ブログ de 姫リンゴ

ひめまの戯言、次女の雄叫び、

一言多い長男、長女、父の日常です。

デスノート Light up the NEW world  ※ネタバレ有り

2016-10-29 | 映画

漫画、アニメの実写化としては異例の成功作として名を馳せたデスノート。
10年の時を経て続編として復活。
キラ、Lが出演するとの噂もあり観に行ってきました。

ストーリーはこちら。

名前を書かれた人間は必ず死亡する「デスノート」によって凶悪犯たちを次々と死に追いやった「キラ」こと夜神月と、世界的名探偵「L」の壮絶な頭脳戦から10年。死神が人間界に再びデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥った。
かつて夜神総一郎が立ち上げたデスノート対策本部では、キラ事件に精通した三島をはじめとする特別チームの捜査官たちが、真相を解明するべく奔走していた。やがて「Lの正統な後継者」である私立探偵・竜崎が捜査に参加し、人間界に6冊のデスノートが存在していることを突きとめる。

はい、毎度の事ながらざっくり。

そしてキャスト。

東出昌大    三島創
池松壮亮    竜崎
菅田将暉    紫苑優輝
藤井美菜    七瀬聖
川栄李奈    青井さくら
中村獅童    リューク(声)
戸田恵梨香   弥海砂
船越英一郎   御厨賢一
沢城みゆき   アーマ(声)
松坂桃李    ベポ(声)
松山ケンイチ  L
藤原竜也    夜神月

確かにキラ(夜神月)とLの名前がありますね。

さてここからは観た感想。
まず言いたいのはキラとL、あの扱いなら出演とは言わない、言わせない。詐欺ですよ、特にL。
声だけとはちらっと聞いていたが本当に声だけです、あとは前作の切り取り。
ここを一番期待してる方は観なくてもいい思う。だったら傑作と言われた前作をじっくり見直した方がよほどいい。
話の内容は10年後、新たなデスノートが世界中に6冊ばらまかれます。
死神によるとデスノートは6冊以上存在しない、存在していたとしても7冊目はデスノートの意味をなさない物。
つまり6冊を集めて封印すれば大量殺戮は起こらない、しかしその反対に6冊あれば世界を自由に操れるほどの力を持つことにもなる。
この攻防戦が始まるわけです。

攻防戦です、頭脳戦まではいきません。そこが弱い。
仕掛けや作戦がほぼ前作と同様なので読めてしまう。
ただ、部屋の灯りのスイッチにデスノートの切れ端を貼り、帰宅するとデスノートの所持者となり、外出するときにはデスノートを放棄するを繰り返すことで、あらぬ疑いをかけられずに済む手法はなるほどなと思った。

Lの後継者は竜崎(池松壮亮)、キラの後継者は紫苑優輝(菅田将暉)です。
でもキラの後継者は他にいる。
キラは死ぬ前に自分の遺伝子を残していて、その子ども(9歳)がいることがわかる。
話が無理矢理過ぎないか?そういう設定ならとことんその設定を貫けばいいのに中途半端。
それはなぜか?キラの遺伝子を受け継ぐ子どもが使えなかったから。
は?いやいやそこは天才の遺伝子をフルに発揮して末恐ろしい9歳児に仕立て上げてくれよ。
結局違う人がその意志を引き継いじゃうとか遺伝子意味ないし。
その最終的なキラも容易に分かってしまった。こいつしかいないもの。ネタバレ有りとは言え、さすがにそれは伏せます。

そしてメインの3キャスト、東出昌大、池松壮亮、菅田将暉ですが、とにかく東出昌大じゃ役不足。
善にも悪にも振り切れない。
菅田将暉はいいんだけど、ちょっとこの作品には色が違うかなと感じた。
この3人の中では池松壮亮が一番しっくりくる。
目が印象的だがキラキラしてるとか真っ直ぐとかそういうのではなく、無なんです。
空洞というか動きを感じない、そこに感情すら無い。
でもふとそれが消える、人間としての喜怒哀楽が宿る。それを自然に出来る人と言ったら褒めすぎか。
他には弥海砂として戸田恵梨香が出演。ゴスロリ感皆無な大人女優になっておりましたが相変わらずキラを崇拝。

総評として点数を付けるとしたら40点。
残りの60点中50点は東出昌大が原因、完全なキャスティングミス。
残りの10点はストーリーの雑さ、デスノートは緻密が基本、都合よすぎる展開は歯車が狂う。
金返せ!のレベルでは無いにしてもやはり前作は超えられないと言うことを再認識する。
何より嫌な予感がするのは続きがありそうな終わり方をしたこと。
やめておけ、大やけどするぞ。ここで終れば傷は浅い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月28日(金)のつぶやき | トップ | 10月29日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画「デスノート Light up the NEW world」の感想 (週刊少年ジャンプの感想)
これ絶対おもしろいやつですやん、と思い、観てきましたよ 反吐が出るほど後味悪い 期待してた鑑賞後の爽快感がなかったなぁ もっと所有者同士の知能戦を期待してたんだけどなぁ......