何かを考えながら

中年おやじが色々なことで考えたことなどを書いていきます。

ラグビーワールドカップ スコットランド戦

2015年09月24日 12時24分22秒 | 日記
見事なほどの惨敗だった
前半終わってわずかな点差だったので、南アフリカ戦のようにいけば勝てたかな?

この試合の後半を観る限り、昔のジャパンと変わらない。試合をとおして対応出来る体力と集中力になっていない

南アフリカ戦からの間がなかったとかスコットランドは初戦だからとかいう言い訳はない。

日程は最初からわかっているのである。

残りの二試合を完勝してぜひベスト8へいってほしい

今日の朝に情報番組で試合の様子を伝えていたが、このテレビ局の伝え方をみる限り今のラグビー日本代表は

五郎丸君とラグビー仲間ですか?

こんな感じでしか伝えてもらえないスポーツなんだろうな

この記事をはてなブックマークに追加

ラグビーワールドカップ2015

2015年09月22日 22時26分03秒 | 日記
2011年にもこのラグビーワールドカップについての書き込みをした。

あれから4年。歴史的な番狂わせとまで言われる出来事があった。日本ラグビーが過去に2回の優勝経験をもつ南アフリカに勝利した。

ラグビーがスポーツの中で一番好きな私も感動的だった。

以前の書き込みでもあったようにお金払ってネットのライブ配信を見ていた。

地上波独占放送?

深夜なのに時間を遅らせた録画放送もなかった。
翌日の昼間にダイジェスト放送の予定だったものを変更して。結局テレビ局としても勝利するなんて思ってなかったか?

朝のワイドショーでも放送は2分ほど

まだまだ、日本ラグビー盛り上がらない。

どこかのお笑いタレントが五郎丸君の真似するくらいかな?

南アフリカに勝ったのは奇跡?

ラグビーに奇跡はないと私は信じている。

4年間、日本ラグビーが目標を目指して厳しい練習に耐え抜いた結果なんだろう

今後の試合に楽しみが増えた。

この記事をはてなブックマークに追加

亡くなるということ

2015年09月22日 22時05分36秒 | 日記
秋のお彼岸である
世間では5連休ということだが私の休みは今日だけだったので墓参りに行ってきた。

墓の中には父親のみ。今年の墓参りは2度目。実の父親でも忘れ去られていくのかとも思う。

亡くなるということ
それは死亡してこの俗世間からいなくなり段々と忘れ去られていくことが一般的なのだろうけど、俗世間に生きていても付き合いなどがなくなり段々と忘れ去られていくこともある。
所謂、孤独になるということ

私も友人付き合いなどはほぼ無いので、俗世間に生きていて亡くなっているのかもしれないが一部のところでは忘れられてはいない。

私としては忘れてもらいたいのだが

この記事をはてなブックマークに追加

テレビの健康番組に思う

2015年09月18日 23時51分59秒 | 日記

テレビでよく健康番組をやっている。

こういう番組で「○○が高血圧にいい」なんていうとスーパーから商品がなくなる。昔、納豆とヨーグルトがなくなって迷惑を被ったことがある。

 

先日も「高脂血症改善」なんてことをやっていて、食生活を改善して一週間で中性脂肪値が下がったなんてやっていたけど観ていたらその人の食事の仕方のほうがおかしい。

ご飯を食べても数回しか噛まずに飲み込んでいる。夕食のカロリーが高すぎる。こんな食生活じゃ「生活習慣病」への道をまっしぐらだな。

 

世の中のおじさんたちにも「メタボです」とか「糖尿病予備軍ですよ」とか言われている人も多かろう。その度に食生活を変えたり、運動をするために高いスポーツウエアを買ってスポーツクラブに入って、結局すぐに挫折する。そんな人も多いだろう。

私もかつてはいわゆる「メタボ」だった。だけどそんな状態から決別するために食生活の改善もしたし、悪習慣からの脱却もした。タバコもやめた。酒もやめた。しばらくは夕食も食べなかった。おかげで「メタボ体質」との決別はできた。しかし同時に悪習慣に集まる付き合いもなくなった。仕事帰りの飲み屋も無くなった。喫煙室会議も無くなった。おかげで周りに知り合いがいなくなった。

 

世の中の「メタボおじさん」よ。付き合いをとるか?健康をとるか?

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

子供の深夜徘徊

2015年09月14日 09時13分52秒 | 日記
ラジオで子供の深夜徘徊について放送していた。

先日、大阪で深夜に外出していた中学生が殺されたことをうけての放送なのだろう。

深夜に繁華街などに外出する子供には個人にも家族にもいろいろな問題や課題があるのだろう。

警察やボランティア団体は深夜外出している子供に声掛けや相談にのるようなことをしているらしいけど、問題は解決しない

最後に問題を解決するのは自分である。
大人はその手助けができないでいるのだろう。

この記事をはてなブックマークに追加