Phonograph×Photograph

競馬場の達人を目指し、予想・血統・写真・旅打ちの記録を綴るブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

POG17-18

2017年07月29日 17時37分19秒 | 血統考察
今さらPOGネタ

まずは昨シーズンの振り返りから。

ウインブライトがスプリングSを勝ち、皐月賞、ダービーに出走!
スプリングSは直線大興奮でしたねー。あれほど「ブライト~!」って叫んだ人はアムロ・レイ以来ではないでしょうか。
本番は高速馬場に泣き結果が出なかったですが、まだまだ緩いと陣営も言っているしまだまだ先まで見込める馬だと思います。ノーザンテーストは3度成長する、今後も応援していくよ。

そして圧倒的2,3着の多さで馬主孝行なPO馬達でした 苦笑
コンセプトとして、実際一口に入るならこのくらいの馬だろうなあという視点で選んでいたこともあり、未勝利戦から掲示板内を連発。POG的には苦しい戦いだった。


さて、今年の指名馬の紹介です。
ウインブライトくらい自慢出来るように頑張って選びました。




【牡馬】
・シンハラージャ(オルフェーヴル×シンハリーズ)
前ブログ『種牡馬オルフェーヴルを考える(その2)』を参照
http://blog.goo.ne.jp/himaruya_furlong/e/55c2926eb026abf298c23b9e5f82b149
→オルフェーヴルとSadler's Wellsはニックス説


・トーセンヴィガー(トーセンホマレボシ×ペルヴィアンリリー)
今年の個人的配合No.1。アドマイヤエイカンの下。
種牡馬トーセンホマレボシやカンパニーはフレンチデピュティと相性が良い。ブリリアントベリー=キョウエイフォルテ=エヴリウィスパー全姉妹とフレンチデピュティのニアリークロスが理由で、この組み合わせを持つJRA出走13頭全てが勝ち上がり。本馬はそこから更にミスプロ、War Admiral×La Troienneも組み込むことで深化させエヴリウィスパー≒ペルヴィアンリリー 2×1となっている。
オーナーはトーセンホマレボシの島川氏で馬名は「トーセンヴィガー(活力)」。まさに活力溢れた配合。ここ2年連続で勝ってる、何故その種牡馬で勝てるの!?シリーズ;「サウジアラビアRC」が狙いだろう。


・ヒルノオークランド(ダイワメジャー×リトルリスキー)
☆望田師匠提唱「ダイワメジャー黄金配合」
(1)ニアリーDroneな血(Sir IvorやCaerleonやPast ExampleやRed Godなど)をHaloに合わせてスピード&機動力アップ
(2)「Hyperion+Donatello」やLe Fabuleux≒WordenなどをLady Angelaに合わせてPretty Pollyいじり
(3)斬れ味に欠けるダイワメジャー産駒が大レースを勝ちきるには先行ごり押ししかなく、Wild Riskの燃える気性を母から取り込み、うなりながら先行するぐらいの馬が大成する
(4)マイルG1をうなりながら先行ごり押しするには母父に底力が必要で、Grindstone(Kダービー)、トニービン(凱旋門賞)、オペラハウス(Kジョージ)のような本格派中距離馬の肌から大物が出る
メジャーエンブレム、カレンブラックヒル、コパノリチャードはこれら全てを満たしている。

本場は(1)Haloクロス、(2)BustedがDonatello持ち、(3)母はWild Risk7・7×8、(4)母父Authorizedは英ダービー馬 でパーフェクト
今年のボンセルヴィーソ以上には走るはずだし、馬券でもお世話になれそう。


・マイネルグリージョ(ブラックタイド×フローラルジュノー)
ブラックダイドはスタミナに富むので、母や母父がスプリンターで先行力を付与する形が良い。本馬は母短距離で3/4同血にマイネルフロストだからブラックダイドとの相性は証明済み。母父がグラスワンダー→タイキシャトルに変わったことで適距離は短く、適コースは外回り寄りになるはず。
既に出走済みで新馬戦では競馬にならなくて10着だった。夏休みを経て成長することを願う。相沢厩舎でマイネルだから大知か脩を乗せて東京マイルを内枠で先行する競馬が向く。ベゴニア賞で見たい。


