天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

【これって効果あるの?】 麻央ブログで話題「何万回ものありがとう」 提唱者の正体

2017-04-23 16:30:36 | 日記

《「ありがとう」を何万回も言うと奇跡が起こり始めるというお話、(中略)また始めてみることにしました。1日1000回ありがとう。前は、そんなことなかったのに、今は、10回で涙が溢れました。》(’17年1月27日小林麻央オフィシャルブログより)
 
1月29日に、都内の大学病院を退院した小林麻央(34)。その2日前、彼女がブログに投稿した「ありがとうの話」という記事には、2,000件近くのコメントが寄せられた。麻央は乳がんが発覚したころ、この“ありがとうの奇跡”の話を知ったという。
 
ブログに寄せられたコメントのなかでも目を引いたのは、「ありがとうは神様に感謝する言葉。小林正観さんの本を16年ぶりに読み返してみました」というもの。この小林正観とはいったいどういう人物なのだろう。
 
「’11年に亡くなった作家の小林正観さんは、人間の潜在能力や、『トイレ掃除をするとお金が入ってくる』などの、いわゆる不思議な現象を独自に研究していました。『ありがとうを言い続けると奇跡が起こる』というのも、彼が研究し、語っていた話です」
こう話すのは、小林さんの著書『人生は4つの「おつきあい」』(サンマーク出版)の担当編集・斎藤竜哉さん。小林さんはほかにも『ありがとうの奇跡』(ダイヤモンド社)でアマゾンベストセラー1位を獲得するなど、現在も著書が出版され続けている。
 
生前の小林さんから、「師範代」として、年間300回を超える講演会の主催を任されていた高島亮さんが、「ありがとうの持つ力」について教えてくれた。
 
「正観さんは、『出来事自体に幸不幸はなく、見方を変えれば幸せになれる。“ありがとう”にはすごい力があるので、たくさん言うといい』と講演会で話していました。たとえ心がこもっていなくても“ありがとう”とつぶやいているだけでいい。2万5,000回を超えたあたりから心からの感謝に変わり、5万回を超えると奇跡が起きる。“ありがとう”には、そんな不思議な力があるようです」
 
高島さんが、奇跡の“体験者”のエピソードを教えてくれた。
 
「末期がんを宣告されたある女性が、“ありがとうを10万回言い続けたらがん細胞が全身から消えていた”と、正観さんに報告に来たというお話もあります。でも大切なのは、あたり前の日常がいかにありがたいものであるかということに気づき、日ごろから感謝の気持ちを持つことなんだと思います」
 
退院した29日の麻央のブログによると、彼女は子どもたちから「ママ、帰ってきてくれてありがとう」と言葉をもらったという。家族がいることのありがたさに涙した麻央に、もう奇跡は起きているのかもしれない。




「ありがとう」を何万回も唱える… そんなことに貴重な時間とエネルギーを費やすヒマがあったら、その間にできる現実の善行はいくらでもあるはずです。

どこの誰だか知らない人がいくら「ありがとう」を唱えたって、保健所で今日明日の「殺処分」を待つ罪も無い犬猫一匹の命が救われるわけでもなければ、今日明日食べるパン一個、おにぎり一個すら買うお金がなくて「餓死」が視野に入って来ている人も、今の日本にはたくさんいるんです。

「ありがとう何万回」とか、それってただの自己満足じゃないですか?

一円のお金も使わずに、自分をすべての「罪の意識」から解き放つと同時に「イイ人」にしてくれる自己浄化(カタルシス)のトリック…。

本当に生き死にがかかって困っている人や動物からすれば、「口だけで『ありがとう』何万回言われても何の助けにもならないから…それより『感謝するならここから出して!』『同情するなら金をくれ!』ってとこですよね。

そんな口先だけの甘言なんて、ただの「絵に描いた餅」、彫るだけ彫って「魂を入れていない仏像」です。

空念仏をいくら繰り返しても、それは虚栄と自己満足にしか行き着きません。

「ありがとう、ありがとう」を繰り返し連呼させる…それって最近の心理カウンセラーだけでなく、日本の中興宗教の中でも最大手の一つSでも道場で新参者や信者に実践させてますよね。

「お父さん、お母さん、ありがとうございます!」「世界中のみなさん、ありがとうございます!」って。。。

「ありがとう」の意味、ちゃんと分かってて言ってんの?

言葉の意味も必然性も、あるいは逆に、無意味性と作為性まで理解していないのであれば、本当にそれは空念仏、自分が唱える代わりにテープレコーダーで流してもロボットに唱えさせても何も変わらないものなんですけど。

タダ(無料)の「ありがとう」を何万回もムダに唱えてるヒマがあったら、現実に世界と自然と動物を守るための行動(寄付なり啓蒙活動なりレスキューなり)をしてください。

自分のために高級ブランド品を買ったり、超高級マンションに住むお金ならいくらでも出せるんだから…ね。

そして、こういうタイプの人がなぜか「ハマって」しまいやすいのは、ちょっと人より敏感な感性さえあれば、もう話なんて一言も聞く前から、顔を見た時点で「なんか怪しい」と分かるようなカウンセラー。

たとえば、あの有名人やこの有名人も、その言動(教え)に傾倒しているという、こんなカウンセラーやあんなカウンセラーの発言。

「人生は、自分が選んだ脳内プログラムの結果にすぎない」

とか、

「心が、風になる」

はっ? 例のアロマ入り水素風飛ばし機のことですか?

結局、心のない人は心のないカウンセラーの元に行き着き、知能の低い愚民たちは311翌日に日付改ざん詐欺予言者の元に行き着く「同種共鳴」の原理。

そんな心のない人に限って「心、心」、神・地球・自然・生命への感謝が全くない人に限って「ありがとう、ありがとう」。

はぁ……。(嘆息)


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« こんなイカサマ師どもの記事... | トップ | へぇ…こんな本が「ベストセラ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事