天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

重大な病気やガンになる根源的にして最大の要因・・・

2017-04-19 18:51:34 | 日記

それが、出生前や出生時や幼少時に自分が抱いた「自分は母親に愛されていない」などのバース・トラウマにある、とかいうニューエイジ的な考え方はずっと以前からあるし、今もそういうことを教えるカウンセラーがいますが・・・

本当に腹立たしい。

「言葉はコードを越えない」のと一緒で、「感情(そしてトラウマさえ)もコードを越えない」のです。

言葉も感情もトラウマも身体も、そして病気も運も、人間に付随するものは、すべてコード(先天的運命エネルギー)によってコード(支配)されているのです。

「はじめに言葉があった」

これでしょ?ネタモトは。いい加減な着想のソースは。

あ、あと日本だと「言霊 ことだま」の思想も地味に強固でしたね。

それらはクロウリー流に言えば、旧アイオーンの間違った教え(=言葉はもちろん大事ですよ。現実の世界でも魔術(マーヤー)の世界でもそれは同じ。でも言葉はコードの下位従属物なんです。それに先立つもの[つまり全ての言葉の上位にある不可視不可感のコード]を正しく解明したり、いわんやそれを根本から変化させたりすることはできないのです)です。

つまり、これまでの時代知のレベルやら地球霊魂(アニマ・ムンディ、眠り姫)の未覚醒ゆえに真の知の発見が宿命的に制約されていた人類の意識から出て来た数多の誤った教えの一つにすぎないのです。

新たなホルスのアイオーンでは、「はじめに言葉があった」ではなく、「はじめに悪のコードがあった」が世界で初めて明らかにされ、そして次に、ではそれを「どうしたらいいのか?」(悪の乗り越えへの意志)に結びつけていくわけです。

ガンになる人は、そもそも、まず先天的コードによって(身体のDNA設計に先立つアストロDNAの次元から)すでにして生時刻印(コード)される特定のガン因子コードをホロスコープに持っています。そしてその特定コードが自らの波動共鳴発信によって、実際にその人の身体にガンが発生される状況になるように、その人の行動パターン、思考パターン、住む場所、食事、有毒化学物質の取り込みを休み無く操作していくのです。その結果、その人はコードに最初から決められていた通り、ガンになるわけです。

つまり、「はじめにコード」があって、そのアストラルのコードがその人をガンになるように世界運命と事物の総体ネットワークと正確に共謀連動しつつ、「物質次元でのありとあらゆること」を仕向けていくわけです。

要約すると、「はじめに悪コード」「次に悪物質」「最後に愚かな行動」です。これが病気の原因のすべてです。アカシックによって自分に対してカルマ的に強制付加された〈悪コード〉と(悪コードに導かれて)人間が自然界に作り出した様々な〈有毒物質〉、そして、わざわざそれらの有害物質を食べたり飲んだり身につけたり香らせたりする〈愚かな自分の行動〉…人が病気になる動因と原因、それはこの3つだけです!!

言葉とか、感情とか、バーストラウマとか…はっきり言って、それらは病気の発現原因自体とはまったく関係ありません。

「言葉の無限の可能性」とか、「ありがとう千回」とか、「他人のためではない自分自身の夢を持たないと意味がない」とか、何の本質的価値もない教え(コード304のエネルギー)に傾倒するような人が、そうしたいい加減な教えを広めると同時に、アロマも飛ばせる温熱水素発生器で、自然環境に有害な化学物質香料毒をまきちらして(コード176のエネルギー)、オツムの弱いガンのクライアントがそれをガン治療に効果がある!はず…!!と信じて喜んで吸うから、なおいっそう(最初からコードに決められている通り)ガンが悪化するんです。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【LOR】《神の証明》この世の... | トップ | がん闘病中の小林麻央さん、5... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。