天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

小林麻央さんの(本日17日から19日の)日運コードの現象化について

2017-05-17 14:10:01 | 日記
小林麻央さんが、今日午前中にブログを更新されました。

夫の海老蔵さんが、朝一番で作り立てのスープを持って病室に来たそうです。

以下は、その本日17日の麻央さんの日運コードですが、そのエピソードとコードの現象化の対応について見てみます。

まず、ソーラー60の「ヨーロッパの貴族の古いお城の屋根やテラスや広場を闊歩するアラブの孔雀(悪魔マラク・ターウース)」ですが、これは海老蔵さんが病院にやって来たという形で現象化しています。

次に、ソーラー80「カフェレストランの入り口に置かれたイミテーションのメニュー」ですが、それは海老蔵さんが持参した手作りスープとして現象化しています。イミテーションというのは、そのスープの写真が麻央さんのプログにアップされて誰もが自由に閲覧できる状態になっていることを意味します。

また、ソーラー61「ガラス製の海中トンネルが、そこを歩く観光客に、非日常的な海底の風景をかいま見せる」は、麻央さんのブログに掲載されたスープの写真を見れば分かりますように、そのスープが白磁器ではなく、耐熱ガラス製の透明なお皿に入れられていることで現象化しています。さらに、コード文中の「非日常的」というのは、これまでは料理などしなかった海老蔵さんが、愛する妻の麻央さんのために、特別にお手製スープを作ったことを意味します。

そして、ソーラー129「失敗作の破片が積もる工房で、ガラス職人が呼吸を整えながら、自己の思い描く理想を十全にあらわす作品の創出に挑戦している」は、海老蔵さんが麻央さんの体に良いスープ作りに一生懸命試行錯誤し、苦心したことを表わしているものと思われます。



■5月17日(水)

60-61ソーラー

●ソーラー60「ヨーロッパの貴族の古いお城の屋根やテラスや広場を闊歩するアラブの孔雀(悪魔マラク・ターウース)」

●ソーラー61「ガラス製の海中トンネルが、そこを歩く観光客に、非日常的な海底の風景をかいま見せる」

80-81ソーラー

●ソーラー80「カフェレストランの入り口に置かれたイミテーションのメニュー」

●ソーラー81「興奮した労働者たちのデモ(ストライキ、サボタージュ)」

109-110ソーラー

●ソーラー109「結婚式でお互いのことしか見えない若いカップルに、年齢よりも見た目の若い初老の司祭が形通りの祝福を与える」

●ソーラー110「やがては海に沈んでしまうと言われているヴェネチアのゴンドラの上で、中年の歌手が朗々とした声でカンツォーネを歌う」

129-130ソーラー

●ソーラー129「失敗作の破片が積もる工房で、ガラス職人が呼吸を整えながら、自己の思い描く理想を十全にあらわす作品の創出に挑戦している」

●ソーラー130「朝の太陽が大地を照らし、朝露が輝き始める」


さて、今日17日前半の麻央さんの日運コードは、閉塞感や不吉なエネルギーの侵入は伺えますが、一応すぐには大崩れしないで表面上の安定を保ち得る配置となっています。ただ、後半からは、ソーラー81とソーラー130という厳しいコードの影響が強く入ってきますので、体調・病状は明らかな降下ラインに入ることが伺えます。

では、明日18日のコードはどうなっているでしょうか。



■5月18日(木)

61-62ルナー

●ルナー61「ゼピュロスがもたらす強い西風が、街に堆積した埃を吹き飛ばした後の澄み渡る大気の下で、盛況を見せるバーゲン会場の淀んだ空気の中を、たくさんの商品が目まぐるしく行き交う」

●ルナー62「強い風の中に一人で立っている少女を取り囲む木立に隠れて、カラスたちが話をしている」

81-82ルナー

●ルナー81「選挙カーで応援演説をする人」  

●ルナー82「萎れた花が花瓶にささっている真っ暗な部屋で、失意と疲労の内に眠りに落ちている人の背中に天使の羽が生え、自由に満ちた大空に飛び立つ素晴らしい夢が始まる」  

110-111ルナー

●ルナー110「地の底にいる大きなカンダタの前に、雲に座した千手観音が、極めて細い蜘蛛の糸を垂らす」(「参拝者の前にいる千手観音の背後に隠れている蜘蛛」)

