ブログ de 姫リンゴ

姫ママの戯言、姫の雄叫び、

一言多い姫兄・姉、父の日常です。

運動会

2016-10-16 | 世間話
昨日次女が作業所に入所して初めての運動会に参加してきました。
作業所側からは日時と参加希望の可否・お弁当の有無と集合場所を文書で伝えられただけでした。

さっぱり分かんない。

毎年開催されているこの運動会は自治体が主催らしくかなり大規模なもの、当日配られたプログラムによると今年は40の団体が参加、ボランティア団体や協力は19の団体にも及ぶ。
陸上競技場借り切ってやるから相当の規模。

そもそも何が分からないって競技の内容を知らない。
次女は600mミニマラソンに出てくれないか?と打診され、了解ですと答えたものの他になんの競技があるかは知らされてない。
じゃあ聞けよって話です。
聞かなかったのはおおよそ答えが予測できたから。
ここの作業所は利用者平均年齢が40歳を超えている、体力の衰えもある方も多いのでまだ10代の次女に一番過酷であろう600mミニマラソンに打診が来るのは理解できる。それに本人にどれに出たい?と聞いたところで理解できないので保護者に直接打診が来たわけです。
まあ走れるでしょう、短距離よりは中距離・長距離の方が得意だし。

そして持ち物や服装は?という素朴な疑問も。
これは聞かないと分からないので聞きました。

私:服装はジャージですかね?
職員:そうですね、動きやすい方がいいと思います。
私:じゃあ今日みたいな服装(長Tにデニム)でもいいんですか?
職員:いいと思います。

どっちだよ。

後日、他の作業所へ通う先輩お母さん方に会う機会があったので聞いてみたらジャージがいいよとのこと。
運動会だしそうだよな。
持ち物は職員さんに聞かなかったのだが、同じ送迎車乗り場の利用者さんに聞いたら、
「おやつが必要!」とだけ言われた。
え?マジか、おやついるの?なんで?
「だっておやつタイムは必要でしょ」
分からなくなってきた。
もう確認するのも面倒だから自己判断、一応敷物は持って行く、おやつはいらない、飲み物は持参、これでいいでしょ。

分からないならその都度作業所へ聞けばいいのだが、毎年やってることだと作業所からの案内は簡素。
もう分かってるでしょ?毎年やってるしという感じなので今年入ったばかりの次女はなにも分からないから聞くしか無いが、
行事の度に疑問だらけなので毎回質問攻め、これが嫌で聞かなくなってしまった。
自分で判断しても良さそうな案件は聞かない、確認しないとまずそうだなと思うものだけ要確認というスタンスになった。
お願いだからもう少しだけ詳細な案内にしてもらえませんか?

当日。
集合場所は各作業所のテント、配置図はもらったがどっちが北か分からない。
知ってる競技場なので場所は分かるがどっちだ?
前日に送迎車乗り場で利用者さんに聞いたら南側だよと言われた。
行ってみたら北側でした、全然違うじゃないか。
とても優しい人なのだが情報が不確かなので鵜呑みにしないでくださいと職員さんから言われたことがあるがなんとなくその意味が分かってきた。
大した間違いじゃ無いのでいいです、行けば分かったし。

そして敷物はいらなかった。
テントは大きなものが2つありブルーシートが全面に敷かれてあるし、飲み物も常備されていた。
そしておやつもいらなかった。
10時頃に作業所にもよるがおやつのチョコレートが一粒配られました。
大して動かないのでお腹空かないからおやつなんて食べてたらお弁当食べられなくなる。
予想以上に気温が上がってかなり暑かったのでなにか食べたいと言うよりは飲み物があればいいという感じ。
お茶は水筒とペットボトルで3本くらい持って行ってたので買いに行かずに済みました。

運動会の方はというと先輩お母さんたちから聞かされていたが、ゆるゆる。
障害者の運動会なのでゆるいのは分かっていたが想像以上にゆるい。
開会式は時間通りに始まらない、次の競技へ移るまでの時間が果てしなく長い。
今まで学校の運動会、体育祭しか経験してなかったのでこのゆるさがキツかった。
ゆるいのはいいが暑かったので待ち時間長いのは辛いのよ。
次の競技への招集は早めに来るのだが、なかなか集まらない団体が必ず出るので時間が押す。
入場門でずっと待ってなきゃいけないのは辛いと思うぞ、早めに集まろうよ。
招集係はちゃんとやってるんだもの。
そこが障害者の運動会ってことなのかなあ。
次女がせっかちで常に早く動くのでゆっくり動くことに私慣れていない。
心のゆとりが必要なのかも。

次女は結局いくつかの自由参加の競技と600mミニマラソンに参加。
600mは意外と長かったが自分のペースで走ってました。
競うというのが分からないのでこの人についていくと決めてずっとその人のペースで走るのが次女。
今回もそのペースを崩さず走ってました、ペースメーカーがいるようなものです。
ペースメーカーが速ければ当然速くなります、そのペースには合わせることが出来る。
短距離よりも中距離・長距離が得意なのはそういった側面と体力があること、他の人が飛ばしすぎて失速するとマイペースで走っていた次女が俄然有利になり順位があがるという棚ぼたな結果が生まれるから。姑息。

そんなゆるさなので終ったのは予定より1時間押しの16時、長い・・・。
本当は15時終了予定なので次女の作業所は15時の時点で解散OKとなりました。
15時に終るものと思っているので帰らなきゃ!という人もいたし、終了時間に保護者が迎えに来るから帰るという人もいた。
暑いし長いしもう出番ないし次女に「帰る?」と聞いたら「ダンス」という。
さっき職員さんに最後にみんなでダンスするよと聞かされていたのがインプットされたようで要するに最後までいるという判断をしたよう。
ダンスに出ないといけないと思ったようです、ああ・・・。
結局最後までいたので競技場を出たのは16時過ぎ。
なにもしてないが疲れ果て、へろへろで帰宅。
なんで自分が競技に出てるわけでも無いのに、見てるだけなのに疲れるんだろうか。年か。
あまりにも疲れたので21時には就寝。

運動会って面倒くさいなあと思って嫌々行くのに、行ったら行ったで楽しんじゃうのはなんでだろう。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月15日(土)のつぶやき | トップ | 10月16日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL