天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

【ホントかなぁ】麻央ブログで話題…噂の528ヘルツ音楽

2017-04-21 18:12:28 | 日記
麻央ブログで話題…噂の528ヘルツ音楽はDNAを修復するのか(女性自身)2017年3月24日
http://jisin.jp/serial/健康ダイエット/healty/28240

《太陽の光を浴びて、 エネルギーをお裾分け頂いていました。(中略)528Hzの音楽を流しながら口笛 細胞を修復する周波数だそうです》
 
3月12日にブログを更新した小林麻央(34)。そこにあった“528ヘルツの音楽が細胞を修復”という内容が話題を呼んでいる。528ヘルツはソルフェジオ周波数ともいわれ、“DNAを修復する効果がある周波数”として注目されているという。『KinKi Kids』の堂本光一(38)も昨年3月にテレビ番組で「寝るときに聴いている」と紹介したこともあった。
 
『聴くだけで心と体が安らぐ周波数「528Hz」CDブック』著者で埼玉医科大学教授の和合治久氏(67)も注目する一人。和合教授は音楽療法研究の専門家で、モーツァルトの音楽を病気の予防や治療に活用する“モーツァルト音楽療法”の研究者。そんな教授が語る。
 
「科学的な裏付けについては今後の研究を待たなければならないため、研究者として現時点で軽々しいことを言えません。ただ別名“愛の周波数”とも言われるこの周波数を聞くことで『快調になった!』という声が、数多く寄せられていることも事実です。そのカギは、副交感神経。交感神経と副交感神経はスイッチのオンとオフのような関係。現代人は絶えずスイッチがオンになっていますが、この周波数を聴くことで副交感神経が働きスイッチがオフに。リラックス状態になり、DNAを傷つける原因のストレスを軽減するのです」
 
さらにこの副交感神経優位状態は、DNA修復にも影響を及す可能性もあるという。
 
「DNAが傷つくことで起こることとして、発がんが真っ先に挙げられます。がん細胞は1日5千個近く生まれると言われていますが、体内のナチュラルキラー細胞とTリンパ球がそれらを攻撃して修復しているのです。この2つは副交感神経優位になることで活発になる。つまりこの周波数を聴くことでがん細胞を攻撃し、修復効果も期待されているのです」
 
音楽療法を実践中の麻央に和合教授はこうエールを送る。
 
「実は、私は03年に姉をがんで亡くしています。もし姉が生きていたら、この音楽で治してあげたい。そんな思いで528ヘルツの音楽の可能性を探っているのです。だから麻央さんも負けないでほしい。いいと思うものは何でも取り入れて、がんを克服してほしいです」



ホントなわけないけど…一応、528というキーナンバーをコード換算(数解き)してみました。(以下はその結果)



528-360=168


168…う、わぁ…このコード…これ、、、



●コード168

・ソーラーコード168「悩める人がウィジャー・ボード(西洋版こっくりさん)に質問し、目に見えない霊的な存在が解決への答えを告げている」

・ルナーコード168 「高価な外国車のポスターが、体調不良で親の看病を受けている子供の部屋の壁の目立つ所に飾られている」



このコード168が何を意味しているかと言うとですね、要は、528ヘルツ音楽には本当の効き目なんてなくて、言ってみれば実体のない眉唾ものということなんですね。特に、病気には逆効果ですね。というか、逆に「治っていくような気分にはなれるが(気分だけです)、実は病気をより悪化させる」波動ナンバーということがコード解読の結果から分かります。ただ、528ヘルツというのは、人間の健康には大きなマイナス作用があるけど、お金や仕事運にはプラス作用もあることが分かります(要は、それで実際にお金を儲けている人[CD制作者や音楽療法研究家や代替医療施術者やカウンセラーなど]がいるからという現象理由によるものでしょうね)。ただし、健康運との引き換えに…。


ちなみに、誰よりもコードを知悉している私としては、このコード168は代表的なサタンコードと並ぶほどに絶対的な「忌避」の対象です。正直、徹底的に全力で避けています。こんな波動数を持つ音楽を喜んで聞くなんて…「知らない」っていうのは、本当に怖いことですね。


あと、「太陽の光を浴びて、エネルギーをお裾分け頂いて…」というのも、その日の太陽コードを知らないと危険ですよ。

ちなみに、アカシックコードは諸惑星のエネルギーによって作動している天空機械で、そこから変換生産されたエネルギーを再び太陽・月・星を通じて人間にコードとして送り込んでいるわけで、太陽・月・星のエネルギーというものも、良い時もあれば、悪い時もある、ということですからね。最小レベルまでの細かさで見れば、1日おきの変化どころか、3分おきくらいに善悪レベルの高低変動があるので…。

イルミナティでは、たしかに《太陽神のイニシエーション》がありますが、そうした日時分のコード状態を、すべて事前に確認した上で「最高の時」を選び、かつ、太陽光線の中から最も上質なピンク色の不可視光だけを特別な魔法を使って抽出し、それを吸収します。そのピンク色の光の中には、プラスマテの種子(ハディトのエッセンス)が含まれており、善人の体内に着床が成功した場合は、数年後に写真にはっきりと映るくらいに成長します(悪人の体内では育ちませんし、そもそも種子は最初から着床せずその体を通過してただ外に出て行きます)。








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仏陀が昔、カルマについて言... | トップ | 最近聞いた、いちばん「素晴... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。