●ルナー111「体調不良をおしてステージに立った歌手が、歌の途中でめまいを起こしてしゃがみ込み、慌てた数名のスタッフが、走って彼の元に駆け寄る」

130-131ルナー

●ルナー130「トップ争いをしていた先頭グループに生じたアクシデントに助けられ、今季幾度の故障に苦しめられた後続のレーサーが一気に前方ヘ躍り出る」

●ルナー131「天使と悪魔が、この世の幻と苦楽を創り出している一つの偉大な力が持つコインのような両面を、一人の個人に代わる代わるに見せている」 


明日18日の日運コードは以上の通りですが、まず、この中で心配なのは明日後半にエネルギーが強まってくるルナーコード62です。これは魔界コードの一つで、危険なエネルギーを流入させてきます。さらにこのコードの特異点ポイントには、麻央さんのネイタル(出生)の太陽コードのコード118があたっており、それがそもそも二度セットとなっている太陽コードの117までとコンジャンクション(合体)するので、まずはそのエネルギーが病状に及ぼす悪影響が懸念されます。さらに、明日の後半には、加えてルナー82という麻央さんにとって無意識の親和性が非常に強い危険なエネルギーも入ってきますし、それだけに留まらず、「体調不良」というワードがダイレクトに入っているルナー111も来ますので、闘病中の麻央さんにとっては、大変厳しい配置になっていると言えます。

そして、このエネルギーの持続強度は、翌日19日の日運コードの格式に左右されるのですが、その19日の以下コードを見てみますと、格式には強い吉凶が混交しているのですが、麻央さん本人にとっては厳しいエネルギーのほうが多く、よって、18日の厳しいエネルギーは、麻央さんに対してはさらに持続し、かつ強度も強める傾向にあることが分かります。

たとえば、前半に来ているソーラー63の特異点ポイントは、麻央さんのネイタル(出生)太陽コードであるソーラーコード117という極めて危険なエネルギーと偏差0度で完全にコンジャンクションしますし、ソーラー111(顕著な体調不良・病状悪化コード)→ソーラー112(要忍耐コード)の流れは、麻央さんのネイタルの水星コード112−113(二度取り)と接続コンジャンクションで、中でも、特にネガティヴな面で出やすいコード112が「二度打ち」になります。さらにこのコード112のスクエアのアスペクトには、占星術的にマレフィックな惑星(凶星)である火星、その麻央さんのネイタルの火星コード、ソーラーコード202「広場の噴水から水を飲む小鳥を見て喜ぶ、孤児院の児童たちを裕福で心優しい中年男性が孤児院の陰から眺めている」がコンジャンクションする危うい配置になっています。


■5月19日(金)

62-63ソーラー

●ソーラー62「サンタクロースが、暖炉の側に吊るした靴下の中に、こっそりプレゼントを入れる」

●ソーラー63「火災により、テュイルリー宮殿が失われた後に残されたテュイルリー公園」

82-83ソーラー

●ソーラー82「村の収穫祭で抱き合うカップル」

●ソーラー83「外敵の侵入を防ぐために、高い木の上に作られた巣の中にいる三羽の小さな雛鳥」

111-112ソーラー

●ソーラー111「有名な歌手がオペラ『地獄のオルフェ』(天国と地獄)の公演で、その妙技を披露し、有名な映画監督は水鏡に倒れ込んだ男(ナルシス)の最後の姿をフィルムに収める」

●ソーラー112「港で若い女の子が、外国行きの帆船が訪れるのを待ちながら、水平線を見つめている」

131-132ルナー

●ソーラー131「大きな樫の木に吊るされたブランコを、子供たちが前後に大きく揺らしている」

●ソーラー132「親からの期待を一身に受け、家から引き継いだ財産を土台に、価値あるポストに就いた若い人を祝って、洒落た照明に照らされた庭の芝生の上で、就任記念発表とその後に続くパーティーが催される」



そのようなわけで、もし仮に明日あさってに表に見える大きな動きが直ちに麻央さんに起きなかったとしても、内実で言えば、その2日間は、麻央さんの体内におけるガンの活動とその影響は、さらなる悪化に向けて大きく進行するのはコードの配置上から間違いないと思われますので、そこは大変心配です。

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小林麻耶さんのほうのブログ... | トップ | 99 »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。