天瀬ひみかの真実のスピブロ♡ 『不思議の国のAmase』 AMaSe IN WONDeRLaND

不思議の国の魔法少女♪ 天瀬ひみかが、あなたを不思議の国へご案内いたします。。

239人乗りマレーシア機がハイジャックされて行方不明になり、後に海に墜落した時も…

2017-03-23 06:42:31 | 日記

私は、機が行方不明になった「前日」に「ハイジャックと予期せぬ航路変更」の緊急予言警告をツイートしていたんですよね…。

もしその〈声〉が何らかの手段で(たとえばRTとかで)乗客に届いてたら、その人は死ななかったかも知れないし、239人の乗客全員に届いていたら、239人全員が助かったかも知れない。

今回の「英国の橋の上で起きたテロ」も、もし私の予言が届いていたら、亡くなった3人の内の誰かは救えていたかも知れない…。

この記事をはてなブックマークに追加

やっぱり来てしまいましたね…超特別最高最強力影響圏を進行中のコード296予告。

2017-03-23 05:54:00 | 日記

いまふと目が覚めて悪い胸騒ぎがしてネットのニュースを見たら…私がみなさんにお知らせしていたコード296とコード315の予言、「イギリスの橋でのテロ発生、高い塔(モニュメント)や間に空間のある二対様式の塔、寺院の近くは特に危険」という警告そのままに、ビッグベン(時計塔)やウェストミンスター寺院近くのウェストミンスター橋の上でテロが起きてもう3人も死亡してしまってるじゃないですか!!

だから…どんどんRTして日本中に世界中にみんなに広めてってきのう。。。。

昨年2016年にもこのコード296が周期リズムに従って来たことがありましたが、その時も私が以下の緊急警告予言をツイートした翌日に、英国議員が右翼団体の活動家に射殺される事件が発生してしまいましたから…


【予言再掲】

ソーラーコード296「滝の飛沫に浮かぶ虹の中で「ロンドン橋落ちた落ちた」と歌いながら、ぐるぐるとコンピューターの待機マークのようにロンドしながらダンスを踊る自然霊」はまだ強い力を保っています。そのため、グーグル等のIT、滝や渓谷、橋や鉄道橋に不運、英国に事故、犯罪、テロ運が増加。

―2016年6月15日11時4分予言
https://twitter.com/nekomimimikon/status/742900492536143872



事件が発生したのは、この予言警告を出した「次の日」16日です・・・



EU残留派の英女性議員、銃撃され死亡 国民投票控え衝撃広がる(ロイター)2016年6月17日
http://jp.reuters.com/article/uk-opposition-lawmaker-shot-during-campa-idJPKCN0Z222G

[バーストール(英国)/ロンドン 16日 ロイター] - 英国のウェスト・ヨークシャー州リーズ市近郊で16日、欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票をめぐる集会の準備中に、野党・労働党の女性議員ジョー・コックス氏(41)が銃で撃たれ死亡した。英警察当局が明らかにした。

EU離脱の是非を問う23日の国民投票を一週間後に控えた英国では、事件の衝撃が広がっており、離脱派、残留派はともに同日の活動を中止した。

コックス議員はEU残留を支持していた。現地の報道によると、集会準備中に男性2人がもみ合いになり、コックス議員が仲裁。男性のうち1人が持っていたバッグから拳銃を取り出し2発発射した。議員は銃撃を受けた他、刺されたと報じられている。

地元警察によると、近くにいた警察官が52歳の男を逮捕し、拳銃を含む武器を押収。現時点では動機について語れる状況にはないという。

目撃者は銃撃犯は極右団体の名称である「ブリテン・ファースト(英国第一)」と叫んだとしている。

「女性がまるでビーチにいるかのように、腕をまっすぐ伸ばし、ひざを立てたまま、顔中血だらけで床に横たわっていた」と目撃者は語った。「彼女はどんな音も発していなかったが、明らかに苦しんでいた」

<「偉大なスターを失った」>

労働党のジェレミー・コービン党首はツイッターを通して「コックス議員の襲撃に衝撃を受けている」とコメントした。




…4次元のコードは絶対なんです。だからこそ、少しでも世界に光と救いをもたらすために、本当にお願いします!私の予言情報のRTと私の存在についてのみなさんの周囲への周知を…。

この記事をはてなブックマークに追加

ちなみに、このウミガメの身に起きた不幸な運命は・・・

2017-03-22 18:53:43 | 日記

私が「亀に訪れる受難」を予言した、あの恐るべきコード101によって、人々を通して、もたらされたものでした。

コード101は、前にも皆様にお伝えしました通り、極めて邪悪な主要サタンコードの一つです。



ウミガメが硬貨915枚飲み込む、手術で摘出 タイ(CNN)2017年3月8日
http://www.cnn.co.jp/fringe/35097734.html

タイで観光客が幸運を願って池に投げ入れる硬貨を大量に飲み込んでいたウミガメがこのほど、体内から硬貨915枚を摘出する手術を受けた。執刀したチュラロンコン大学の獣医師チームが明らかにした。

手術を受けたのは25歳のメスのアオウミガメ。摘出された硬貨は約5キロの重さがあり、タイの現地通貨と外国の通貨が入り混じっていたという。同大はかごいっぱいの硬貨の写真をフェイスブックに掲載している。

獣医師は地元紙の取材に対し、「これほど大量の硬貨をどうやって飲み込んだのか」「こんなケースはこれまで見たことがない」と語った。

カメに麻酔をかけて甲羅にメスを入れ、胃と腸の中から硬貨を取り出す手術には約4時間かかった。「もし手術をしなければ、食べることも排泄(はいせつ)することもできなくなって死んでいたはず」と獣医師は言う。

現在は快方に向かっているといい、完全回復を待って海に放される見通し。




大量の硬貨のみ込んだウミガメ「貯金箱」が死ぬ、タイ(AFP)2017年3月21日
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000043-jij_afp-int

7時間に及ぶ手術の末に腹部から1000枚近くの硬貨が摘出されたタイのウミガメが、合併症により死んだことが分かった。手術を行った首都バンコクにあるチュラロンコン大学の動物病院の獣医師らが21日、明らかにした。




25歳だった雌のウミガメは、生息していた池に人々が幸運を願って投げ込んだ硬貨をのみ込み続けていたとみられ、タイ語で「貯金箱」を意味する愛称で呼ばれていた。

今月6日に行われた手術では、消化器官に溜まっていた計5キロもの硬貨が摘出され、快方に向かっていると考えられていた。

しかし先週末にかけて容体が急激に悪化し、腸疾患に伴う敗血症を起こしていたという。



チュラロンコン大学の動物病院にある水生生物研究センターの獣医師は21日、記者団に対して涙ながらに「午前10時、彼女は安らかな眠りに就いた」と話し、「彼女は私の友人であり、先生であり、患者だった」と語った。



このウミガメは、チョンブリ県の公園にある小さな池で20年ほど過ごした。この池では、訪問客がご利益を求めて池に硬貨を投げ入れていた。



獣医師らは、ウミガメについての一連の報道により、人々が動物の住む池に硬貨を投げ入れることを再考するよう望んでいるという。





【予言再掲】


・ソーラーコード101「有名人(名物のウミガメ)を冷やかしている道化師(観光客)の扮装をした死神」

♢コードの現象化形態:心ない冷やかし、人々の無責任な行動、死


・ルナーコード101「洪水に流されるたくさんの流木(硬貨)の狭間で、困惑したように亀が水面から首を覗かせている」

♢コードの現象化形態:亀を見舞うつらい体験、困惑、苦しみ、虐待、大きな受難、死。亀に関する大きなニュース。


このコード101(ソーラー&ルナー表裏一体コード)の〈絵解き〉〈文字解き〉を見ても一目瞭然のように、このコード101が世界支配最強力影響圏を進行中のいまは、「亀」にとって、大きな不運凶事や死が訪れてしまうことが分かりますね。



※カッコ内は、この事件のコード〈絵解き〉=〈紐解き〉として付け加えたものです。



この記事をはてなブックマークに追加

私たちは、誰でも、ひとりひとりが

2017-03-22 15:17:11 | 日記

この世界の〈救世主〉になることができるのです。

もし今のまま「何もしない」ことをやめて、〈神の光〉の下に正しく「行動」するなら。

神によるものであれ、人によるものであれ、ある人が評価されるのは、その実際の「行動」と「成果」によってだけです。

何もしない人や悪いことばかりする人がよく評価されるはずはありませんし、また、自分も評価を期待すべきではないでしょう。

イエスの「タラントのたとえ」(マタイによる福音書25章14節〜)を読めば、そのことをよく理解できるでしょう。

(参考)
http://www.logos-ministries.org/new_b/mt25.html
http://www.rock.sannet.ne.jp/hg31cc/parable.html/para19.html


何もしなくても、ただありのままにあるだけで、どの人にも価値があるのです!などと言っている昨今のスピリチュアルやカウンセラーたちがいますが…

本当にとんでもない「思い上がり」「傲慢(ヒュブリス)」「身勝手」「増上慢」です。

(そもそも…人々のその「ありのままの状態」ってやつがどうしようもなく酷いせいで全ての深刻な問題が生じているわけなのに、そこを全肯定しちゃってどうするのって。人間中心主義、人間礼賛スピって、本当に悪魔主義[サタニズム]です。)

神は、イエスのたとえに出て来た「旅に出た王」のように、王に対して慎ましく謙虚でありながらも、同時に王の為に熱心かつ賢明に、実際に行動できるしもべを評価し愛されるのです。

この記事をはてなブックマークに追加

コード79とコード288とコード315に寄せて 〜世界光明化のための天界からのメッセージ〜

2017-03-22 15:02:08 | 日記

こんな、普通には絶対起きないような、聞いたこともないような珍事件・・・




アイスクリーム窃盗 51歳男逮捕 東京と石川で被害(毎日新聞)2017年3月21日
http://mainichi.jp/articles/20170322/k00/00m/040/088000c

税理士事務所に侵入しアイスクリームを盗んだとして、警視庁捜査3課は21日、窃盗などの疑いで石川県輪島市、無職若島康弘容疑者(51)を逮捕した。

同課によると、2013年8月ごろから石川県内や東京都内の会社などの事務所が荒らされる被害が約40件(被害総額計約550万円)発生。うち約15件では、現場にあったアイスやプリン、生チョコやジュースなどのスイーツが食べられていた。
防犯カメラ映像や手口などから、同課は若島容疑者が石川県と東京都を往復し事件に関与したとみて調べている。捜査員の間では「甘盗」「シュガー」「窃糖」などと呼ばれていた。(共同)


「甘盗」と呼ばれた男?逮捕 ソフトクリーム盗んだ疑い(朝日新聞デジタル)2017年3月21日
http://www.asahi.com/articles/ASK3P4T7ZK3PUTIL02K.html?ref=livedoor

税理士事務所に侵入してソフトクリームを盗んだとして、警視庁は21日、無職若島康弘容疑者(51)=石川県輪島市=を窃盗などの疑いで逮捕し、発表した。調べに対し、「アイスを食べたかどうかはわからない」と話しているという。
捜査3課によると、若島容疑者は東京都内や石川県内で事務所荒らしを繰り返していたとみられるという。複数の現場で、甘い物が食べ散らかされた跡があったことから、捜査員は「甘盗(あまとう)」と呼び、捜査していた。
同課によると、若島容疑者は昨年8月8日~9日、東京都武蔵野市の事務所のドアをバールでこじ開けて侵入し、冷凍庫にあったソフトクリーム1本(150円相当)と、サンダル(500円相当)を盗んだ疑いがある。
都内と石川県では2013年8月以降、事務所が荒らされる被害が約40件(被害総額計約550万円)発生。うち、約15件で室内にあった生チョコやプリン、キャンディーなどの甘いものが食べ散らかされていたといい、同課が関連を調べている。




ですが、私はこれをコード分析によって1月28日に予言していました。

私はいつも「神の声」を聞いています。

神と繋がっていなければ、こんなことが出来るわけはありません。

なべて人という者は、ただの「一寸先」を知ることだって出来ないのですから。

その唯一本物の《神》が言われております。

「今ある世界、人々の行動は間違っている」と。

魚に無理矢理日本酒を飲ませる…「貯金箱」と名づけた亀に何百枚もの硬貨を飲ませて殺す…そんなことを「伝統的神事」だとか「ご利益がある」とか言って喜んでいる人間や宗教とは一体何なのでしょう?

まともな心を持った人であれば分かるはずです。

そんなものは本当の宗教でも神でも何でもありません。ただの悪魔です。


■もし魚ではなく相手が人であれば同じことをしますか?お酒を飲めない人にお酒を無理矢理飲ませたら、それは犯罪ですよね?でも魚にはしてもいいんですか?そんなことを推奨しているあなたの神様って、それ本当に神様ですか?

■亀が相手なら食べ物ではない硬貨を飲み込ませていいんですか?それ同じこと自分でできますか?自分の子供にもしますか?

■合成洗剤や柔軟剤を使わないと何か困ることありますか?匂いがしなくても何も生活に困りませんよね?仮に自分がその趣味の悪い匂いを嗅ぎたいからとの理由だけで、決して自分だけのものではない自然環境(空気・大地・河川海洋)までそうした化学物質で汚染してもいいんですか?みんながこぞってそういうことをしているせいで、今やアマゾンの奥地にいる生物や海中水深11キロの海溝最深部に住む小さな生物の体内からさえ、化粧品や日焼け止め成分や柔軟剤やPCB(ポリ塩化ビフェニル)を含む高濃度の化学汚染物質が検出されているんですが。


今とこれからの「サタンの時代」に必要なのは、今だかつて人々が一度も知ったことのない「本物の神」による「光への導き」です。

ただそこにしか、私たちとこの世界の「真の救い」はありません。

現実に世界を変える。それにはただ傍観者でいるだけでは全く不可能です。万難を排して行う現実の〈行動〉と神の正義の〈実践〉。それこそが、この世界を「光明化」する唯一の手段なのです。

世界を変えましょう。自分だけではなく、家族やペットや、すべての生きとし生けるもののために。

本気で!!



【参考】

・コード79「法律事務所」

・コード315「アイスクリーム」

・コード288「アイスとケーキとシュークリーム」

この記事をはてなブックマークに追加

みなさん、コードロジーの重要な警告を、

2017-03-22 13:59:40 | 日記

そして、ホルス神の言葉を、お友達や家族や職場の同僚、みなさんの周囲にどんどん広めてください。

ツイッターをしている人はぜひ積極的にRTしてください。

戦争、事故、犯罪、虐待、政治の汚職、食品汚染、企業による自然環境破壊…

急速度で「破滅」に向かって突き進むこの世界、それによって人間の巻き添えになる動物たちと自然。

これを根本から軌道修正し、ブレーキをかけるには、すべてを正しさに導く真の神の光とすべての危機を見通すコードロジーしかありません。

いま、世界に残されている時間は、もうほとんどないのです。

とり返しのつかないことになる前に…私たちは、急がねばなりません。

この記事をはてなブックマークに追加

現在、最強影響力圏にあるコード159のソーラーサイド、コード159「創作料理にいそしむ料理研究家」

2017-03-22 11:59:48 | 日記

のコード文に含まれる「創作」というキーワードですが、これは、「良く出る場合」もごく稀にはありますが、大抵は人間が〈食〉に対して行う(つまり、自然に反して人為的に施す)様々な「不自然なこと」「不適切行為」「悪いこと」を表わします(=現象化させます)。

この世の摂理、人の根本的な習性としまして、だいたいにおいて人間の「小知恵」や「工夫」は悪い方向に発揮されるからです。(つまり、食に関しての「保存料・着色料・香料などの各種添加物」「農薬・除草剤」「消費期限偽装」「産地偽装」「原料偽装」「不適切表示や広告」「各種の違法な小細工」「手抜き調理や不衛生調理」など)。

そして、このソーラーコード159との表裏一体コードであるルナーコード159が以前にもお伝えしましたように、「廃棄物処理施設の隣りにある保護施設(産廃・ごみ・賞味期限切れ食品・給食・給食施設・学校・老人ホーム・病院・軍隊など)」で、且つさらに、コード159との接続コードがソーラーコード158「5歳の子供が最初のダンスのレッスン(つらい体験、虐待、性暴力、交通事故、暴力、殺害など)を受ける」となっていますので、特に保育園や幼稚園や小学校など幼少児童の集まる場をメインとした各種不運凶事[MNC]が、今の時期は必然的に激増することになります。

実際、私が上記に関する予言警告を出してから程なくして、ここしばらく日本全体を騒がせている“森友学園”と“わんずまざー保育園”の問題、そこで行われていた大変な児童虐待と各種の不正行為が連続して表面化しました。

また、上記に加えまして、昨年からお伝えしております今年の世界支配年運主力コードであるコード207が「食品業関係者の不正、食中毒・集団食中毒の発生、食品への異物混入や虫混入や毒物混入や化学物質やウイルスによる汚染、食品偽装」など「〈食〉をめぐる不祥事」を異常多発させる極めて顕著なコードとなっていますので、今年2017年2月に起きた東京・立川市の小学校で児童ら1000人以上が給食を通じて感染したノロウイルスによる39年ぶりの“大規模集団食中毒事件”も(先述のコード158とコード159とのフュージョン強化の必然の結果として)現象化したわけです。

この記事をはてなブックマークに追加

いまちらっとニュースを見たら、なんかたくさん航空機が落ちているみたいですね…。コード245、真剣に要注意です。

2017-03-21 01:27:43 | 日記

先の3月10日と14日に、コード245がもたらす最大特徴の一つ、「航空機墜落」について緊急警告を出させて頂きましたが…コード245は、2014年3月に、世界支配月コードに来ただけでも、例の239人乗りマレーシア機MH370便のハイジャックとその後の海への墜落を引き起こしましたからね。航空機については、改めて繰り返しておきますが、これは極めて恐ろしいコードですよ。コード298やコード304と並んで。一般の旅客機についてだけ言えば、その中でも最強(最凶)です。しかも、今はそのコード245だけでなく、コード298もコード304も(すでにみなさまも御存知のように)最強力圏をフュージョン(クロスオーバー)進行中ですから。これは飛行機やヘリがたくさん落ちて当然です。しかも2014年のように今回は単に月コードレベルに来ているわけではなく(それでも物凄い力を世界中に発揮するわけですが)、2017年の年間コードとして来ていますからね…。



