何かを考えながら

中年おやじが色々なことで考えたことなどを書いていきます。

プチラッキー

2014年08月19日 23時39分35秒 | 日記
今日は数少ない休み
車にガソリン入れて洗車したら、洗車機がお金を入れずに動いた。
そのあと車の内部を掃除したら50円見つけた。

終わってコンビニでコピーをしておつりをとったら100円が入っていた。

こんなことでもラッキーが続くとうれしいものだ

この記事をはてなブックマークに追加

変なCM

2014年08月11日 17時39分25秒 | 日記
先日テレビをつけていたら、耳を疑うようなCMがながれていた。

金融機関のCMで内容は旦那さんが亡くなった後ではたとえ奥さんであろうとも旦那さんの預金は引き出せないから、その金融機関が新しく出した商品にお金を預けてください。そうすれば旦那さんが亡くなっても奥さんなど指定された方なら預金は引き出せます。というもの。

確かに亡くなった人の預金は遺産となり、その相続の権利を持った人の中で遺産分割協議書を作成しなければ引き出したり、解約したりすることはできない

しかし、葬儀費用や暫くの間の生活費など、必要に応じたお金は金融機関に話をすれば遺族の代表が引き出すことはできるはずである。

それをまるっきり引き出すことはできないかのようにCMで流してしまう金融機関の考え方を疑ってしまう。

この記事をはてなブックマークに追加

個というもの、組織というもの

2014年08月05日 23時33分11秒 | 日記
今日、ショッキングなニュースがあった。
理化学研究所の副センター長が自殺した。
個人として自殺を選ぶということは相当追いつめられていたのか?
個人を追いつめるのは組織という圧力である。

個人が組織に対抗するということは大変なことである。対抗するくらいなら自分のなかで収める気持ちもわからないでもない。

個人を守ってくれるものはなかなかない。

自分を守るには自分がいる組織に飲み込まれるしかないのかもしれない。

自分の不始末は自らの死をもって。日本に昔からあるものだ

これ以上、悲惨な結果をまねかないことを祈るしかない

この記事をはてなブックマークに追加