ちいさなちいさな いのりのことば

 * にしだひろみ *

塩浴のおはなし②*日々のつれづれ*

2017年07月14日 | Weblog
塩浴、つまり、塩で体の全てを洗う、ということを続けて、二ヶ月近くになりました。

髪も、顔も、体も、全て、塩ひとつで。

髪は、塩によって毛穴が開き、皮脂が出やすくなるために、ギトギトして大変だったのですが、

だんだん落ち着いてきて、ふんわりするようになってきました。



自らに備わる脂は、リンスの役割も、トリートメントの役割も、整髪料の役割も、みんなこなしてくれるんです。

薬品は、なんにも必要ないのだということが、よくわかりました。



塩浴については、いくつか方法があるようですが、わたしはこちらの方法に落ち着きました。


①塩を水で湿らせる

②皮膚に塗る(頭頂~足裏の順に)

③お湯で流す

④冷水をかける



全身に使うの塩は、片手で大きく一掴み、くらいです。

慣れると、本当に気持ちがいいです。



塩浴の本を読んでいたら、塩は、お風呂だけでなく、キッチンにも、お洗濯にも、歯磨きにも、何にでも使えて、

しかも、人も地球も害さない、ということを知りました。

物凄く嬉しくなりました。

そして、わたしの家から、ひとつ、またひとつと、洗剤が消えていきました。




このblogを読まれる方は、どうぞ、参考までにとどめていてくださいね。

わたしは、自分の心地よさや喜びを追い求めています。

そのひとつひとつが、嬉しくて、驚きで、ついついお伝えしたくなるのです。

“あら、またまた不思議なことを…”

という感じで、受け止めてくださいね。













ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしのこころ*日々のつれ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む