天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

【衝撃的な真実:ネオニコチノイド農薬】ミツバチのいない世界になれば世界も人類も滅びるが、人類がいない世界になれば地球と人間以外の生物は幸福になる。

2017-06-30 18:01:23 | 日記
これからの時代、ホルスの新アイオーンが始まる時代、生きていてもいい自分になるためには、それなりの責任を果たさないとね☆

たとえばこんなね、

地球生命存亡に関わる「異常事態」を自分の欲の身勝手で作り出しはいけないよ・・・

世界を毒で汚染まみれにしないといけない農家なんだったら、潔く廃業しないとダメだよ。

ふざけんな!じゃあ俺らどうやって生きていくんだよ? 

はぁ…それ、その言い分て「借金がこんなにあっから泥棒でも強盗でも殺人でもしなきゃ生活する金作れねぇーんだよ」って言ってる理屈と何ら変わりないから…




ミツバチはどこへ消えた? 受粉進まず農家に大打撃(J-CASTニュース)2009年4月5日
https://www.j-cast.com/2009/04/05038846.html

ミツバチが日本から姿を消している。農薬による死滅や寄生虫の大発生などの要因が重なったからだという。そのせいで、交配用のミツバチが不足し、ミツバチを必要とするイチゴやメロン、スイカを栽培する農家は頭をかかえている。

■2008年夏頃から、ミツバチが大量に死滅

交配用のミツバチの販売を手がける、丸東東海商事(愛知県豊橋市)の代表、金子幸義さんは「ミツバチの出荷量が業界内では前年比で50%減った」と話す。2008年夏頃から突如として、ミツバチが減ったからだ。

原因は3つある。1つめは、主に水田で使われる害虫駆除を目的とした農薬「ネオニコチノイド」による死滅だ。主に北海道・東北地方でこうした事態が起きた。2つめは、ミツバチに寄生する「ヘギイタダニ」が大発生したこと。駆除する薬が効きにくくなっていたこともあり、ミツバチが死に絶えてしまった。3つめは、女王蜂の輸入ができないこと。女王蜂は海外で伝染病が確認され、2008年11月から輸入できない状況が続いている。これにより、ハチの数が減ってしまったというわけだ。

ちなみに、ミツバチが大量に姿を消してしまう「蜂群崩壊症候群(CCD)」と呼ばれる謎の現象もある。アメリカでは一昨年から去年にかけて、全米のミツバチ3分の1以上が消えたといわれ、関係者を悩ませている。しかも、原因は全くわからず、今後、日本でも同様の事態が起きる可能性も心配されている。


蜂蜜からネオニコチノイド系農薬 ハチに悪影響懸念(東京新聞)2013年8月18日

日本など各国で広く使われ、ミツバチ減少との関連が指摘されているネオニコチノイド系農薬の一部が市販の国産蜂蜜中に残留していることが、河野公栄愛媛大農学部教授らの研究チームの分析で18日、明らかになった。

人は蜂蜜を食べる量が少ないため健康に問題がない濃度とみられるが、ミツバチへの悪影響が否定できないレベルという。

河野教授は「ミツバチが長期間にわたって蜂蜜を摂取した場合の影響について、詳細な検討が必要だ」と指摘している。

研究チームは市販されている13種の蜂蜜で、ニテンピラムやアセタミプリドなど7種のネオニコチノイド系農薬の残留濃度を調査した。


脱ネオニコに向かう欧州−ネオニコ系農薬3種を全面禁止へ(グリーンピースジャパン)2017年3月28日
http://m.greenpeace.org/japan/ja/high/news/blog/staff/-3/blog/59041/

ヨーロッパから画期的なニュースがとびこんできました。欧州連合(EU)の運営を担う機関である欧州委員会が、3種類(イミダクロプリド、クロチアニジン、チアメトキサム)のネオニコチノイド系農薬の使用を全面的に禁止する案を提出する見通しだ、と英国紙ガーディアンが報じたのです。

EUでは2013年12月に、花に寄ってくるミツバチへの害を避けるため、作物の花が咲いている間の散布を禁止していましたが、秋まきの小麦や、開花前に収穫するタマネギなどには使っても良いとしてきました。
今回報じられた提案では、これらの用途も含めて全面禁止するというものです(但し、種まきから収穫まで温室内で育てる場合は除く)。
提案は5月に行われる加盟国の代表の会合で投票により決定されます(※その後の情報によると、投票は10月に行われる予定、とのことです)。

ネオニコチノイド系農薬が、ミツバチやそれ以外の花粉を運ぶ野生の虫たち、さらに生態系へ与える悪影響については、科学的な証拠が数多く挙がっていて、欧州委員会の提案の背景にもこうした科学的情報を重視した判断があります。

