ヒーメロス通信


詩のプライベートレーベル「以心社」・詩人小林稔の部屋にようこそ。

旅の序奏/小林稔・詩誌「へにあすま」より

2016年09月19日 | 詩誌『へにあすま』に載せた作品

旅の序奏

小林 稔

 

 

空の青は透徹するほどに哀しみを呼びもどす

 

鍵盤にそえた両手の指先が

長い歳月を隔て不意に閉じた〈時〉の縫合に

少しずつ明ける意識の原野が見え始め

喜びと哀しみの交錯する感情に浸されていく

楽曲をつかさどる音の運びを記憶している十指

人生半ばで志したピアノに技術の高みを求める意思はなく

音楽家の天賦に少しでも触れたいという初心であった

やみくもに練習にいそしんでいた若いころの私

仕事に奔走し かろうじて見つけ出した時間にピアノと向き合い

こころの空白を 鍵盤が奏でる旋律に重ねるように無言の歌で満たしていたあのころ

さらに遡る時間の涯にある作曲者の生きた時間と場所の痕跡

一つの音楽を完成させるためには

独奏者は意識を収斂させ 一頭の獣を生み出し手なずけなければならない

私を通過した数多の楽曲をやり過しては課題を残し置き

失意と経験の後に見えてきた摂理の網と いや増す言葉の織物(テクスチュール)への欲求

棺のように荘厳な箱の内部で音を響かせるために横たわるハープ

白と黒の八十八鍵に随えるハンマーが ピアノ線の下で待機する

度重なる移動に持ちこたえて私の生地に共に辿りついた私の伴侶なる器械

かつて耳に届かせた音を再び奏でたときの驚愕と穏やかな感動

幼年を祝う主題を六つに変奏させた第一楽章の優雅な旋律は比類なく

いま旧友に出会えた静かな喜びが全身を昇りつめ 

そこはかとなく私を包み込んでいる

三十年前の自分が思いがけずよみがえり

三十年後の自分をいたわるように

やがては終活期を迎えるだろう私の耳に 

私の指が優しく語りかけてくる音楽に耳を澄ます

生きる悲惨と僥倖 その哀しみとも喜びとも判明できぬ感情を溢れさせ

譜面台の向こうに広がり光る夜の海を見つめている

眠りから解かれさらに旅立つ私の背を もう一人の私がそっと押している

          註・作中の楽曲は、モーツアルトのピアノソナタ作品三三一を想起されるとよい。

          発表時と一部改作

 

copyright2016以心社・無断転載禁じます

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タペストリー1、2小林稔個人... | トップ | 防波堤/小林稔・詩誌「へに... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL