ちいさなちいさな いのりのことば

 * にしだひろみ *

会えました…*日々のつれづれ*

2017年07月12日 | Weblog
今日は、いくつも“ドンピシャ”が重なった、不思議な一日でした。


みんなそれぞれ凄かったのですが、一番大きかったことは、

ずっと会いたいと思っていた人、もしかしたらもう会えないのでは?と心配していた人に、会えたこと。

これはもう、とってもとっても嬉しくて、ずっと“うわぁ…”と言い続けるばかりでした。



その人は、昨年秋に大きな困難に見舞われ、とても苦しい思いをしたのです。

でも、前と少しも変わらず、お元気でした。

魂の強い人、そんな印象を持っていましたが、こんなに強く在ることができるなんて。



その人は、笑いながら、言いました。

「わたしは、いつも楽観できるから、絶対に大丈夫。」

「信じていたら・・・、それは、神さま、ということなんだと思うけど、信じていたら、道が開けるから。」



ああ、わかる、その感じ、とてもよくわかります。


何を願い、何を描くか。

それが道を呼び込むのですよね。


何かを恐れると、その恐れていることを、呼び込んでしまうのですよね。



明るい笑顔と、それから、苦労の跡を少しだけ残した横顔を見つめながら、わたしは、決めました。


その人の望み、願いの、ほんの一部しか、わたしは知らないのですが、

その一部でいいから、描くお手伝いを、呼び込むお手伝いをする。

その人の夢は、わたしの願いでもあるから。




・・・あ!

違いました。

そうではなかった。


わたしは、わたしの道を描いていかなくては!


そのことを、最近ちょっと忘れていたから、

だからこそ、その人に再会し、この言葉を聞いたのだわ。

教えに来てくれたんだ。



ありがとう。

ほんとうに、ありがとう。



まずは、自分。

自分が定まったら、その時こそ本当に人を支えられる。





今日は、素晴らしい一日でした。


大切なことを思い出させてくれた、素晴らしい一日でした。









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日はうんまんまさんで朗読... | トップ | わたしのこころ*日々のつれ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む