ついてるついてる ハッピーライフ! ~どんな時でも笑顔といっしょ~

「ハッピー介護と笑いヨガ」のトッシーのブログ。ハッピー介護の記事は2009年3月から。
プラス思考で全てがハッピー!

涙いろいろ、生きてて良かったぁ~!

2017年03月19日 | ハッピーライフ!

トッシーです。いつもありがとうございます。

今日の写真は、母が生前、脳出血で入院した時にリハビリを行っているところです。前にも書きましたが、母も今回トッシーが入院した所と同じ病院なんです。今回患者としてこの部屋に入った瞬間、思わず「ワァー!」と声が出そうになったほど懐かしく、母もここでお世話になっていたことを思い出しました・・・。

 

感極まって涙が出るのは・・・

 

病院に救急搬送されて以後、何回も涙を流しました。トホホホ・・・。(笑)

トッシーは、そんな弱モノ、甘っちょろい人間だからお許しくださいね・・・。

人と話している時でも、自分一人の時でも何かの拍子に感極まって。今回もいろんな時に涙を流したり、思わずこらえきれずに声に出したりしたシーンがいくつかありました。

いい年したおっさんが・・・と思うのですが、どうしようもありません。こらえる努力はしていますが、想定外の・・・の時(笑)はもう恥ずかしいけど仕方ありませんね。

 

今回、今まで先ず経験したことが無いことで涙が出たことがあります。それは、リハビリをしていた時・・・。人から何かを言われてとか人のことでというのではなく、自分自身の体のことで・・・だったんですね。

先生の言われることをやろうとするのですが、できないんです。身体が全く自由にならないんです。自分の体でありながら右手右足が動いてくれないんです・・・。

リハビリを始めて間もない頃か初めてぐらいの時で、視界の向こうには姉が入っていたと思います。でもそんなことはお構いなし。とにかく、自分の体がこんなになってしまった現実が悔しくて、どうしようもなく泣けてしまいました。その時は短い時間でしたが、視界に入っていた姉の姿がボワ~と見えなくなりましたね~・・・。

 

こんなことで喜びの涙が・・・

 

入院中には院長先生の回診がありますが、ある日、何とも嬉しいことがありましたよ。

トッシーも順調に回復し、退院に向けての患者が入る病室に移ってからだと思いましたが、院長先生が同行の看護師さんにこんなことを口にされたんです。

「・・・、これ、加山雄三だね!」

普段こんなセリフは聞かれないですが、この時は病室へ入って容態を確認してからこんな言葉が飛び出たんです。

その時の院長先生の表情、いつもと違って嬉しそう・・・。そして、ちょっと子供らしさが・・・。(笑)

いやあ、嬉しかったですね。院長先生も加山雄三が好きなんだ~!と・・・。

 

トッシーは、音楽がいっぱい入ったSDカードを再生できる小さなCDプレーヤーで音楽を流していることがよくあります。勿論、小さな音で・・・。その時はたまたま加山雄三の歌が流れていたんですが、先生はそれを確かめるように少し耳を傾け、そして先ほどのセリフ・・・。

入院生活でも、こういう楽しいことがあるんですねぇ~。

下のYou Tubeは、まだ若き日のNHKホールでの若大将のショーです。これを見つけたのは一昨日、ちょうど退院する1ヶ月前に公開されたものです。見ていて、途中で涙が出て泣けてしまいました。

「こんなのがまた観れたんだ。ホントに生きてて良かったぁ~!」 

よろしかったら、どうぞ・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=8QKng1zm_ko

 

ついてる。ありがとうございます。感謝しています。トッシーで~す。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人は心の持ちようで、どんな... | トップ | ピンチはチャンス!病こそ自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL