天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

…迷ったけど、がんばって書いておきます。。

2017-04-23 23:47:43 | 日記
遠方から流れてくる風呂の香料の匂いと化学成分のせいで、今かなり体調が悪いのですが、、、

なんとなく書いておいた方がいい気がして。。


「出来事自体に、幸不幸はない」


というのは、もちろんデタラメなのですが、実は・・・


「4次元の原エネルギー自体には、いかなる名称性も出来事性もない」* のです。


なぜなら、それは3次元での現実の出来事としては「まだ起きていない」ので、普通に当然のことなのです。

だから、その当たり前のことについて、差し当たっては皆さんが知っていなくても、私が説明しなくても、特に問題はありません。

ただ、この命題が重要性を持ってくるのは、さらに先の「進化した〈エネルギー戦略〉」(エネライド)を学ぶ地点に至った時なのです。

つまり、自分から意図的能動的に、この未名称的で未出来事的な原エネルギーが惑星アルコーンによってアカシックにエネルギー配給され、悪のコードの刻印を受ける前に、それに対する先験的操作(メタプログラミング)を行う、そうした段階…




*その証拠に、たとえばある任意のネガティヴコードがあった場合、それは約90%の人には悪く出ますが、残りの10%の人には良く出る場合があります。つまりコード自体は、エネルギーのスベクトラム[現象化の方向性と幅]をあらかじめ強固に規定してはいますが、若干の確率でそのベネフィックとマレフィックが反転するケースがあるということです。この現象には、コードのエネルギーと接続する個々の人間の強度量[霊的・精神的・肉体的・物質的・リビドーの5総体。これは善悪とは全く関係ない。ただ、強さと量だけが問題になる]が大きく関係しています。はっきり言うと、あらゆる面で欲求が強く、人や他を思いやらず、利己的で、身勝手で、かつ人の上に立つことが好きで、それを実現するための手段をより多く持っている者のほうが、コードのエネルギーの悪い面の影響を受けにくくなっています。私は、この10%と90%の出方をひっくり返したいと思っているのです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« へぇ…こんな本が「ベストセラ... | トップ | 【朝鮮半島危機】<戦争にな... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事