ひまりんのつれづれ日記

感じるままに何でも書けたら・・・

子育て中に思い出していた万葉歌

2007-01-25 21:00:49 | Weblog
小学校の5,6年のときのG先生から、山上憶良の

白金もくがねも玉も何せむにまされる宝
子にしかめやも

うりはめばこどもおもほゆ 栗はめばましておもはゆ・・・

という万葉の歌をなんかの折に教えていただいた。
子育て中になるほどなと思い出していた。
子どもというものにたいする愛情の歌だよといって先生は教えてくださった。先生は36歳の独身男性で、素敵な先生で、私たち40名足らずの生徒を自分の子のようにかわいがってくださった。

私の両親も私たち子どもをかわいがってくれた。わたしも未熟ながら私なりに一生懸命子どもを育てたつもりだし、
子どもとはやっぱり何物にも変えがたいものと思っている。
親ならそう思うのは当たり前だと思うけど。

私の子も将来そう思ってくれるだろうか。ずっと続いていけばいいんだけど。

私はまたまた子育て中かな?
モモちゃ~ん!


チャチャちゃ~ん!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 首輪はあきらめました | トップ | 天気がよかった! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
連鎖 (pochiko)
2007-01-25 22:44:15
よく親に虐待されたり愛を受けなかったりして育った子供は、自分の子供に対して虐待をしたり、どうやって愛して良いか分からなかったりって話を聞きますけど、親や周囲の皆さんの愛に育まれてきた人は、ちゃ~~んと自分の子供に対しても愛を持って育てられるものだと思います。
只今、コビとポチコを子育て中のpochikoより…デシタ(^_-)-☆
モモちゃん、チャチャちゃんのお母さんへ
Unknown (ひまりん)
2007-01-26 07:17:25
私の子どもはみな私に似たのかみな抜けているけど、仕方がないんですよね。
pochikoさんのように回りの人や生き物に愛をそそいでいる方はほんと立派です。
これからいいこといっぱいありますよ。(^o^)/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。