天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

世界で最も・・・

2017-08-13 20:28:54 | 日記
「神と女神と地球と自然生命をないがしろにし、世界で最も自然(本能)的知性水準が低い」と高次元存在が話している〈日本人〉という存在。

その最高度の知性の低さと、その本性的な反自然的・反神・反真理的性質(その一例としまして、海外では「無神論」であることのほうが驚かれるのに、日本では「神の存在」を肯定することのほうが「怪しい」と言われる)ゆえに、日本人の99%は「地球と自然生命に対して致命的なレベルの大きな汚染と被害と破壊」を日々もたらしています。


これだけたくさんの人がいるぜ日本
きれいだけじゃなくてブラックでもあるけど
面倒くさいから!が口癖になって
なんでも後回しにするような毎日じゃ
成長なんてできないんじゃないか?

−Juice=Juice 「明日やろうはバカやろう」



たとえば、今回のANAのボーイング777が緊急着陸した事件にしても・・・



全日空機の緊急着陸で「御巣鷹」思い出す人続出 日航機事故と同じ羽田発、18時発、さらに…(J-CASTニュース)2017年8月13日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000004-jct-soci

「偶然にしても怖すぎる」「オカルト系信じたくないけどガチで背筋凍った」

――2017年8月12日、羽田発伊丹行きの全日空(ANA)37便が見舞われた「緊急着陸」騒ぎをめぐり、ネット上がざわついている。



というのも、8月12日は1985年の「日航ジャンボ機墜落事故」が起こった日だったからだ。ほかにも複数の共通点があり、「偶然の一致」に驚きが広がった。



■トラブルが発生した地点も近い



ANA37便は12日18時に東京・羽田空港を出発し、19時10分に大阪・伊丹空港に到着する予定だった。



各社の報道を総合すると、異変が起こったのは18時30分ごろ、伊豆大島上空をフライト中のことだったという。機内の気圧システムに異常が発生したため、機長は羽田に引き返すことを決断、51分ごろに無事、緊急着陸したという。搭乗客のツイートからは、酸素マスクが用意され、機内には異様な臭いが漂うなど、緊迫した状況だったことがうかがえる。けが人などの情報は入っていない。



普段なら、単なる飛行機トラブルで片付けられそうな今回の「緊急着陸」だが、人々の背筋を冷たくしたのは、「日航ジャンボ機墜落事故」との共通点の数々だ。



まず、8月12日はまさに32年前、日航123便が御巣鷹の尾根に墜落したその日である。ニュースなどでも、遺族らが事故現場へ慰霊に訪れる姿が、繰り返し報じられていたそのさなかだ。



また32年前、日航123便が出発したのも同じ羽田空港であり、目的地もやはり伊丹空港。出発時間も同じ18時。トラブルが起こったのも伊豆大島周辺で、18時24分のことだった。なお、日航123便は羽田への帰還を目指した末に、18時56分に墜落している。

■「あんまりオカルト的な事は言いたくないけど...」

偶然、と言ってしまえばそれまでだが、これらの「奇妙な符合」に、ツイッターでは、



「偶然にしても怖すぎる。全日空のパイロットも123便のこと頭によぎっただろうな」

「あんまりオカルト的な事は言いたくないけど、JAL123便と同じ日、同じ時間、同じ行き先のANA機に深刻なトラブルが起きるなんて、色々感じるものがあるなぁ...」

「あの日の犠牲者の皆様が守ってくれたように思う。っていうか、そう思いたい。本当に全員無事で良かった」

「あまりスピリチュアルに傾きたくはないけれど、でも、忘れるな、という警告なのかもなあ」



など、さまざまな角度から32年前の事故に思いをはせる声が書き込まれている。

なお、2017年は日航機事故犠牲者の33回忌に当たる。33回忌は仏教で「弔い上げ(問い上げ)」といわれ、年忌法要の区切りとされることも多い。



いやいや… 



全日空機の緊急着陸で「御巣鷹」思い出す人続出 日航機事故と同じ羽田発、18時発 「偶然にしても怖すぎる」



そういう次元の話じゃないですから……



私が4日前に予言した通り、すべてはコードによって起きている問題ですから…



私が発信しているのがこの日本以外の国だったら、(北朝鮮などの独裁国家や閉鎖的な共産圏の国以外であれば)それがアメリカであれ、フランスであれ、ドイツであれ、ロシアであれ、香港であれ、どこの国であれ、日本よりはもっとはるかに、もっとみんなが真剣に「コードとその予言警告の価値」を正しく受け止めていたでしょう。



これまで活動してきて、心底つくづく分かったのは、日本人には〈高次知性〉に関わる問題に関しては、99%の人が基本的には「まったく何も理解できない」という事実です。



いずれ、日本は完全亡国の最終的大災厄に襲われます。結局のところ、それはそうした世界でも類を見ないレベルの日本人の反神反真理的「低波動」が悪運不運といったアカシックアルコーンの邪悪なエネルギーとことさら「共振共鳴」した「必然の結果」として起きるのです。



ですから、この先どんなひどい目にあっても、それはそれで仕方のないことですね… 天なる正義の神と地なる生命の女神の〈ロゴス〉(みことば)と〈テロス〉(ねがい)を無視し、真理に対してかたくなに目を閉じ、そのくせTVや雑誌にあるようなくだらない話題だけは毎日毎日飽きもせず話して、さらにはひたすら地球を汚染する毒商品ばかり買っては毎日それを使って自然を破壊し、それがその人たちの生活のすべてなわけですからね。罰が下らないほうが逆に異常でしょう。



ただ、人間の罪とは何の関わりのない、無垢なる動物たちや草花たちが、そうした災禍に巻き込まれることだけが私の心を深く強く痛めます…。なので人々が心をしっかり入れ替えて、これまでの間違った生き方のすべてを改め、低次元波動から高次元波動に自らを転換していけることを、私は日々の活動を通じて促せられればと思っているんですけどね。ですが、「元々のもの」を正すのは、本当に難しいですね…。正直、不可能かも知れない…。これだけ奇跡を示しても、ほんの一部の「慧眼の人」しか光に反応できていないですからね。やはりクロウリーが『法の書』の中で、「今後も永遠に、王は王のまま、奴隷は奴隷のまま、元からのものは、何も変わらない」と言った通りに…そもそもそれこそが《カルマ》という言葉の本義・本態ですからね。そんな深い絶望の中、99%の暗黒に染まり切らない、0.1%の光に反応できる人、そこに集える人たちが、もっと自分の責任に目覚め、勇気をもって覚醒して、自分を強められることを、私は心から願います。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ私が4日前に「ANA機の異... | トップ | 米大統領選前に「トランプは... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。