何かを考えながら

中年おやじが色々なことで考えたことなどを書いていきます。

気持ちのよい謝罪会見

2011年08月31日 23時54分45秒 | 日記
先日、人気グループ「Tokio」のメンバーである山口達也さんが運転免許の更新を忘れていながら自動車の運転を行い、車線変更違反を行って「無免許運転」とされた。

運転免許の更新忘れはうっかり忘れていたということであったが、運転免許を持っている人間としては忘れてはならないことである。

その後の謝罪会見が凄かった。冒頭から頭を下げて謝罪すること3分。会見に来ていた記者から「頭を上げてください」といわれてしまうほどのものであった。顔は真剣であり、目を赤くして少し涙ぐんでいるいるようにも見えた。

山口さんとしても人気グループのメンバーの一員であること。社会人としての責任など、色々な思いがあのような会見になったのかと思う。

でも、ひとつ思う。彼らは芸能人であり多忙を極めている人であるかもしれない。免許証の期限は自分で管理しなければいけないものではあるのだが、所属する事務所でも「免許証の期限、任意保険の契約状況、車の保有状況等を管理してあげてもよいのではないのだろうか?

山口さんの今回の件については謝罪と反省の意が見えているのでこれでおしまい。。

これからもがんばって活躍していただきたいものである。



この記事をはてなブックマークに追加

乗りたい車と乗れる車

2011年08月28日 22時42分09秒 | 日記
私が住んでいるところの駐車場は立体駐車場である。縦に3段(一番上は地上。2段目と3段目は地下)という構造である。立体駐車場なので止められる車の大きさは決まっている。私はこの立体駐車場の2段目に車を止めているので車高に1.55メートルという制限がある。一番上にも車長と車幅に制限がある。

私の車を駐車場から出入りさせるためには駐車場のリフトを上げ下げしなければいけない。その時間の間は車を駐車場所の近くに止めなければいけない。その場所は全ての車が駐車場エリアに出入りするために通る場所である。道路の幅としては2台車がすれ違うには十分な幅なので、それを考慮して車を止めて駐車場のリフトを操作している。

しかしながら時々車を出せないから車を動かして欲しいという要求を受ける。リフトを上げて車を入れるまで2~3分くらいなので待ってもらえないかというのだが、急いでいるということを理由に車の移動を求めてくる。(そういう要求を受ける前に私の車を止めてあっても普通の車でちゃんとした車両感覚の持ち主であるなら通り抜けられる道路幅はあるのである)
通り抜けられそうもないから車を動かして欲しいという要求は、自分が今乗っている車に対する車両感覚が不十分なので道を大きく空けてくれないかという要求と同じになる。車の移動を求めてくる人が乗っている車はだいたい3ナンバーの1BOXカーである。

ちゃんと乗れないのであるのなら、大きな車には乗らないほうがいい。一般的なスーパーなどの駐車場のエリアは私が空けている車がすれ違うためのエリアよりも狭いはずであるのだから。。



この記事をはてなブックマークに追加

ポスト菅の行方

2011年08月26日 23時45分13秒 | 日記
ついに(やっと)菅総理退陣が現実になって見えてきた。

次の総理は誰か?(今のところは民主党代表は誰か?のほうが正しいか)
5人が乱立する選挙になるようである。有力視されるのは今回の総裁選挙に出ることもできなければ投票すらできないあの影の大物代議士(そのわりには表舞台によく出てくるのであるが)が支持を表明する候補者になるようである。

さて、この国の主権者である国民は今度選ばれた総理を支持するのであろうか?問題は山積みである。震災復興、福島第一原子力発電所事故の対応、そして景気回復。震災絡みの問題は菅さんにとっては突然やってきた問題であろうが、国民の期待に沿う対応が出来ずに退陣に追い込まれたような感じである。そして景気回復。。。これは最近の総理大臣が誰も行うことができなかった問題であろう。「100年に一度の不況ではなく、100年続くかもしれない不況なのかもしれない」と発言した経済評論家もいたようである。

石原東京都知事がなでしこJapanの澤さんに総理をやってもらえばいいと言わせてしまうほど、次の総理は期待されていないのかもしれない。

明日の民主党代表選挙告示と同時に「この候補者から誰を選ぶか?そしてその選んだ人がこの国の次の総理になった場合にあなたはこの人を支持するのか」という調査をテレビ局や新聞社に行ってもらいたいものである。

新しく総理になる人にいいたい。この国の主権者は国民であり、あなたはその国民が幸せに人間らしく生活していくための土台を作るためのボランティアなのである。自分が総理としてもらう報酬と国会議員全ての報酬を返上してでも国民を幸せにしてみてください。

もうひとつ。。。どのくらいの長さの政権になると思いますか?

リビアの独裁者のように40年くらいやることはできないでしょうね。。。



この記事をはてなブックマークに追加

コンプライアンス

2011年08月25日 22時49分26秒 | 日記
現在では多くの企業で「コンプライアンスの順守」が言われている。企業が法律や規則を守り活動して社会貢献していくということである。

先日ひとりの芸能人が引退という道を選んだ。暴力団との付き合いがあったことがあり、その行為がその芸能人が所属する事務所のコンプライアンスを守っていないということが問われ、会社内の自身の影響を考えて「引退」という決断を下したようだ。

個人として「引退」という決断は正しかったのだと思うが、会社の責任は今回は何も問われていない。この芸能人が所属していた事務所は「コンプライアンスに違反した社員」を抱えていた責任は問わないのだろうか?ネット上では「謹慎」などの処分よりも「引退」として会社との関係を切ったほうが会社としては有益であるという記事もあった。

コンプライアンスに違反した社員を切ることにより、会社の責任を果たせるのであろうか?

所詮、とかげの尻尾切り状態なのであろうか?

今のこの不景気だと言われる時代、会社生き残りのためのコンプライアンス違反は本当に無いのか・・・




この記事をはてなブックマークに追加

リビアの今後は

2011年08月25日 22時29分39秒 | 日記
長い期間紛争が行われていたリビアで現政権が崩壊しそうである。
リビアの国旗は緑一色である。これはカダフィ大佐が国旗のデザインを考えるのが面倒だということで緑一色になったという話を聞いている。これが日本にあるリビア大使館でも反体制派が作った旗に変わっているというニュースも流れた。

リビアも変わりそうな状態である。以前ヒーローがリーダーになるそして独裁者になって崩壊していくということを書いた。色々な国が現状への不満を爆発させて変わっていこうとしている。

しかし、問題なのは変わった後である。リビアの首都トリポリでは今でも銃撃戦が行われているということであるが、機能している病院はひとつしかないとのことである。色々な物が破壊された状態から新たなリーダーは国を復活させなければならない。その復活が全国民の同意を得られないことは明らかであろう。現政権が倒されれば現在の富を失う人も多ければ政権が変わっても自分の生活が良くならないという人も出てくるだろう。

昔、同じような革命で政権が変わった国に行ったことがある。その時に使ったタクシーの運転手がとても英語が堪能だった。話を聞くと革命前は大学の先生をしていたが革命により教育に対する考えが変わったので職を失ったのだという。

リビアもこれから色々なものが変わっていくだろう。その時に国民にも色々な変化が現れるだろう。

政権交代後のリビアが今よりも悪くならないことを祈るばかりである。



この記事をはてなブックマークに追加