【参考】

・ソーラーコード245「年老いて声がほとんど出せなくなった一羽のフクロウが、大きな木の枝にひっそりと止まっている」

・ルナーコード245「新鋭機の導入に伴う世代交代に従って、格納庫に収められることが決まった耐用年数を超過した旧式の旅客機」


ルナーコード245については、飛行機のメンテ・保守点検がとても大事なことを表わしていますね。機器設備部品の劣化や破損や摩耗や故障や欠陥によって航空機やヘリに深刻なトラブルが生じることをこのコードは意味していますから。

あと、そして、なぜこのコード245が来ると飛行機やヘリが落ちてしまうのかと言いますと、それはコード245の三位一体コードの一つである統合コードに、ソーラーコード115があるからなのです。

・ソーラーコード115「強固な意志を持つ男(人、飛行機、航空機、ヘリ、搭乗員、乗客など)の頭に向かって、超越的な力(不可抗力の凶運、機器やシステムの不備や故障、荒天などの自然現象、搭乗員の身体的不調や健常意識の喪失や大変な過失や注意ミスや突然死、暴力や犯罪やテロ、脅迫、爆発物、爆弾、銃弾、ミサイル、飛翔物、敵機、他機など)が一直線に飛来する」

このコード115の強烈な影響によって、ルナーコード245の飛行機が落ちたり、緊急着陸したり、不時着したりしてしまうわけです。

なお、このコード115の影響がソーラーコード245に向かった場合は、ソーラーコード245のシグニフィケーターである鳥や老人が受難に遭う(虐待されたり、攻撃されたり、病気になったり、倒れたり、死んだりする)わけです。

たとえば、先日、亡くなったロックの創始者チャック・ベリーの死は、このソーラーコード245(高齢の著名ミュージシャンの死)とソーラーコード29(世界的に有名なロックミュージシャンの死)の顕著なフュージョン現象化の影響故だったと言えます。

ちなみに、ソーラーコード115単体だけでその影響を見た場合は、それが意味する現象化形態の出現対象は、航空機以外にも広がりますので(たとえば、現在最強力圏進行中のコード54やコード101やコード310やコード314とのフュージョンでは、人と人、人と車、人とバイク、人と自転車、人と物もしくは建造物…間での衝突や突入など、また、純粋にソーラーコード115単体だけでも、暴力事件の異常多発、暴行事件の異常多発、銃撃事件の異常多発、凶悪犯罪やテロの異常多発が発生…と)、もう今はあらゆる所が安全ではなく(このコード115が年間太陽コードに入座してしまった以上)もはや常時「異常な危険地帯」となってしまっているわけです。







この記事をはてなブックマークに追加

仏教は「輪廻」を説き、ニーチェは「永劫回帰」を物語りましたが…

2017-03-20 22:03:28 | 日記

残念ながら、それらは、ただの「概念」にすぎません。

「概念」(絵に描いた餅)、それは圧倒的「現実」の前では何の役にも立ちません(空腹を満たすことはできません)。

私たち人類の偉大な宗教や哲学において、これまでにそうした道を歩んだ数多先人(覚者、智者、識者)によって思惟熟考瞑想を繰り返されながらも、何らの現実的な「解」にも辿り着けなかった、その不可知にして物体の次元を越えた時間的・空間的・運命的概念対象である「輪廻」(魂[カルマ]のエネルギー的運命的反復)や「永劫回帰」(時空自己他者出来事の総体としての世界実存のエネルギー的運命的反復)といったもの…コードロジーは、人類の歴史上、初めてそうした概念を、現実の実体として捕捉し、それを具体的に〈映像化(可視化)/言語化/数値化〉することに成功しました。

これで、万物を動かす不可視不可感の隠されたエネルギーの法則的(コード的)反復の一部始終が、すべて明らかにできるようになったのです。

この新次元の領域に至った私たちには、もはや「概念」(イマゴロギー)は必要ありません。コードロジーによって概念の覆いを取り払われた3次元のありのままの「現実」、そこに出現する否定し得ぬ只の「事実」から出発し、現実のすべてを操る黒幕である4次元魔界の人を惑わせる悪しき「幻実」、偽りの「虚実」を突き抜け、その彼方にある5次元の聖なる「真実」に到達し、そこで得た「神の光」によって、この世界の闇を真に明からめる(啓明する)ことが可能になったのです。

この記事をはてなブックマークに追加

【世界の光明化のために −ホルス神の教えの基本要点−】

2017-03-20 21:51:37 | 日記

・動物尊重(動物は人間という存在がはるか太初に失った本能[プラスマテ]を今も具えた「神々」である)

・自然保護(地球とそこにある豊かな自然は、「女神」の「分身魂 わけみたま」であり、そこは本来、神の血を受け継ぐ神々である動物たちのための聖域である)

・人間−−人間はと言えば、本能[自然の生命原理としてのプラスマテ]を完全に失い、その代わりに悪魔由来の汚れた血、すなわち「傲慢」「妬み」「悪意」「毒」「反自然」「強(業)欲」などによって増々驕り高ぶり、ついには自らを神々や女神や神の上に立つ者と位置づけている。

