど 素早くパーマン2号が対応してくれたので 命を捧げ、心を                                                   込めて歌っている歌手の皆様に大感動 パーマン2号が用意してくれた席は前から・・・・17列目のスペシャル席であった

町の守り神の神社の裏山が笑い出した パステル色になって来た 『そよ風』のあちこちで赤・白のチューリップが咲き出した                                                  芝桜が咲き出し 美しく華麗な絨毯に変身して来た いつもの朝のように雑草取り作業・メダカの池の掃除のルーチン業務 メダカの                                                 動きが素早くなって来ている 最近メダカのおっしょさんにお逢い出来ていない Monsieurは毎日が日曜日で 暇人 彼の                                                          趣味は素人離れしているので きっと・・・・世話する事に没頭して 忙しいのだろうか

今日はお爺ちゃんの卒業した青梅第2小学校の入学式のようだ おめかししたお母さん びしっとスーツ姿のお父さん ピカピカ                                                           ランドセルの主人公が手を携えて・・・・急ぎ足 春の交通安全週間の始まり(?)・・・・交差点で警察官の笛の音が響いて来た                                                思い返さば、Monsieurはパーマン達の行事に参加した事が無いけれど パーマン達は立派に育ってくれた この度はパーマン2号                                                からのお誘いがあった パーマン2号は前に 後ろに 横になって 最も疲れない形で 母の手を引いてくれていた

誰の遺伝子 よくもこんなに優しい子に育ってくれたものだ 帰宅は午前0時過ぎ 今日も早朝より パーマン2号は介護の仕事に                                                  出掛けて行った お爺ちゃんは大の【美空ひばり】ファンだった 身体を揺さぶる程の大音響の連続のステージであった どんな                                                  俳句を作ったあろうか ふと帰宅の電車に揺られながら お爺ちゃんが浮んで来た 最後のステージはこれでもか これでもかという                                                      花吹雪の世界がひろがってエンディング

Monsieurの目に焼き付いているのは水道橋駅から席までは階段の上り下りをしながら・・・・ドームを半周 背中が彎曲 最近は                                                 それに背骨が右に傾き出してきた妻 Monsieurのブルドーザー人生&子育てに苦労を掛けて来た結果なのであろうか 体質もあるけれど                                          きっと そうに違いない 心が痛んだ

2017-4-6 Monsieur

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 貧士から・・・・紳士へ(!) | トップ | 汚水配管が詰まった・・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。