ちいさなちいさな いのりのことば

 * にしだひろみ *

おっちょこちょいな日の、心の置き所*日々のつれづれ*

2017年06月30日 | Weblog

わたしは、本当に、おっちょこちょい。

正真正銘の、おっちょこちょい。

息子の折り紙付き。

小まめに、小さな事件を引き起こしています。

(時々、大きなことも。)


先日も、『森のいえ』さんでの朗読会で、お借りした名札を胸に付けたまま帰ろうとして、スタッフさんに呼び止められました。

(でも、同じように名札を付けたまま帰りかけたお母さんがいて、なんだか嬉しくなりました。)



さて、昨日は、そのおっちょこちょいが、もう頻繁で頻繁で、

わたし、とうとう故障したかな?

という具合でした。




こんな時に、どう考えるか。


「わたしはやっぱりダメなんだわ」

これは、×。



「どうかなっちゃったのかな?」

これは、○。

体が冷えて、血の巡りが悪くなっている可能性があるのです。

判断力や注意力が落ちてしまっているのですね。



「何かのお知らせかな?」

これも、○。

もしかしたら、◎。


何かのサイン、メッセージが来ている可能性。

“stop”かもしれないし、

“no”かもしれないし、

“attention please!”かもしれないし。



また、何かのバランスを取っている、という考え方。

①すごくいいことが起こる前触れ。

…何だか楽しみになってきます。

②逆に、以前やりすぎちゃったことの埋め合わせ。

…この場合は、「この程度で済んでよかったなあー」ということになるのですね。

もっと大事に至る可能性もあったわけですからね。



こんな風に考えると、元気が出てくるんです。

さんざんな日だったとしてもね。



それから、できそうなことを実行してみます。

体の冷えについては、進藤義晴さんや、服部みれいさんの本に詳しく書かれています。

すごく面白いのでおすすめです。

体の冷えを取っていくと、心も落ち着いてくるのですよね。

人生まで変わり始めます。



そして、自分へのメッセージがわかるようになりたいな、という時は、

瞑想やヨガをはじめてみることも素敵ですし、

どんなことでも、自分の好きなことを通して無心になれる時間を持つといいのではないかと思います。

自分らしい方法で、神さまとか、愛とか、大いなるものと呼ばれる力と繋がるのです。



こんな風にお話ししていますけれど、わたしはまだまだ、これからなんです。

一歩一歩、楽しみながら歩いているところです。


息子に、

「わたし、そのうち、とってもしっかりした人になるかも。」

と言ったら、

「え!・・・ママが?」

と、ニヤニヤ。


それから、

「面白いことがなくなっちゃうから、ちょっと残念。」

と、言いました。













ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森の朗読会、心に残ったこと... | トップ | 明日は養成講座最終日*日々... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む