ちいさなちいさな いのりのことば

 * にしだひろみ *

明日はうんまんまさんで朗読会*お知らせ*

2017年05月16日 | Weblog

明日、5月17日(水)10:30から、うんまんまさんで朗読会です。

スタッフさん、お母さんたちにお会いするのが楽しみです。

ゴールデンウィーク、母の日と続き、思い出を重ねられたことでしょう。

ご実家へ行ってこられたお母さんも、たくさんいらっしゃるでしょうね。

お話し聞きたいな。



さて今回は、子どもの心にある2つの夢、についてお話しや朗読をしたいと思います。


そして、先日、父に渡した詩も、よませてもらおうと思います。



明日も、心をこめて、大切に、過ごせますように。









この記事をはてなブックマークに追加

何てことのない日常の輝き*日々のつれづれ*

2017年05月15日 | Weblog

実家の田植えを手伝っていた時のことです。


田んぼ仕事は、できるだけ手作業にこだわってきた父ですが、体力の低下と共に、手作業の面積が少なくなってきていました。

そして、数年前から、機械(手押しの小型の田植え機)を使うようになりました。


今年は、機械に付いていくのが大変そうでした。

田んぼはぬかるみ、機械は重いのです。

一度にはできず、何度も休みながら、やっと植えていました。


わたしは、苗を渡したり、植えられなかったところを手で植えたり。

そうしながら、父の姿を、じっと見つめていました。



今年で最後になるのかなあ・・・と思っていました。

父のお米、父が「自分で育てた」と誇りをもって言えるお米は、今回で最後になるかもしれない、と。


周辺の田んぼは、大型機械が威勢よく走っています。

みな、大型機械を持つ人に委託して、お米を育ててもらいます。


やがては父も、その選択をしなくてはならなくなるのでしょう。

誇り高い父には、切ないことに違いありません。



父の田んぼ。

頼んで作ってもらっても、父の田んぼ。

でも、きっと、まったく違うお米になるでしょう。



毎日見廻り、水の管理や草のこと、鳥のこと、農薬の一斉散布を断っている田んぼを守りに現場へ走り、見届けていた父。

父のお米は、父が育てたもの。

父そのものでした。



わたしは、なんとか頑張って機械を押す父を見つめながら、

「ありがとう、こんなに長い間お米を育ててくれて、食べさせてくれて。」

そう、心で伝えました。


もし、来年も、「自分で植えたい」と父が言ったら、わたしは何としても手伝いたい。

よろよろしてても、転んでしまっても、わたしはそれを支える。

田んぼがめちゃめちゃになってもいい。

父の想いを、遂げさせてあげたいと思います。



不意に、想いが溢れ、悲しくなってきて、横を見たら、

息子が楽しそうに、小川で、空になった苗箱を洗っていました。


その姿を見たら、わたしの心が、穏やかなところへと戻りました。



しっかりと見ておこう、そして、おぼえておこう。

大好きな、父の、この姿を。

今日という日を。



母も同様です。

膝の痛みのため、今年から田んぼ仕事ができなくなった母。


わたしは、離れて暮らしているし、嫁に出た娘ですが、

そのわたしにできる範囲で、してあげたいことを、ひとつひとつ、大切にしていこうと思います。

そして、その時その時のよろこびを、しっかりと感じていようと思います。



洗い物ひとつ、洗濯ひとつ、してあげられることは、素晴らしいことですものね。


だから、いま、わたしには、何でもない日常のひとつひとつが、みんな、輝いて見えます。


ほんとうに、みんな、みーんな、輝いて見えるのです。













この記事をはてなブックマークに追加

養成講座、新潟クラス開催します*お知らせ*

2017年05月12日 | Weblog
シンボルツリー育み人養成講座、新潟市のわたしの自宅で、開かせていただくことになりました。

小さく開こうと思っています。

*第一回 6月1日(木) 13:30~15:30


わたしの大切な友人や、最近お知り合いになった素敵なお母さんが来てくださることになっていて、

わたしの好きな人たちが集まり、知り合うなんて、本当に幸せ!と思っています。


二回目以降は、みなさんと相談しながら日程を決めていきます。










この記事をはてなブックマークに追加

大波*日々のつれづれ*

2017年05月12日 | Weblog

波が来るのです。

年に何度か、不意に。


それは、“片付け熱”という波。


急に、猛烈に片付けをしたくなる。


いらないもの、無くてもいいものが、急に際立って見えてしまうのです。



そして今回、またまた大きな波が来ました。

その波は、もしかしたら、過去最大の大波。

4月末から始まり、今も続いています。



処分したものは、ごみ袋(大)20個分を越えました。

リサイクルに出したもの、出す予定のものは、段ボール10箱になりました。



この“片付け熱”、伝染するんですね。

息子も、大幅に、持ち物を減らし始めました。



わたしにとって最も難しいことは、本を減らすことだったのですが、

今回は、本当に大切なものとそうでないものとの境界が、とてもはっきりと見えたので、スムーズに整理できました。


段ボール7箱の本が、古書屋さんに。

わたしや息子を潤してくれた、たくさんの本たち。

どうも、ありがとう。

いま最も必要としてくれる人の元へ、行けるといいな。



でも、本当に不思議だな、と思うのは、

いつも、ものを減らすたびに、新しい情報が、どーんと入ってくること。

多くを減らした時ほど、その勢いが凄まじいんですね。



ものを減らすことは、もしかしたら、窓のない部屋に、小さな窓を開けていくようなこと。

塞がっていた場所を、開いていくこと。

そこから、入りたがっていた、よいものや、素敵なことが、喜んで入ってくる。

そんな感じがします。



まだまだ終わった気がしないので、もうしばらく続くのではないかと思いますが、

わたしの窓からどんなものが入ってくるか、楽しんでいこうと思っています。










この記事をはてなブックマークに追加

ぬくもり*日々のつれづれ*

2017年05月02日 | Weblog
したいと思ったこと、欲しいと思ったものを、

誰かから、何かから、もらう。

していただく。


そんなことが、ずっと続いています。


面白いし、とっても不思議ですが、

そんな時って、ただただ、感謝の気持ちに包まれるものなのですね。


全てが、うれしい。


空が青いことも、

遠くの雪山が見えることも、

風が通り抜けていくことも、

全てが、うれしい。



わたしを包む、この清々しいぬくもりは、何だろう。


わたしは、このぬくもりを知っている。

これは、両親の心にある愛。

そして、御先祖様の心。

そして、離れたところからわたしを信じる、主人の心。


さらに、一番強く感じる、息子の愛。

息子は、生きながら、見えない力で、わたしを護っている。


なんて幸せなことでしょう。

どこにいて、何をしていても、うれしいわけですね。



風薫る、最も美しい5月。

大切な人たちが揃うお休み。


一日一日、二度とないひとときを、大事に過ごせますように。


この、あたたかなぬくもりの、恩返しのように。






この記事をはてなブックマークに追加

父に贈る詩*日々のつれづれ*

2017年05月01日 | Weblog
頑固で一本気、気難しい父でした。

70を過ぎ、過去が嘘だったように、くしゃくしゃの顔で孫に微笑むようになりました。


大きく強い存在だった父が、だんだん、やわらかく老いていき、

病気や、過労から来る体の故障も重なり、

記憶力も、落ちてきました。



こんなに大事な大事な人なのに、いつか必ずやってくるお別れに、確実に、近づいている。


わたしに、堪えられるでしょうか・・・。



でも、わたしはきっと、ふるさとのあらゆる自然のなかに、父を感じるでしょう。

姿かたちがなくなってしまっても、ずっと、父を感じながら、生きていくでしょう。



その時が、ずっと先なのか、とても近いのか、わかりませんが、

共にいられる一日、一日を、よろこび、大切に過ごしていきたいと思うのです。



今日の、父の誕生日にと、ひとつの詩をかきました。


ちゃんと手渡せるでしょうか。


恥ずかしいけど、確かに、手渡したいと思います。


大好きな、大好きな、父に。



『おとうさん』


あなたを看取る日がきたら

その時絶対伝えよう

「あなたの娘でよかった」と


器用にできない父親と

器用にできない娘とで

大変だったね お互いに


だけど私は

幸せでした


あなたを看取る日がきたら

その時絶対伝えよう

「この次も父になってね」と


あなたの人生そのものも

わたしの父であることも

大変だったね どちらとも


でもこの次も

あなたと一緒に生きたいの



看取りができないのであれば

それでは悲しすぎるから


今すぐ伝えてしまおうか


「あなたの娘でよかった」と

「この次も父になってね」と









この記事をはてなブックマークに追加

ずっと探していた場所は*日々のつれづれ*

2017年04月30日 | Weblog
お山に春がきた、と思っていたら、夏のような日もあって。

父と息子は、毎日あれこれ忙しく、楽しそうです。

小屋づくりも着々と。

今年は、去年よりも広いです。

“みんなが長々と休めるように”

