ついてるついてる ハッピーライフ! ~どんな時でも笑顔といっしょ~

脳出血で人生が変わったトッシーのブログです。ハッピー介護の記事は2009年3月から。
プラス思考で全てがハッピー!

嬉しい進化!

2017年09月12日 | 感謝

トッシーです。いつもありがとうございます。

今日はね、とても嬉しい体験をしました。毎日毎日嬉しいこと、楽しいことがいっぱいありますが、今は書けないこともあるので・・・。

そのうちに、このブログでも書かせていただくつもりです。更新してないからといって、何もせず寝ている訳ではありませんからね。(笑)

 

今日の嬉しいことは、やっぱり体が回復しているということを実感できたということです。

私たちって、いろんな出来事を表現する時、「多分ああだった」とか「きっと〇〇だろう」とか「〇〇らしい」という曖昧な表現をすることってよくありますね。

これと同じ感覚で、体が回復していると人からいわれた場合でも、「いや~まだまだですよ」「ちっとも良くなっていませんよ」と答えてしまいがちな自分を、イヤというほど思い知らされました。

残念ながらというか、やっぱりというか、これが今のトッシーの思いグセ、思考パターンであることを認めなければなりません。

 

でも、こうなってしまうのは仕方ないのかもしれません。なぜなら、当事者であるトッシーと他の人とでは違って当たり前なんです。どれだけ話しても理解してもらえないということが分かったのは、だいぶ後になってからなんです・・・。

多くの患者さんを見ている医療関係者の方と当事者とでも、やはり違って当然でしょうね。実際、早い時期からそのことを感じていました。

そしてもう一つ言えることは、感謝の気持ちがあるかどうかでも、やはり違ってくるということですね。

トッシーの場合、どうしても「もっともっと」という気持ち(実はこれ、不満の気持ちの表れとか)が強く出てきてしまい、いつもmasaから言われます。

「生きてることが凄いんだから、もっと感謝しなくちゃ」ってね。(笑)

 

実は今日、歯医者さんに行ってきました。勿論歩いて・・・。

歩きながら思いましたね。

あ~、今まで通っていた歯医者さんが近くで良かったぁ~!

こうして歩けるようになってホントに良かったぁ~!

雨が止んで良かったぁ~!ってね。(笑)

スマホの地図アプリによると、距離は1.2Kmで歩いて15分かかるとのこと。で、実際に歩いてどうだった? というと、何と、歩いて15分ちょっとで到着できたのです。このことは、ほとんど普通の人の歩く速度で歩いていた・・・ということになりますね。

もっとも、予定時間で歩くことを強く意識したことは確かですが、それでも足が動かなければ無理なこと。

この結果を見る限り、麻痺で不十分なことが多い右足ですが、歩く速度に関しては嬉しいレベルにまで回復していることは間違いないようです。

本当に感謝です・・・。

このことを実際に時間で確認できたことは、やはり、嬉しかったですね~!

 

みんなが認めているのだから・・・

 

施療を受けた直後の歩き方を見たみんなの口から出た「凄い! 歩き方が変わったよ!」という言葉を聞いても、なかなか納得できないでいたトッシー。でも、もうそういう思考パターンを改めなければいけないと、本当に思った今日の歯医者さん行きでした。

みんなが認めているのだから、予定された15分で歩けたのだから・・・。

そう思ったら、本当に嬉しかった自分の体の大きな「進化」でした。


 

写真は、道路際に茂っていた樹木の中に、ひと際目についた赤い葉っぱです。車でサーと通過してはなかなか気づかない、プチ感動でした。

~どんな時も笑顔といっしょ~ ですよね~。

トッシーで~す。今日もありがとうございま~す。

コメント