ひまわりてんびんへの道

会社は変われど、一貫して企業法務に携わってきました。思いつくまま、気の向くまま、気長に書き続けます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

例えバトン

2006年02月22日 | その他
日ごろ楽しく拝見している法務の国のろじゃあさんのエントリーから拾ってきました。

面白そうなやつは、ついつい拾ってきちゃうんですなぁ。

★自分を色に例えると?

やっぱり、ひまわりだから、黄色っしょ。

★自分を動物に例えると?

想像上の動物ではありますが、河童。
幼少のみぎり、髪の毛がありすぎて、四方八方から飛び出してツンケンしていたので、河童と呼ばれた時期がありました。(今からは到底想像できないけれど)
今は、頭のてっぺんがお皿です。
(ごるぁ!、今、笑ったのは誰っ!!)


★自分を好きなキャラに例えると?

タンタン。

え、そんなキャラは、知らないって。
そんなあなたは、これを読んでみそ。
      ↓↓↓
ファラオの葉巻

福音館書店

このアイテムの詳細を見る


★回す人5人を色に例えると?

持ってけ、どろぼう!!!

拾っていただいた方は、コメントください。
そのうえで、色に例えさせていただきましょう。

ちなみに、ろじゃあさんは、やっぱり僕も緑色っていうイメージです。



ジャンル:
おもしろい
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めての学割、通学定期 | トップ | 最近のCM-たとえば、ガッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
例えバトン (明日は明日のホラを吹く-Tomorrow, I\'ll give you another big talk-)
バトンがELさんから回ってきました。 私はDVDや本の流行から新台入替に至るまで、初物に飛びつくのが嫌いで、歴史の試練に耐え得ぬものが嫌いなので(自分はさておきということですが(笑))、流行が納まってから静かに手をつけることが多いのですし、資産運用なら.
例えバトン (とっくりばー)
バトンをチェーンメールにしない方法がありました。 不幸の手紙とバトンの最大の違いは、トラックバックが時系列に依存しないこと。不幸の手紙だったら1度来たときに5通出して、もう1度来たらまた5通出さなきゃいけないけど、バトンは1度出したところにトラックバックがいく