父の願いです。


息子は、大好きな柿の木に登るため、梯子作り。


縄をくくりつける場所を、ちょっと調整すれば、安定しそうですね。

息子がそのことを発見するまで、何にも言わないでおきましょう・・・と思っていたら、

すぐに気づいて、祖父と調整の相談をしていました。



そんな二人を眺めながら、わたしは、大好きな、このふるさとの山に居て、大きな発見をしていました。


山は、どんな山でも、人への支えや愛を感じられるものですが、

先祖が大切にしていた土地は、そのレベルが半端ではなく高い。


わたしの祖父母、曾祖父母が大切にして、想いをこめて使っていた山。

わたしの両親が、同じように想いをこめて使ってきた山。

幼い頃のわたしを、ずっと見守ってきてくれた山。


いま、ここを駆け回る息子を、この土地も木々も、本当に嬉しそうに受け止めています。

息子が登ると、喜びにその身を震わせている木々。

息子が駆け回ると、共に踊り出したそうにしている草花。

心地よく疲れ、うたた寝をする息子の頬を、そっと撫でていく風。


そこに、わたしの祖父母の心があると、わたしの曾祖父母の心があると、確かに感じるのです。

曾孫、玄孫である息子を、どんなに可愛いと思っているでしょう。


そういえば、息子は、御先祖様に手をあわせ話しかけることが好きです。

みんなの無事と幸せをお願いしているんだそうです。


きっと、御先祖様たちは、山を吹き抜ける風として、木々のそよぎで、花のかおりで、息子に応えているのでしょう。

互いに、語りかけ、応えながらの日々。

この山で学び生きることのできる息子は本当に幸せなんですね。

改めて、深く感動してしまいました。



この山に、同じような願いをもつ人や子どもたちが集まってくれることは、本当に嬉しいことですが、

みんなが、家族の森を持てたら、そこで学び暮らすことができたら、もっともっと素晴らしいと思うのです。



わたしの父も母も、いつかは、肉体を離れ、御先祖様として見守る存在になります。

きっと、この山にも、二人の心が溢れるのでしょう。



この山を守り、大切にしていきたい・・・。

わたしがずっと探していた場所は、息子にとって最高の学びの場は、

他のどんな素敵な場所やスクールでもなく、この山だったのです。









この記事をはてなブックマークに追加

行者にんにく祭り開きます*お知らせ*

2017年04月25日 | Weblog
お山にも、春がきました。


まだ少し、雪が残っていますが、

雪解け水が、勢いよく流れ、山のなかに幾つもの滝が現れています。


大好きな、このお山で、今年も学びの場を開きます。

まずは、父ご自慢の行者にんにく畑のなかで、「行者にんにく祭り」です。

まだ小さいですが、行者にんにくたちは、すくすく育っています。

父ならではの自然農法。

より自然の状態に近づけていくのが目標とのことです。



わたしたちの学びの場に興味のある方、お子さんとご一緒に、ぜひいらしてみてくださいね。

この日は、行者にんにく食べ放題を楽しみながら、お山を自由に漫喫、交流も楽しみましょう。


息子はいま、祖父と共に、小屋を建設中です。

豪雪地域なので、冬季を前に解体しなくてはならず、毎年簡易な作りの小屋ですが、

どんな小屋ができるのか、楽しみです。

息子は、木にのぼるための縄梯子を作っているんだよ、と楽しそうに話していました。


*5月6日(土) 10時から
*雨天中止です
*参加費は大人1500円、こども500円
*汚れてもよい服装でいらしてください
*行者にんにくの天ぷら蕎麦を予定しています
*おわん、おはし、コップ(お茶用)をご持参ください
*お申し込み先 himawari.bless-you@ezweb.ne.jp(にしだひろみ)









