oton ayako domo

自分のみちをゆく人は、だれでも英雄です。
そんなあるきかたでもいいから、迷ったら、やれ!

2/21 ドラマチックに恋する。

2017-02-24 00:58:14 | まなぶ
今朝はドキドキしながらの、一世一代の取材日和。
これまで、それなりに多くの取材に立ち会ったけれど、鳥越俊太郎さん以来のハッピー感。
松本さんと市川さんという、歌舞伎界のキングとプリンスが一堂に会する取材。なんて豪華な。

続けざまに、レジェンドの美術展に。外装まで、アートすぎる。
そもそも、草間彌生さんには懐疑的ではあったし、アートピースを例え手に入れられたとしても、一緒に我が家で過ごせるかどうか、悩みは尽きなかった。でも、これ。見せられちゃうと、弱い。

夜は、残業を切り上げて英会話に。いまだに対面したことがないような、UCLAの博士課程のJack。日本近代思想を研究しているそうで、「この二段落を解説して」と言われても、演繹やらインテリゲンチャやらマルクスやら、現役から15年ばかり経過した私にはしんどいパートナー。
意地悪く、「あなたの研究はどんなインパクトを起こすのか」と聞いてもみたけれど、よくよく考えれば、日本に関心をもってくれるアメリカ人には感謝しなきゃだなあ、と。

よし、勉強スイッチ!私も頑張る!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2/20 いたいいたい病、下り坂... | トップ | 2/22 感染症。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL