天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

【宇宙卵についての教え】

2017-05-06 02:30:27 | 日記
人の人生においては、必ずしも自分が望むものが手に入るわけではない。しかし、結局は自分が(無意識にであれ意識的にであれ)望んだことが現実化するというのも、また人生の半分の真実である。では、あと半分の真実とは?それは本人ではなくアカシックコード(運命)が望んだことが実現するのである。

このアカシックコードとは、自分の意志とは全く無縁に作動するエネルギー的実在である。それは、私たちと私たちが暮らす物質世界を完全にすっぽりと包み込んでいるアストラル、あるいは、四次元のエネルギーの膜である。
これは別名アカシャの卵とも呼ばれる。

私たちの物質的肉体とその中に宿る魂は、このアカシャの卵の中に存在するまだ孵化していない鳥の精のようなものである。もし私たちが、ちゃんと健康な鳥として孵化できれば、私たちを包み込んでいるそのアカシャの卵は割れ、私たちは卵の外にいる親鳥と卵の外の世界を照らす日の光に出会うことになる。

しかし、その卵の殻を形成しているアカシックコード、あるいは、アストラル遺伝子には二種類のものがあって、それは〈闇のコード〉と〈光のコード〉というものである。私たちが暮らすこの物質界の次元では、前者は私たちに、自分が望まぬ不幸や不運をもたらし、後者は私たちに、幸福と幸運をもたらす。

また、今述べた物質界、即ち目に見える三次元の上にある目には見えない星幽界、または四次元の領域においては、前者は私たちの意識がアカシャの卵の外に向かぬよう間断なく監視し、後者は私たちがアカシャの卵の外にある真実の世界の実在に気づけるよう「聖なる情報」を送り届けようと常に試みている。

しかし、そうした後者の働きかけ、五次元以上の世界に存在する神の聖霊が私たちにもたらそうとするその深甚なる慮りにも関わらず、アカシャの卵の殻の中の暗闇に余りにも長く閉ざされ、そして、四次元の闇のコードの力により、親鳥と日の光がもたらすはずの孵化に必要な温もりから引き離され続けてきた私たちは、その多くが、孵化に必須な火光の長期的欠乏反復(カルマのリピート)によって強化された闇のアストラル形質の遺伝継承のせいで、永遠に雛として孵化することの出来ない「無精卵」の状態へと既に変質してしまっているのである。しかし、稀にではあるが、そうなってはいない卵の中の精もいる。

しかし、そうなっていない、つまり、現時点では「有精卵」の状態にある卵の中の精たちも、私たちの意識を「幻実」(マーヤー、偽りの悪しき現実)の中に閉じ込めている四次元(魔界)の殻を破って、五次元の「真実の火光」(ひみつ HIMITz=155[ハムハゼル] AVRAVR=414[エイワスの真の数] 155+414=209[アブラハダブラという言葉の半分] 209+307=516[エノク魔術における非-人間NEMOの数] 516−360=156[緋色の女])の下に生まれ出る「魂の孵化」を急がなければ、いつ何時、自分が「無精卵」の状態に変質してしまうか分らないのである。

あなたの魂の孵化。その時は間もなく満ちようとしている。だから、あなたは急いで自らの「魂の目覚め」となる孵化に必要な準備を始めなければならない。その準備とは、四次元のコードを突破する(卵の殻を砕く)ために必要な幼い雛の嘴を強くする「自然の摂理」と「天の言」(ロゴス)を心に受け入れることである。

これは、コード307『卵が割れて生まれて来る赤子(新しい人間)』についての教えである。
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっといまのだと分かりに... | トップ | 【マスター・アマラルマヌの... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。