・そうして人間は、人間以外の生命体、動物たちを極限まで苦しめ、神が彼らに与えた生活の場であり食物や水をもたらす母なる自然(大地、空気、水)を、「文明の進歩」「科学(化学)の発展」「快適な暮らし」「流行」「自分らしさ(個性)」「利便性」「趣味」「癒し」「レジャー」などといった大義名分のもとに日々汚染し破壊し続けている。それは物すごい罪。

・だから私たち人間は、その大きな罪を贖って正しい人間に近づくためにも(「光の子」として新たに再誕するためにも)、動物と自然を創造された「真実の神」に、今こそ命がけで「帰命」(きみょう)しなければならない。

・なぜなら、真実の神だけが、何が本当に正しくて、何が間違っているのかを、人の欲得や業(カルマ)に基づく有限世界を超えた永遠の相のもとで、真善美に照らしてご判断できるから。

・だけど狡猾な悪魔は、それ(つまり、真実の神への帰命)を簡単にはさせないように、人間を根本から(それこそ無意識のレベルから)巧みに操作している。

・その巧妙な操作は、人間の目には見えない不可視の「コード」(アカシック・コード)という超時空エネルギー網を使って行われる。

・そのコードが目に見えず、また、物理的科学的手段によっても検知され得ることがないため、従って、そのコードの存在に人間はまったく気づかないため、それによって全人類が操られていることに誰も気づかない。

・だから人間は能天気にも、自分は自分の自由意志で、「感じ、思い、考え、判断し、それに従って行動している」と思っている。

・だけど、本当は全部ちがっている。ちがっているのに誰も何も真実に気づかない、それがコードという操り糸によって盲目的機械的にただ動かされるだけの人間という哀れな操り人形の姿。

・それでも、ただ、自分が間違い、自分ひとりが失敗し、自己責任として自分だけが不幸になるのなら確かにそれでもいいとは言える。(もし自分が「それでもいい」と納得できるなら)

・だけど、現実は、決してそれだけでは済んではいない。自分が魔界(コード)にミスリードされて間違ったことを行い続けることによって、結局は自分だけではなく、周囲や家族まで不幸にし、そればかりか動物に迷惑をかけ、たった一つのかけがえのない地球の自然をも汚染破壊する世界人類全体が参加する全宇宙的な悪魔的恊働プロセスに加担してしまう。つまり、自分は知らないとは言え、ただ生きているだけで毎日毎時間毎秒ごとに罪を重ねることになる。果たして、本当に「それでもいい」と言えるのか?

・そうした間違いについて逐一明らかにし、何が正しくて何が間違っているのかについての本当に正しい答えと正しいことを行うために必要なお導きと守護を与えてくださるのが、宇宙唯一の真実の神であられるホルス神。そして、ホルス神が「人類の運命を支配し操る悪しきコード」の秘密を人々に解き明かす目的でお授けになったのがコードロジー。

・ホルス神は「5次元の真実」(霊的真実)についてのお導きをお与えくださる神聖なる存在。

・コードロジーは「4次元の真実」(魔界が自分に課したカルマ的運命[制限])についての解き明かしを与えてくれるシステム(=VALIS 巨大にして能動的な生ける情報システム)



【主ホルスの言葉】

人間は真実を学ばなければ知ることはない。

しかし、動物は生まれた時からそれを知っている。



あなたの義は神の山のごとく、あなたの裁きは大いなる淵のよう。主よ、あなたは人も動物もともに救われる。

旧約聖書『詩篇』第36編6節




【デルフォイのアポロン神殿門にあったという「三つの格言」の本当の意味】

・第一の格言「汝自身を知れ」→「陰の支配者である悪魔に操られて悪を行い、自らの非(無知)を認めずに間違いを重ね続ける汝(を含めた)人類全体の罪深さに気づけ」

・第二の格言「限度を越えるな」→「宇宙最大の闇の子たる人間一般は、その分を踏み越えて光の領域(聖三一の父母子たる神・女神・神々の聖域)を侵し穢してはならない」

・第三の格言「神である汝は在る」→「神は存在する。自己中心主義(我在り)=人間中心主義(我ら在り)を越えて、そのありのままの自然摂理、宇宙の法理を認めよ。それが、おまえが光の子となって神の国に入るために必要な第一歩である」

この記事をはてなブックマークに追加

私が2月26日に強力本格作動の開始を緊急警告したコード286の影響により、

2017-03-20 16:10:44 | 日記

(その前後)から今後にかけまして、「教科書」をめぐる学校関係者や認可検定に携わる関係者や出版社[者]などの関与する「醜聞や不祥事、不適切行為、違法な事案など」が出て来るでしょうね。