この記事をはてなブックマークに追加

明日はシンボルツリーワークショップ*お知らせ*

2017年04月25日 | Weblog

明日は、長岡市 ひだまり整骨院さんで「シンボルツリーワークショップ」を開きます。

10:30 からお昼まで。


シンボルツリー初心者さん向けのワークショップで、

シンボルツリーの基礎知識と、ご自身をはじめ気になる方のシンボルツリーを学んでいきます。

短い時間ですので、ほんの入り口だけになりすが、じっくり学んでみたい方は全三回の養成講座にいらしてみてくださいね。


素敵な出逢い、楽しみにしています。



*養成講座、新潟クラスも、近日開講予定です。






この記事をはてなブックマークに追加

今日は長野市で講座*日々のつれづれ*

2017年04月22日 | Weblog
「ままぷれ」さん主催、シンボルツリー育み人養成講座が、今日、長野市ふれあい福祉センターで開催されます。(10時~)

とっても楽しみです。


昨日の真夜中まで、講座の準備をしていました。

昨年の講座の経験、受講生のみなさんから教えていただいこと、そして、この冬に重ねた学びを、みーんな合わせた、よい資料が作れたような気がして、嬉しいわたし。

みなさんと共有するのが楽しみでなりません。



この講座への、わたしの願いは、みなさんがより一層、植物に心を開いてくださること。

そして、全ての人が、そのいのちに抱える“お誕生日の木”を大切に育んでいけるようになること。



子育ても、大人同士の関係も、相手の人の内にある木を見つめることで、即、育みの観点に立てるのです。

そこに、比較はありませんし、

自然と、“どうしたら、よりこの人らしく生きていけるかな?”と考えるようになるのです。


わたしは、子育て中のお母さんたちに、特にお伝えしたいな、と思っています。

とっても楽な気持ちになるから。

楽しくなってくるから。




いま、わたしを乗せた小さな電車は、森を抜け、ヒスイ色の川を横切りました。

まだまだこれから、森をたくさん通っていきます。

大好きな旅路。



どうぞ、素敵な時間になりますように。








この記事をはてなブックマークに追加

今日は「育み人同窓会」*日々のつれづれ*

2017年04月19日 | Weblog

わたしの、シンボルツリー講座(全三回)を修了された方を“育み人”とお呼びしていますが、

今日は、その“育み人”さん(長岡クラス)の同窓会を開きます。


みんなで一品持ち寄り、おしゃべりしながらランチ。

自分らしさを見つけ、まわりのみなさんを秘かに育みの心で見つめる、育み人さんたち。

この同窓会、本当に楽しいのです。


シンボルツリーの最新情報も、沢山お伝えします。


例えば、シンボルツリーにはいくつかの説があります。

わたしは、知り得る範囲の説を調べ、それを、出逢うみなさんと照らし合わせて学ばせてもらってきました。

そして、“これがベスト!”というものを作り、みなさんにお伝えしてきました。


今回、大きく変えたところがあります。


“えっ!、この木がなくなるの?”

と、びっくりされるかもしれません。



どうぞ、みなさんにとって、楽しく豊かな時間になりますように。


「ひだまり整骨院」さん、主催の麗子さん、いつもありがとうございます。










この記事をはてなブックマークに追加

より自分らしく生きたくて*日々のつれづれ*

2017年04月18日 | Weblog
“元気にしていますか?”

何人かの方から、メールをいただきました。


ずっとblogを更新していませんでしたので、心配をかけてしまったのでしょうね、ごめんなさい。


わたしは、とっても元気です。


急に思い立って、携帯を固定電話として使いたくなりました。

つまり、持ち歩かないで、所定の場所に置いておくのです。

電話の着信音だけは、静かに聴こえるようにしておきます。

メールは、着信音を消しておきます。
(朝だけ、まとめてメールを確認し、返信します。メールで急用はないからです。)

もちろん、インターネットも使いません。

あくまでも、固定電話とします。



メールの返信が遅れてしまい、ご迷惑をおかけした方もいらっしゃったと思うのですが、

そこを除けば、本当に素晴らしい体験でした。



まず、わたしが携帯に気をとられることがないので、息子が寂しそうな顔をすることがありませんでした。

これは、とても大切な気づきでした。

(いいえ、本当は、ずっと気づいていたことでした。)