・シゲルゴボウ(ルーラーシップ×マリアローザ)
シゲル野菜シリーズの出世魚を1頭。決してふざけている訳ではない。
Ballade牝系の良血。フジキセキのところがNorthern Dancerアウトで全体として3/4Northern Dancerクロス、1/4サンデーサイレンス異系。Mill Reef≒Millcent 7×6、Nureyev≒Sadler's Wells 6×5。
直線で牛蒡抜きだ!(やっぱりふざけてる)





【牝馬】
・ルナステラ(ディープインパクト×ピラミマ)
バンドワゴン、スワーヴリチャードの3/4妹。ディープとUnbridled's Song=アジアンミーティアとの組み合わせはダノンプラチナ、ダコール、ブランボヌールがおり相性が良い、、、とかまあ理由はあるんですが、そんなこともこの馬「超かわいい」。
POG本を見て一目惚れしてしまいました。金子真人氏も佐々木一浩も草野仁も見た目のバランスが大事って言ってるし、そういう直感って大事だと思う。ということで1位指名。


・プリモシーン(ディープインパクト×モシーン)
母は豪クラウンオークス(G1)を9馬身差で逃げ切ったモシーンMosheen。南半球のノーザンダンサーの異名をもつSir Tristramサートリストラムの5×4のクロスを持つ。そこにディープインパクトがかけられてNorthern Dancer 5×5・5・6、Halo≒Sir Ivor 3・5×6・7。欧、豪、日の血統表を塗り替えた偉大な種牡馬達の血を増幅した配合になっている。短距離王国オーストラリアのディンヒル系、そのムチムチバディで桜花賞をぶっこ抜く競馬を期待したい
なお馬名「プリモシーン」ついては、プリ+モシーン「Prix賞(仏)+母名より」くらいの意味かなと思ってたら、プリモ+シーン「Primo最高(伊)+Scene場面(英)」で度肝抜かれた。カタカナ英語大爆発で超ダサい。。。


・イルーシヴグレイス(ディープインパクト×イルーシヴウェーヴ)
母はフランス1000ギニー勝ち。ナスフリート、Touch of Greatness、Danzig。柔らかさと適度な硬さを持ってる。キャロットでアレだが牝馬最有力候補。名門堀厩舎。
1つ下の弟は里見氏が3億で落札、2つ下の弟はアドマイヤの利一氏が5億6千万で落札し話題になった。自分がこの馬指名しようと選んだのは1月。私にも先見の明があったということで^^;
https://twitter.com/himaruyafurlong/status/824253344633917440
この血統なら牝馬の方が走ると思うので、正当な青田買い。


・オールフォーラヴ(ディープインパクト×レディアルバローザ)
ロードアルバータの全妹。ディープインパクト×母父キングカメハメハのThe金子配合。この組み合わせはAlzao≒ラストタイクーンで相性が良く。デニムアンドルビー(フローラS、ローズS)、キロハナ(つばき賞)、グリュイエール(きさらぎ賞-4着)、ヤマノフェアリー(春菜賞)、テンダリーヴォイス(アネモネ賞)などがおり3歳で結果を出してる。所有してるリーディング最上位種牡馬同士の相性が良いとかリアルダビスタ半端ないぜ。
母レディアルバローザはアパパネ世代のキンカメ産駒。The Dancer=Kazadancoaの全兄弟クロスを始めとして配合が面白い。繁殖として優秀と思われる。近親を見てもキャトルフィーユ、エンジェルフェイスと牝馬の方が走るので期待できる。この血統と好相性のいっくんを池江厩舎が乗せるのかどうか…


・エーシンテースティ(ダイワメジャー×エーシンリターンズ)
ダイワメジャープラチナ配合
(1)Halo≒Red Godのニアリークロス、(2)ノーザンテースト3×4などPretty Pollyいじり(キャロルハウスの牝系やWordenの母父もPretty Polly系)、(3)母系にWild Risk系のクロス、(4)母父キングカメハメハは息子も日本ダービー馬
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/70e0b444eff84cb7e57a7194c6d000af

今日7/29の新馬は大外枠好発から3番手、逃げ馬捉え切れずに2着。逃げても良かったかも知れないが能力は示したかと。前で受ける競馬がやはり似合う。8月上旬に未勝利を勝って小倉2歳→1戦→阪神JFのローテが組めれば理想的。




以上10頭。まずはデビュー、そして1勝!G1目指して頑張れ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 種牡馬オルフェーヴルを考え... | トップ | 【朗報】一口馬主になるブログ »

コメントを投稿

血統考察」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。