天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

ガン闘病中の小林麻央さんの運命の〈日運コード〉【一挙掲載】5月12日〜5月16日分 (1)

2017-05-13 21:39:34 | 日記
■5月12日(金)

55-56ソーラー

●ソーラー55「市民には所有権のない公共的に管理された駐車場のある大きな公園(広場)で、子供たちが遊んでいる」

●ソーラー56ソーラー「バレエ教室に通うスペイン人の伊達男が愛する女性のためにセレナーデを歌い、その女性が通うお洒落なデザイン学校では大きなイベントのために生徒たちが作成した特異なモダンアートが展示され、その女性が通うヨガスタジオでは、インドで修行をしたという触れ込みの外国人のヒッピー風のトレーナーが難易度の高い様々なアーサナ(エクササイズ)を生徒たちに見せている」

75-76ソーラー

●ソーラー75「同じ星から転生してきた二人の子供が、秘密の知識を伝え合っている」

●ソーラー76「ドラマティックに感情をこめて、自説をスピーチする女性活動家」

104-105ソーラー

●ソーラー104「とても年老いた人が、北東(鬼門)にある伽藍とした薄暗い部屋に座って、何も無い目の前の空間を見つめている」

●ソーラー105「豪華な晩餐会の席で、集まった客たちが、ビジネスやお天気の様子などについての当たり障りのない表面的な会話を交わしている」

124-125ソーラー

●ソーラー124「正装をした初老の男が、狩猟旅行で獲得した獲物とトロフィーの側に得意顔で立つ」(別名「体に無理をしてゲートボールの集いに出かけようと意気込んでいる老人」)

●ソーラー125「深い峡谷の片側の上部に形成されたタワー状の岩の隆起が、見慣れた物(うんざりするカルマのリピート、目の上のタンコブ)の形をしている」



■5月13日(土)

56-57ソーラー

●ソーラー56「バレエ教室に通うスペイン人の伊達男が愛する女性のためにセレナーデを歌い、その女性が通うお洒落なデザイン学校では大きなイベントのために生徒たちが作成した特異なモダンアートが展示され、その女性が通うヨガスタジオでは、インドで修行をしたという触れ込みの外国人のヒッピー風のトレーナーが難易度の高い様々なアーサナ(エクササイズ)を生徒たちに見せている」

●ソーラー57「自分に誇りを持っている老齢のインディアンの女性が、屈辱を感じながら、西洋から来た裕福な観光客に自分の部族の民芸品を売っている」

76-77ソーラー

●ソーラー76「ドラマティックに感情をこめて、自説をスピーチする女性活動家」

●ソーラー77「運命の過酷さに打たれた向こう見ずな若者の頭に、豊かな思索家の魂が芽生える」

105-106ソーラー

●ソーラー105「豪華な晩餐会の席で、集まった客たちが、ビジネスやお天気の様子などについての当たり障りのない会話を交わしている」

●ソーラー106「古代の写本を頼りに、考古学者が古いマンダラを注意深く覗き込みながら、その解読を試みている」

125-126ソーラー

●ソーラー125「深い峡谷の片側の上部に形成されたタワー状の岩の隆起が、見慣れた物(うんざりするカルマのリピート、目の上のタンコブ)の形をしている」

●ソーラー126「保守的で古風な婦人と、今時の進歩的な感覚で生きている少女が対決させられる」



■5月14日(日)

57-58ソーラー

●ソーラー57「自分に誇りを持っている老齢のインディアンの女性が、屈辱を感じながら、西洋から来た裕福な観光客に自分の部族の民芸品を売っている」

●ソーラー58「過去に色々なことのあった女性が、更年期にさしかかり、自分を少女に変えてくれるような新しい恋を経験する」

77-78ソーラー

●ソーラー77「運命の過酷さに打たれた向こう見ずな若者の頭に、豊かな思索家の魂が芽生える」

●ソーラー78「アメリカの都市で二人の同郷の中国人が、方言混じりの母国語で会話する」(別名「アメリカの都市で、中国人と別のアジア人が、二人で行う共同ビジネスについて、言語の壁を越えて意思の疎通を図ろうとしている」)

