姫先生のおめめ

25年間の養護教諭の経験と脳科学、想いの科学から引き出す
人生の不思議、人間の可能性、生きる価値について書いています。

うまくいかなかったら土台を変えるという話

2017年07月11日 | 保健室コーチング

過去にうまくいったやり方を手離さないで、最近はたいへんだーという人。

最近の子どもたちは・・・親たちは・・・・と嘆く人

 

目の前の課題の解決のための知識より土台を変えてみるという方法あるよ

 

 

 http://heart-muscle.com/omeme/20170711/

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校保健会講演「子どもたち... | トップ | 保健室コーチングの講演で一... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む