往生安楽國

さとりかならずさだまらん

体罰で自殺

2017-05-20 06:02:02 | 日記
仙台中学生自殺、
教諭2人から体罰も受けていた
先月、仙台市の中学校の男子生徒が自殺した問題で、この男子生徒が、授業中にうるさくしたという理由で、教諭から口に粘着テープを張られる体罰を受けていたことがわかりました。
これは19日、仙台市教育委員会が明らかにしたものです。市教委によりますと、今年1月、授業中に、この男子生徒が“うるさくしている”という理由から、教諭が口に粘着テープを張ったということです。また、先月25日には、この男子生徒が“授業が終わった後も寝ていた”という理由で、別の教諭がこの生徒の頭をげんこつで叩いたということです。
男子生徒は翌日の先月26日、自宅近くのマンションから飛び降りて自殺しました。男子生徒は、机に「死ね」と書かれるなどのいじめを受けていたこともわかっていて、市教委では、自殺に至ったいきさつを調べるため、全校生徒へのアンケートの取りまとめなどを進めています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 加計学園問題 | トップ | 本部長謝罪 »