何かを考えながら

中年おやじが色々なことで考えたことなどを書いていきます。

電力会社だろうが通信会社だろうが、他の会社でも

2011年06月14日 22時19分03秒 | 日記
今日のニュース記事で「福島原子力発電所の復旧工事で働いている人の給料が安い」という記事があった。理由は電力会社の社員だけでは賄えない仕事を下請けに出し、下請けの下に孫請けがあり・・・と8次請負会社くらいまであるという話であるが、そんなことは電力会社に限ったことではない。
先日関東地方で長時間にわたる通信障害事故を発生させた携帯電話会社だって、システムの設計やプログラムの設計などはほとんどが他の会社への発注である。
両方ともに言えることは、直下にいる発注会社は名前も大きな大企業である。しかしその大企業だって自分の会社の社員だけでは賄えないので自分の会社の下請けに仕事を出す。その下請け会社にはパートナー会社なんていうかっこいい名前のいわゆる派遣会社(人貸し)があるわけである。

孫請け会社の名前や派遣会社の名前なんていうものは上位にいる大企業さんには見えるわけもなく、上から降りてくる仕事を委託した代金はいろいろなところで「ピンはね」をされているのであるから下の会社に行けば条件だって悪くなるに決まっている。

それだけ下に業務を投げれば仕事の質だって悪くなるばかりであり、色々な事故がおこったところで不思議はない。(劣悪な環境下で働いているのに社会保険の保障もないのは可哀そうな話である)

今回通信事故を起こした携帯電話会社でも全てを見てみれば多くの派遣会社などが絡んでいるはずである。かなり下に行けば単なる数合わせの場合もあるのだから、プログラムミスがあったところで不思議はない。
今日、その会社のホームページに通信障害についての説明があったが「障害が起きた場合のプログラムのミスでふくそう状態に対応できなかった」とのこと。これはプログラムの作成がどんな人材構成で作られていたかということも障害の原因だとおもうのだが・・・

下請けや孫請けなんていうのは建設会社だって他の業界だって、どんなところでも行われていることですよ。

人を集めて企業に送っている会社が一番楽な仕事をしているようなもんじゃないのか?



この記事をはてなブックマークに追加

なんかおかしな話

2011年06月06日 23時29分43秒 | 日記
ドイツが原子力発電所の廃止を決定した。

原子力発電所に不安をおぼえるのはしかたのないことであるが、ドイツはフランスから電気を輸入しているんじゃないの?

フランスは原子力発電所推進派。買った電気なら原子力でも関係ないか?


この記事をはてなブックマークに追加