息子がわたしに話したかったこと、聞きたかったことを、わたしの携帯の使い方のせいで、たくさん遮ってきました。

なんて大切なものを、取りこぼしてきたのでしょう…。



それから、夜間に液晶画面を見ないことで、よく眠れるようになりました。

我が家にテレビを置かず、インターネットもしない生活をしていますが、

実家に行った時に、皆と一緒にテレビを見ると、とても疲れてしまいます。


液晶画面からは、とても強いものが発せられていると感じます。

わたしは、そういうものにとても弱いことが、改めてよくわかり、

よりわたしらしい暮らし方が、見えてきました。



そして、携帯を持たずに過ごすことで、目の前のことに集中することができました。

より豊かに時間を過ごすことを学んだのです。



また、お手紙を書くことが増えました。

お手紙でおしゃべりする友達を、増やしてみたのです。

元々好きなことでしたので、これはとても楽しくできました。

『ふたりはともだち』の中の『おてがみ』のように、

すぐではなくて、ゆっくりゆっくり何日もかけて、相手の人に届く想いも
、いいものです。



“そんなに急がなくても、大丈夫みたい。”

しみじみ感じた日々でした。



憧れの“黒電話のみ生活”に向かって、ゆっくりゆっくり。


もしそうなっても、blogは続けたいと思っています。

図書館でパソコンをお借りして、できますものね。

















この記事をはてなブックマークに追加

わたしに似合わないから*日々のつれづれ*

2017年04月06日 | Weblog

先日、息子と、実家の縁側に腰かけて、暮れていく空を眺めていました。

あまりにも美しい彩りに、目をはなすことができませんでした。


そして、想いました。

“ああ、なくしたくない、こんな時を”


こんな時間を生きることこそ、わたしが生まれてきた意味だとすら、思うのです。



森を歩く時間、

ゆっくりと煮物をする時間、

手紙をしたためる時間、

本を読む時間、

子どもの話をじっくりと聴く時間、

空や星を眺める時間、

鳥の歌を聴く時間。


これらの時間を守るためにこそ、生きたいと思います。



これらの時間を持つためなら、他のことをすんなりと手放せる。


忙しすぎる生き方や、

なくてもよい便利さは、

わたしには、似合わないから。



先日会った友人は、スマートフォンを、旧来の“携帯電話”に替えていました。

“少し楽になった”と、笑って言いました。


その“少し”が、その人らしさを取り戻す大きな一歩になる。

素敵でした。



この家には、まだまだ、わたしに似合わないものがあります。

わたしに似合わない“事”も。


ひとつひとつ、手放していきたいと思っています。


本当に大切にしたいもののために。











この記事をはてなブックマークに追加

今年も「森のいえ」にお邪魔します*お知らせ*

2017年03月31日 | Weblog

Akiha森のようちえん支援センター「森のいえ」のスタッフさんから、お電話をいただきました。


もう雪がなくなり、春の草花も、虫たちも、元気に活動しているとのこと。

気持ちがいいでしょうね。



今年も、6月と10月頃にお呼びいただき、朗読にお伺いすることになりました。

ありがとうございます。


日程が決まりましたら、お知らせいたします。

初めて、のお母さんも歓迎です。

どうぞいらしてみてくださいね。










この記事をはてなブックマークに追加

春になる*日々のつれづれ*

2017年03月30日 | Weblog

スミレが、大好きなスミレが、家のまわりに咲きはじめた。


時が止まってしまったみたいに、わたしはスミレを見つめる。

スミレのまわりに漂う、ささやくような静けさに、動けなくなる。



スミレは、桜を呼ぶ。

桜は、応えるように、ゆっくりと蕾をほどいていく。


その、確かな繋がりに、深い感動をおぼえながら、わたしは、

居たいだけ、スミレのそばにいる。




家に戻ると、あたたかな日差しに、掃除をしたくなる。


大好きな、小さなホウキで。



バングラデシュの農村の女性たちが作ってくれたもの。

愛と、希望と、誇りが、わたしに流れてくる。




お日さまが、あの山に沈むころ、煮物を作ろう。

コトコト、ゆっくり。

本を開きながら、時々空を見上げながら、お鍋の音を聴いていよう。



今夜はきっと、星が見えるから、

夜になったら、外に出よう。

春の星座が呼んでいる。


まだ翻訳できないけれど、星たちがわたしに話してくれる言葉を、受けとりに。


いつか、たぶん、わかるから。




こうして、わたしも、春になっていく。


ゆっくりゆっくり、春になる。











この記事をはてなブックマークに追加