天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

先ほどお昼ごはん時に、小林麻央さんが「白湯」の題でブログを更新されました。

2017-05-18 15:11:19 | 日記
先般よりお知らせしていますように、麻央さんの今日18日の日運コードには、《前半》(主に、深夜0時〜お昼1時頃までの支配的運勢)にコード130が来ています。

コード130とは、こういうものでしたね。

●ソーラーコード130「朝の太陽が大地を照らし、朝露が輝き始める」

●ルナーコード130「トップ争いをしていた先頭グループに生じたアクシデントに助けられ、今季幾度の故障に苦しめられた後続のレーサーが一気に前方ヘ躍り出る」

ここで少しだけ、ソーラーコードとルナーコードの関係についてご説明しましょう。

前にも解説しました通り、年運でも月運でも日運でも、コードは、ソーラーとルナーの2つのコードが、常にワンセットになっています。ですが、ただその時々によって、惑星の配列具合により、ソーラーが優勢であったり、または逆にルナーが優勢であったりします。なお、優勢のほうのコードの現象化出力は約70%、劣勢のほうのコードの現象化出力は約30%程度になります(劣勢のほうでも全く影響が出ないということはありません。必ず少しは現象化します)。麻央さんについて言いますと、今日18日は、ルナーコード130が優勢で、ソーラーコード130が劣勢になっています。

さて、では再び、麻央さんのブログ記事に話を戻しましょう。

先ほどお昼に更新された麻央さんのブログでは、現在、食べることが困難になっている麻央さんの工夫として、「何かを口にする10分前には、必ず白湯を飲んで、胃をあたためる」ことを徹底して実践しているというエピソードが綴られていました。そしてそれを心がけた結果、「胃腸の痛みが激減」し、改めて白湯の素晴らしさを実感したそう。

これはソーラーコード130のコード文にある「朝露(透明な水)」が「白湯」という形で現象化、そして、その「白湯」パワーのお陰で、ルナーコード130「今季幾度の故障(=胃腸の痛み)に苦しめられた後続のレーサー(=小林麻央さん)が一気に前方ヘ躍り出る(=苦しみが大きく緩和され、前向きな気持ちになる)」がズバリ現象化した形ですね。

うーん、これはたとえ偶然だとしても、非常に上手いエネライドです。

ただ、今日は前半はいいのですが(その運勢エネルギー上の理由は以下コードの成分分析通り)、、、

●ルナーコード61「ゼピュロスがもたらす強い西風が、街に堆積した埃を吹き飛ばした後の澄み渡る大気の下で、盛況を見せるバーゲン会場の淀んだ空気の中を、たくさんの商品が目まぐるしく行き交う」

・吹き飛ばされた埃→悩みが緩和する
・澄み渡る大気→気分がいい状態
・盛況→元気がある状態
・たくさんの商品が行き交う→エネルギーの活性化

●ルナーコード110「地の底にいる大きなカンダタの前に、雲に座した千手観音が、極めて細い蜘蛛の糸を垂らす」(「参拝者の前にいる千手観音の背後に隠れている蜘蛛」)

・観音が垂らす蜘蛛の糸→苦境の中で、一条の救いの光・未来への希望の光が訪れる

●ルナーコード130「トップ争いをしていた先頭グループに生じたアクシデントに助けられ、今季幾度の故障に苦しめられた後続のレーサーが一気に前方ヘ躍り出る」

・今季幾度の故障に苦しめられた後続のレーサーが一気に前方へ躍り出る→症状の緩和、苦しみの軽減、明るい見通しが開ける


、、、ですが、これから強まり出していく《日運の後半》に、悪いコードの影響(以下参照)が固まって入ってきますので、


●ルナーコード62「強い風の中に一人で立っている少女を取り囲む木立に隠れて、カラスたちが話をしている」

●ルナーコード82「萎れた花が花瓶にささっている真っ暗な部屋で、失意と疲労の内に眠りに落ちている人の背中に天使の羽が生え、自由に満ちた大空に飛び立つ素晴らしい夢が始まる」

●ルナーコード111「体調不良をおしてステージに立った歌手が、歌の途中でめまいを起こしてしゃがみ込み、慌てた数名のスタッフが、走って彼の元に駆け寄る」


前半に起きた幸運エネルギーの現象化だけで、うっかり油断してしまわないよう心がけながら、後半から入って来る予定の上記のネガティヴ・エネルギーも、何とか上手に乗り切って頂きたいものです。








『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【LOR】コード33の小人の神よ... | トップ | 【LOR】99+130=229→230(Pr... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。