中でも、近年有機農業を積極的にすすめているフランスでは、昨年3月、全てのネオニコチノイド系農薬の全面禁止の法案を可決するなど、生物多様性と共存する食と農へ、大きく舵を切りつつあります(発効は2018年9月1日より)。



農薬でミツバチの寿命縮まる ネオニコチノイド系(共同通信)2017年6月30日
https://this.kiji.is/253218654993465347

ミツバチの大量死との関連が指摘される「ネオニコチノイド系」と呼ばれる農薬を、農場周辺で検出されたのと同程度の低い濃度でミツバチに与えると、寿命が2割ほど短くなったり女王蜂の数が減ったりしたとの実験結果を、カナダのチームが30日付米科学誌サイエンスに発表した。

ネオニコチノイド系農薬は日本を含む世界各地の農地で広く使われている。現実に近い条件の実験で、農作物の受粉を助けるミツバチに深刻な影響が確認されたことで、使用規制を求める声が強まりそうだ。




If the bee disappears from the surface of the earth,
man would have no more than four years to live.
No more bees, no more pollination, no more plants, no more man.

「もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は生きられない。
 ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、そして植物がいなくなり、
 そして人間がいなくなる」

アルバート・アインシュタイン




以上を見ても明らかなように、農薬を使っている人間は犯罪者です。農薬を製造している会社・販売している者、農薬散布法の効率化を促進している大学・メーカー、農薬を使っている人間を生かしている家族・関係者も全員漏れなく犯罪者です。農薬の使用を許す、どころか奨励促進している国・政府・官公庁・町村も当然犯罪者です。それは地球の自然環境と全人類と全生命体に対する取り返しのつかないジェノサイド(全面的殺戮)、イコール凶悪犯罪です。

ちなみに、「悪いもの」は農薬だけではありません。これは、ある有機農家の方が語っていたことですが、ミツバチの減少が社会問題になっているから、少しでもミチバチに増えてほしくて、川の土手一帯を使って、色んな花や菜の花の栽培を無農薬(有機肥料は使用)で大規模に始めたそうです。ですが・・・河原を飛ぶミツバチたちをよくよくつぶさに観察してみると、自分が栽培した花には、ミツバチは全く近寄らず、完全スルーでそれらを避け、野の自生の草花の蜜だけを選んで吸っていたそうです。そして、その人はその様子を見てハタと気づいたそうです。「そうか、農薬だけではなく、有機肥料も使ってはダメなものだったんだ…。」

そして、そう農薬だけではありません。殺虫剤、除草剤、合成洗剤、柔軟剤、殺菌剤、抗菌剤、漂白剤、消臭剤、芳香剤を使うことも犯罪です。およそ「剤」と名の付く商品は、どれを取ってみても全て地球環境と生物生態系に強烈で取り返しのつかない決定的ダメージ、回復不能な持続的汚染を与えるものです。心ある皆さんは、より安全な自然派・オーガニック系の商品(天然石けん等)に切り替えるなどして「剤」は使わないようにしましょう。




溶岩洞‏ @knightofchrome 2017年6月28日

押すだけノーマットのヤバさを舐めてた…( ´△`)
昨年生まれのコーンのベビーや、ソメワケ、ヒルヤモリベビーが死ぬ死ぬオーラも出さずに突然死ぬ事例が多発して、何が起きてるのかと思ったら奥さんが押すだけノーマット使い始めた時期とほぼ一致。
体重軽い個体や弱ってる個体には猛毒らしい。
https://twitter.com/knightofchrome/status/880205063754469376



アースとかキンチョーとか、ほんと毒ガスジェノサイドの推進者。地球環境汚染破壊、上のツイートでも明白なように平気で自然生命の無差別殺戮…小林製薬とかエステー化学の商品もね、おんなじだよ。そういうことを気にも止めずに無神経に猛毒製品を何でもかんでも使いまくってるから、自分や家族のガンだって当たり前に増えるんですよ…それだけじゃなくペットも大迷惑、というかファブリーズとかペット用首輪のせいで重篤な症状が出たりサイアク死ぬ場合だってあるんだから。。



pig‏ @poohpigfamily 6月11日

ノミ取り首輪をつけて愛犬を散歩させてる方にお伝えしたいのですが、ノミ取り首輪の防虫成分は劇薬です。
きっとこの事実を知らない方は多いと思います。
愛犬を心底愛し大切に思っているならば、今すぐ取り外してあげて下さい。
https://twitter.com/poohpigfamily/status/874026913433395200
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【コードロジー基本解説】シ... | トップ | そういえば…成田家・海老蔵の... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。