天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

10月22日投開票の今回2017年の衆院選

2017-10-04 19:34:02 | 日記
その運命の決戦の10月22日時点で、小池百合子氏の運命を決する進行太陽コード(10月22日時点での進行年運)は・・・

コード176[乙女座25.60]です。(以下参照)

●コード176

ソーラーコード176「香炉を持って祭壇の神父に仕える少年」(別名「偶像(悪い伝統や因習・ブーム・流行・風俗・虚名・大衆受けするもの・悪い商品・誇大広告・噓偽り)を利用して生活の糧を得ている口八丁手八丁の似非宗教家の華美な衣を包んでいる思わせぶりな香の香り(癒し、ヒーリング、アロマ、香水、香りグッズ、代替医療)を神聖なものと錯覚してその前に仕え、献金を捧げている現世利益(功徳、効能)目当ての無知な大衆」)【サタンコード】

♢コードの現象化形態:魔的なエネルギーの介入。思うようにいかない状況。強い願望が果たされないことから生じるフラストレーション。人間関係のギクシャク。不安定な精神状態。優れた人について学ぶことによる大きな進歩。(女性の場合)自分の夫やパートナーに対するサポートや献身。(男女とも)自分のボスに対するサポートや献身。部下の失態や不祥事。後塵を拝する。次点。精神世界への興味。化学物質(農薬、除草剤、香料、その他の原因)による空気の汚染や物質の汚染による被害。(シグニフィケーターとして)信用のおけない人物。魔的な影響を色濃く受けた人物。

ルナーコード176「仕立ての良い白シャツを着た田舎の町の名士が贔屓の店を訪れ、そこでその男性が目にした壁に貼ってあったポスターの中の著名人は、都会のある店で新しく出現したスポンサーからの非常に条件の良いオファーに耳を傾けている」

♢コードの現象化形態:そこそこ安定した生活。一定のステイタスの獲得。周囲からリスペクトされる。社会的上昇のチャンスを掴む。(ときに)スポンサーやパトロンの出現。栄転。好条件の転職。好条件の移籍。グループの流動化と不安定化。


この、ここ一番の勝負事に臨むには適さない年運(コード176)を小池さんが抜けるのは、2018年の3月14日。そうすれば、太陽コード(年運)は、以下のラッキーコード177に切り替わります。


●コード177

ソーラーコード177「よそゆきの顔をした貴族婦人の一団が、さざめきながら宮廷の公務である式典に集う」

♢コードの現象化形態:発展と上昇。社会的ステイタスの獲得。ラッキーな状況。仕事の活性化。楽しみの増加。グループ活動。華やかな人間関係の拡大。女性相手の仕事への適性。(ときに)趣味や資格に関する学び。(ときに)精神世界の学び。(ときに)スピリチュアルな分野での活動。

ルナーコード177「一目惚れした高額な商品を買うために必要なお金を持っていなかった人が、商品の代わりに宝クジを買い、商品が買えるだけのお金が当たることを期待する」(別名「ビジネスに関しては海のものとも山のものとも分からない経験不足の有名スターが始めた新規事業に支援と出資を提供するスポンサー」)

♢コードの現象化形態:一般的生活。忍耐を要する状況。フラストレーションを感じる状況。現状に甘んじて、チャンスの訪れを待つ状況。一つの期待が潰えたことで、代案や他の方向性を模索する。最善に届かない状況。強い願望を諦めざるを得ない状況。実力不足が露呈する状況。恋が成就しない状況。金銭(資金)面での(増収)願望もしくは金銭(資金)面での不安。

ただ、残念ながら、このコードに入って直ぐの3月〜4月中旬ごろは、今度は進行の月のコードが悪いところに入るので、太陽コード177のベネフィックをまだ十分に活かし切ることはできません。ですが、その数ヶ月後に月運コードにコード177が巡ってきた時は、太陽と月が同じラッキーコードのコード177でコンジャンクション(二度打ち)するので、そこでは小池さんに大きなチャンスやラッキーが入ってくることになるでしょう。


これは余談ですが、小池百合子東京都知事が、この赤ちゃんパンダに「香香」という名を付けることになったのは、明らかに小池さんの今の年運コード176「偶像を利用して生活の糧を得ている宗教家の衣を包んでいる思わせぶりな香の香り」の運命的影響ですね。

赤ちゃんパンダ「シャンシャン」発表 「最終候補で応募最多」 小池都知事(日本経済新聞)2017年9月25日
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDG25H6I_V20C17A9000000/

東京都の小池百合子知事は25日記者会見し、上野動物園(台東区)で6月に誕生したジャイアントパンダの雌の赤ちゃんの名前を「シャンシャン(香香)」に決めたと正式に発表した。理由について「(最終候補の)8案の中で応募が最も多く、選考委員の評価が高かった」と述べた。

小池氏は名前の印象について「とても呼びやすいと思う。香りがするようなかわいらしい名前。花が開くような明るいイメージではないか」と語った。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本初の女性首相の座を狙う... | トップ | 【成功(必勝)の法則】 人は... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事