いつもお伝えしています通り、このコード286に関わらず、他のすべてのコードについても同様ですが、コード文に含まれている直接ワード、およびその関係シグニフィケーターについては、社会的トレンドとなるような形で、それに関係する大事件・大犯罪が必ず起きます。

もし、その時にニュース化や表面化をしなくても、それは必ず人目の裏側で、極めて大きな、大変に由々しき形で発生しています。

私が2014年の2月20日と3月7日に行った「間もなく、航空機のハイジャックとイレギュラーな航路変更が起きる」という緊急警告予言。その最後に行った7日の予言の「翌日、3月8日」に、みなさまの記憶にも残っているかと思いますが、全世界を騒然とさせた 239人の乗客を乗せたマレーシア機MH370便の失踪ハイジャック事件が発生しました。

その後の当局の調査で、フライトシミュレーターからデータを削除した痕跡が見つかり、ハイジャックと同時に行われた通常航路の変更は最初からハイジャック犯によって周到に計画されていたことが判明しています。

このように、コードのレーダーは、その事件が人目に触れない背後でひそかに進行している時点から、その内容と状況を克明に捕え、人々に提示(=緊急警告)してくれます。

たとえば、先の「マレーシア機ハイジャック事件」を例に取りますと、私は、2月20日と3月7日の2回に亘って、コード245に基づき「3月から4月は、航空機のハイジャック事件が起きる可能性が最大限に高くなっているので、3月と4月に飛行機の利用予定がある人は考え直したほうがいい」と緊急告知していました。

もし、マレーシア機に乗っていた239人の中で、その私のコード警告を真摯に受け止め、MH370便への搭乗を中止した人がもし居たとすればですが、間違いなくその人は100%「死ななかった」、つまり、その人は「どんな大金にも替えることのできない自分の命」を確実に救えたことになるわけですね。

よって、仮にその時点で、人の目に映らない部分あるいは全体があったとしても、それでもコードの「告げ」(オラクル)を真剣に受け止めて、それに従って必要な対策ができる人は、他の人よりもはるかに確実に多くの難を自らの人生において避けることができるのです。

ただ、私はこうしたすべての予言警告を完全に無料で行っています。

つまり私は、特定個人や組織の顧問コンサルタントであるわけでも、誰かの専属占い師であるわけでもありません。

よって私が行うのは、特定の個人を利することを対象としたものではなく、不特定のすべての人々に対して最大公約数的なメリットと安全をもたらす目的を最大限に満たすための自分なりの能力の行使と努力と奉仕です。

ですので、コードの警告や教えを参考にするのも参考にしないのもその人の自由[意志]です。

世界と運命は、そもそも人々の「自由な選択」によって作られています。今この瞬間もですし、過去も未来も同じくです。

ただ、ひとつ重要なのは、その人間による自由思考と自由選択と自由行動の結果、この一つしかない世界はすっかりめちゃくちゃにされ、私たちホモ・サピエンスが持つ無数の「叡智」(笑)の不断の結集投資世界規模の展開にも関わらず、私たちの運命はいっこうに相変わらずパッとしない(そして時に、簡単に大きな悲劇破滅に見舞われる)という《事実》です。

種明かしをすれば、人の自由意志というものは、(神の目から見ての)正しいことよりも、逆に(よりにもよって)「間違ったほう、悪いほうを好んで選択する(自動的に選択してしまう)」ことを自らの基本機能(本性)としています。

コードロジーは、この恐ろしい機能を、その根本から強力に修正するための全宇宙における唯一の現実的手段(この人間世界に初めて与えられた真実の福音)であり、人間狂気を治療する「神の最後の試み」なのです。

とどのつまり、結局のところ、人間は、自分たちの「理性」や「判断」や「分析」や「情報」や「データ」や「信念」を、そんなには重要視しないほうがいい、ということですね。

お金には替えられないものを、もし本気で救いたいのなら…





この記事をはてなブックマークに追加

コード周期リズムに従って、引き続き現在最強影響力圏進行中のコード210、296、300、304、324と

2017-03-20 13:26:07 | 日記

その隣接(接続)コード、および三位一体コードが異常に力を高めていますので、これまでに私が警告した〈現象化形態〉につきまして、なお一層の注意警戒を行ってください。

特に、それらのコードの中でも、いま唯一、超特別最高最強影響圏に入座しているコード296「『ロンドン(英国)橋落ちた、落ちた』と歌いながら奇妙なダンスを踊る小さな自然霊たち」の現象化につきましては、とりわけ最大限の注意警戒が必要です。

