天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

【重要:緊急再注意喚起警告】すでにお伝えをしています通り、現在、コード329が世界支配最強力影響圏を

2017-03-13 04:21:51 | 日記


進行中です。

そのコード329が最強力圏に入座した際に、私から皆様にお伝えしました警告予言を以下に再掲いたします。


【予言再掲】


現在の特数列コード327と共に最影響圏入座中のルナーコード329「かつて自分も王家の一員だったことのある一人の乞食が今いる王の没落を予言する」の影響により、国家元首、王族、皇室のメンバーに受難(職務上の悩み、不快な体験、体調不良、病気、事故、けが、死)が招かれやすくなっています。
―2016年9月17日19時43分予言
https://twitter.com/nekomimimikon/status/777095726232772608



現在、世界支配コードには、クーデターをもたらすコード305(これにより、すでにトルコにクーデター事件発生)、国家の頂点や政権中枢の討伐の動きが起こるコード297、大統領・首相・首席、総書記、及びこれに準ず者に、受難(職務上の悩み、不快な体験、体調不良、病気、事故、怪我、テロ、死、入院、暗殺、攻撃、口撃、批判、醜聞、ハッキング、調査、内偵、取り調べ、不正調査、拘束、逮捕、起訴など)をもたらすコード329が進行中で、特に現在最強力影響圏に入ったコード329は、今後さらに特別最強力影響圏へ進行していくため現象化力はより大に。
―2016年10月12日9時40分-9時52分予言
https://twitter.com/nekomimimikon/status/786003497351118848
https://twitter.com/nekomimimikon/status/786006628474560512



皆様、すでにご存知の通り、この「国家トップの没落」をもたらすことを最大特徴とするルナーコード329の甚大なる影響により、3日前の2017年3月10日に、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する罷免が決定されました。

この韓国の裁判所が自国の現職の大統領に下した歴史的決定の端緒となったのは、朴大統領が友人の崔順実(チェ・スンシル)氏に、国政に関する内部文書を個人的に渡していたというスキャンダルの発覚でした。

この重大な疑惑が最初に報じられたのは、昨年2016年10月24日夜の、韓国のテレビ局JTBCの報道においてでした。

それはちょうど、私が「大統領や首相に一大スキャンダルを引き起こし、世論の批判を喚起し、メディアによる調査や、時に当局による捜査や起訴を招き、その高い地位からの没落をもたらす」こともある、時の権力者にとっては余りにも恐ろしい力を持つルナーコード329が特別最強力影響圏に入座したことを皆様にお伝えした日(2016年10月12日)から、わずか12日後の出来事でした。

そして、朴大統領を、一国の大統領の座から、たった4ヶ月で一市民の座にまで引きずり下ろしたこのコード329が、今度は向きを変えて、わが国の安倍首相のほうに襲いかかりました。

これも前にお伝えしましたが、あるコードは、それ単体での現象化を行うと同時に、常に必ず、それと隣り合うコード(隣接コード/接続コード)と共に、時系列に従って強力に現象化します。

たとえば、コード329の場合ですと、まず

・コード328とコード329のセット(フュージョン)

が現象化し、次に一定の時期を置いて

・コード329とコード330のセット(フュージョン)

が現象化する、という形になります。

昨年からお伝えしていることですが、現在、世界支配最強力影響圏を進行中の、上記のソーラーコード328「冬の間の薪の確保のため、たくさんの木が切り倒され、のこぎりでひかれる」は、そのコード文の〈絵解き〉のシグニフィケーターにも示されています通り、「木に関する不運凶事」や、冬に象徴される「厳しい受難」や、「土地・土地整備造成・土地開発・土木・土建・建設・工事などに関する不運凶事(ネガティヴ&マレフィック)」を非常に強く現象化させます。

なお、ルナーコード328「人気コミックに描かれた世界的に有名な聖者をモデルにした教訓的でありながらコミカルでもあるストーリーが好評を博している」のほうは「国家の要職にある人物に相応しくない、不届きな行状、恥ずべき行状、冗談のような行状が発覚する」事態、「神父、司祭、牧師、僧侶、神主などといった聖職にある人物に相応しくない、不届きな行状、恥ずべき行状、冗談のような行状が発覚する」事態を非常に強く現象化させます。

よって、そのソーラーコード328とルナーコード329がフュージョンで現象化するということは、すなわち「土地や建設などに関わるネガティヴな問題の発覚によって、大統領や首相といった国家トップの要職にある人物が、醜聞や批判や立場の揺らぎや喪失、失脚や没落(の危険)」に見舞われることを直截に意味しています。

そして、それがコードブログラムの時系列の次に来るルナーコード330「栄華を誇ったバビロンの大都市が海中へと沈んでいく」とフュージョンするに至った時、上記の危機は、ついに現実の失脚や没落という形で現象化するのです。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【緊急再注意喚起警告!!!!】... | トップ | コード223について。「体にい... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。