106-107ソーラー

●ソーラー106「古代の写本を頼りに、考古学者が古いマンダラを注意深く覗き込みながら、その解読を試みている」

●ソーラー107「無数の可能性の中から、根源的な種子に秘められた、まだ実現されていないオリジナルな可能性[胚芽]が発芽しようとしている」

126-127ソーラー

●ソーラー126「保守的で古風な婦人と、今時の進歩的な感覚で生きている少女が対決させられる」

●ソーラー127「夜空に輝く星座」



■5月15日(月)

58-59ルナー

●ルナー58「重要な記念式典で、その国の伝統ある正装に身を包み、レガリアをかけて、その国の旗と共に行進する年老いた人々の一団」

●ルナー59「三色旗の下に、若き革命の同志たちが集う」

78-79ルナー

●ルナー78「ガーゴイルの彫像のある寺院の北東で、伝統的な呪物(動物の牙)を手にした男が、弟子に秘密の教えを伝える」

●ルナー79「この世を背後から支配し、人心を思いのままに宇宙的な悪の力に向けて行われるべき光の戦いについて、時折、冗談や皮肉を交えながら熱心に討論し合うグノーシス主義の信徒たち」(別名「有識者たちの座談会」)

107-108ルナー

●ルナー107「些細な不注意によって、その周囲の縁取りの一部が傷ついてしまった、美しい女性の横顔が刻まれた気品のある高価なカメオ」

●ルナー108「地方の貧しい家庭に育った男の子が、自らの内面の不安を埋めてくれる高い地位と、内面の空虚を満たしてくれる多くの人望を得るため、やがて長じて念願の政界入りを果たし、これまでの自分の人生を決定的に変えてくれる大きなチャンスを手にするために、長年の労苦の中で培って来た不屈の忍耐強さを以て、自らの政治基盤をさらに強固なものへと固め始める」

127-128ルナー

●ルナー127「切り立つ高峰の頂に挑んでいた人が、予想以上の天候の急変に伴う危険な兆候を前にアタックを断念し、仲間たちの待つベースキャンプに急いで戻ろうとしている」

●ルナー128「虚しい俗世のいざこざに絶望して出家した僧が、徳道上人が定めた三十三箇所の霊場を巡拝する旅の途中、夜空から降る月明かりが、優しく自分に語りかけていることに気づく」



■5月16日(火)

59-60ルナー

●ルナー59「三色旗の下に、若き革命の同志たちが集う」

●ルナー60「母と彼女の愛する子の運命的な再会の物語に関する悲しい結末を書こうとして、それが上手く表現できないでいる作家の部屋の隅に、中々片付けられないものが山積みされている」

79-80ルナー

●ルナー79「この世を背後から支配し、人心を思いのままに宇宙的な悪の力に向けて行われるべき光の戦いについて、時折、冗談や皮肉を交えながら熱心に討論し合うグノーシス主義の信徒たち」(別名「有識者たちの座談会」)

●ルナー80「戦場となった森で、ライフルを連射する、ある者は精神的に、ある者は肉体的に、ある者は経済的に、追いつめられた兵士」 

108-109ルナー

●ルナー108「地方の貧しい家庭に育った男の子が、自らの内面の不安を埋めてくれる高い地位と、内面の空虚を満たしてくれる多くの人望を得るため、やがて長じて念願の政界入りを果たし、これまでの自分の人生を決定的に変えてくれる大きなチャンスを手にするために、長年の労苦の中で培って来た不屈の忍耐強さを以て、自らの政治基盤をさらに強固なものへと固め始める」

●ルナー109「地下の駐車場で、松葉杖をついた老齢の主人を迎えながら(腕を支えながら)、お抱え運転手が黒塗りの車のドアを開けている」

128-129ルナー

●ルナー128「虚しい俗世のいざこざに絶望して出家した僧が、徳道上人が定めた三十三箇所の霊場を巡拝する旅の途中、夜空から降る月明かりが、優しく自分に語りかけていることに気づく」

●ルナー129「病に倒れたキリスト教の巡礼者が、巡礼教会(ホスピス)に収容され、手厚い治療を施される」

『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« せっかく贈った母の日のエル... | トップ | あれ? »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。