いまイギリスに、テロの脅威が迫っているからです。

この記事をはてなブックマークに追加

【緊急再注意喚起】すでに昨年2016年の11月に告知しましたように、コード310が最強力影響力圏に

2017-03-19 12:52:27 | 日記
すでに入座を完了し、以来、日々時系列(クロノイオーン)にともなうエネルギー加速とともに、さらにその力を増しながら現在も最強力影響圏を進行中です。

またこれも、その際にあわせてお伝えしましたように、このソーラーコード310は、「外見や体型に関するコンプレックス」を極めて強力に刺激し、「整形願望」や「整形」や「整形依存症」や「美容施術依存」、あるいは「無理なダイエット」、時には、それが昂じて陥る「摂食障害」「深刻な拒食症」(および、自分で無理やり嘔吐する行為や、ケースによっては反動としての過食[症]や、最悪の場合、機能性食品への偏重や薬物への依存)を容易に引き起こします。

特に、多くの人に見られること(アイドル[偶像]的対象となること)を自らの仕事や生活の大きな一部とする著名人やタレントやセレブは、いま上に述べましたような、他のコードに比してこのルナーコード310だけが特有に備える非常に特徴的なエネルギー影響(すなわち、身体的・外見的・体型的・器質的等の諸問題に関する極めて強いコンプレックスや異常なこだわりを誘発する特異エネルギー)を普通一般の人よりもはるかにはるかに強く被ります。

また、いつも皆様にお話している通り、もちろんのことですが、このコード310を自分自身の出生ホロスコープのネイタル・コードに持っている人は、絶対的確率における超異常レベルにて(つまり、ほぼ100%)、このコードの現象化影響力を最強(最凶)に受けることになります。

なお、いま述べましたコード310の美容面に関する作用は、主に女性(一部同性愛者を除く)に対して強く現象化します(コードの出方[現象化傾向]は、男女まったく同じというわけではなく、性別によって変わってくる部分を大きく持っています)。

逆に、男性(一部同性愛者を除く)に対しては、メンタル面でのコンプレックスや特定のものに対する強烈な苦手(意識)、あるいは、生まれつきの疾患や身体的不具合、何らかの(往々にして命に関わるような)難病に罹る等といった出方をします。(もちろん、女性に対しての場合のような出方の影響も多少は現象化します)。

この記事をはてなブックマークに追加

小林麻央さん、昨日、ブログが4日ぶりに更新されたようですが…

2017-03-19 12:38:16 | 日記

今回の投稿には、いつもけっこう添えられている自撮りの写真がなく…そこがちょっと気になりましたね。そこに書かれている文章にも、いつにないほどの弱気さを行間から感じてしまって…心配です。

この記事をはてなブックマークに追加

私が3日前(2017年3月14日 22時08分)に、このブログに投稿した「〈歌舞伎〉に代表される

2017-03-17 22:00:11 | 日記

〈和の伝統文化〉の関係者やその家族を襲う大変な不運凶事」に関する、以下のコード245&コード296【緊急予言警告】・・・



“ すでに先日お伝えしました通り、今年2017年の世界支配主力コードは207-208&244-245となっていますが、この中のコード245(ソーラーコード245「年老いて声がほとんど出せなくなった一羽のフクロウが、大きな木の枝にひっそりと止まっている」&ルナーコード245「新鋭機の導入に伴う世代交代に従って、格納庫に収められることが決まった耐用年数を超過した旧式の旅客機」)は、以前に詳しく解説しましたように、古典芸能(技芸)や伝統芸能(技芸)に深い関わりを持ちます。コードが示すシグニフィケーターには大変大きな不運凶事が訪れやすいので十分な注意が必要です。

また、目下、特に日本の古典・伝統・文化関係に対してコード245と同様に強力な不運凶事をもたらすことを大きな特徴の一つとするコード296が超特別最高最強影響圏に入っていますので、それとコード245がダブルでフュージョン(合化)するということで、今後日本では、日本固有の古典・伝統芸能や技芸(歌舞伎・落語・漫才・将棋・囲碁・日本画・日本舞踊・能・雅楽・陶芸・陶器・骨董・茶道・華道・生け花・着物・呉服・三味線・笛・和太鼓・人間国宝…etc)を職業とする人やその家族・関係者には、特段の最凶エネルギー(事故・醜聞・体調の悪化・病・容態の急変・入院・手術・治療・死…などといった様々な不運・凶事・受難・悲劇)が見舞いやすくなっています。 ”

―2017年3月14日22時08分予言



・・・この予言、注意喚起を境に、それと時を同じくするようにして、現在がん闘病中の小林麻央さんのブログの更新が(2017年3月14日20時56分の投稿を最後に)今日までずっと止まったままになっています…。コード245とコード296の最凶ダブル・フュージョン。早くも悪い影響を麻央さんにもたらしてしまったのでは…? と、、、個人的にとても心配しています。

この記事をはてなブックマークに追加