ひまりとむーの親子な関係

むーは成長目覚しい私の息子。楽しい同居人です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いっぱいにする。

2010-02-11 19:34:52 | 14才(ほとんど中2・現在進行形)
むーの本の平積みが目に余りしかし全部処分しろと言うわけにも行かず
私の本棚を大方明け渡すことになり(なりってあたりが渋々感漂ってるでしょ?……)何とか無理やり整理した。

そこへむーが本を詰め込む詰め込む。
ラノベと漫画をずらずらずらずらーーーーーっっっ。
だんなに「あんなんを山ほど保管するために
あたしゃくろーして自分の本を整理したのかと思うと」
と愚痴ると
「いーーじゃないの、きれいに並べてにやにや眺めてんでしょ」
と来たもんだ。

くそー、しょうがない、その気持ちは分かる。
なにせだんなと私は図書委員会で知り合った仲だからな。
やれやれ。
でもさ、
いよいよ受験なんだからさ
もうちょっとこうなんてーの?
出たばっかりの本じゃなくてさ
名作の誉れ高い「文学」とかも読んどいたほうがいいよ

とは言わない。激しくそう思っているが言わない。

余計なお世話だから。

読んでないせいで受験に失敗したって知るもんか。
読んでないってことがどんなにジンセイの損失か
どっかで思い知って後悔の臍を噛むがいい、ふふん。

(いや、親として、指し示すべきことは指し示さねばか。
ってか

あ~~~あ。
そのヲタぶりってまさしく両親からきっちり学んじゃったものよねえ……。)


……あえて言わせてもらえば
あたしゃ中学生のころには新・平家物語全巻読破楽しいなってぐらいのことはやってたぞ??……いや言うまい言うまい。うううう)




    
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待たせる。

2010-02-11 00:51:48 | 14才(ほとんど中2・現在進行形)

ってな訳で
すっかり牧歌的な時代は終わり(そんなんとっくですが)
むーはまさしくただしく中学生をやっている。
「思春期」とか「中二病」とか簡単に括ってくれるな、と
彼は思っているだろう。
あるいはどうせそういうものだよ、オレは。と思っているか。

にしてはまあ付き合いのいいところもあり
会話もなんとか成立する。しかし
全体的に不機嫌なのは否めない。

そーれが昨日10日の夜ったら
お休みの前の晩だわ
ずっと欲しかったエレギのエフェクターをついに買ったということもあり
(放課後買いに行ったんだと)
もーーここんとこ見たことが無いようなにやにや、
っつーか笑顔。

あーらかわいい顔してること。
にこにこできるんじゃん。君は笑うとそういう顔だったんかい。

この嵐の季節が終わった暁には
その顔がもっと見れるのかしら?
しょーーーーがない、待っているかああ………
待ってみるかあ……。




    
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

音楽が好き。

2009-08-13 03:23:52 | 14才(ほとんど中2・現在進行形)


ニコ動やらyou tubeで中高生あたりにものすごく人気の歌がある。
アニメの主題歌。
いろんな人がいろんなアレンジで歌ってみたり弾いてみたり
きれいな絵と組み合わせてみたり
ありとあらゆるバリエーションでたくさんの人が楽しんでいる。

その曲ねえ…
聞いたみたけどなんてことないんだ、私には。
よくあるじゃん、て感じ。

…なんですけど、やっぱあーたも好きなの?とむーに聞くと
好きなんだってさ。
「やっぱセイシュンマッタダナカの人には大切な曲なわけですか?」
「そうね」「おばちゃんの耳はもう腐ってるからなあ、私にはどってことないけどねーーー」
「やだねーおばちゃんは」「ねええ」

世代によって求める曲ってやっぱ違うのね。
私は、もうあまりに内向きでナイーブな曲はすっ飛ばしたくなるねえ。
ほれたはれたも、もういいやって感じです。

一緒に「うおー、このバンドいいじゃん」なんて盛り上がることもないではないんだけど。

むーが今よく聞く曲の傾向はまずむちゃくちゃテンポが速い。
私も中学生のころはそうだった。

きっと流れる血の速さに呼応するものが聞きたいんだね………。




    
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あいびきする。

2009-08-12 10:50:24 | 14才(ほとんど中2・現在進行形)

小6の時一番仲のよかったZ君は私立に見事合格し
つまり中学は別れてしまった。
その上、中学に通いやすいところに引っ越したため
ちょっと住まいが離れてしまった。駅にして3個分。
そしてクラブだ塾だ委員会だ、と彼は忙しく過しているらしい。

そして、その合間に彼は時々むーと遊んでいる。
でもご両親から外出を制限されていて
元の駅の近くの理髪店に行く、と言う名目でしか抜け出して来れない。
そう言っては、漫画専門店とか行ってんの、むーと。
でも髪もカットしなくちゃいけないじゃない?
大変だねえ。たかが友達と会うのに。
古本屋さんにもよく行く2人だけど
彼は時々お母さんにごっそりラノベを捨てられ
私は山のようになってきたそれらをため息ついて眺めている。
捨てるお母さんのほうがおうちはきれいだと思うぞ。
でも私にはそんなことできない。
かつて同じことされてすんごい気持ち的にぐれちゃったもん。
彼はよくやってんなあ。ネットやゲームの時間を制限されて
いっぱい勉強して、友達の選択にも監視が入り。
いや、いい親御さんだと思いますよ?
私とは方法論が真逆ですけど。
(むーみたいなフツウの子と付き合ってもメリットないとか思ってるんだろうか?
小学校の時の友達には会わないで
今の中学校の友達と付き合いなさいってご両親は言うんだって。
うーん、わからないでもないけど、よくわからない。
なぜ友達を「ジャンル」で分ける。)
ものすごい対照的な生活をしているむー(むーはなんでもやりたいほーだいだ)のこと
嫉妬しないのかしらなんて思うけど
2人はめっぽー仲がいい。

Z君、てきとーにやれよ。
うまく抜け道を工夫して作り続けるんだぞ。

なんてことを言うので
むーには「ウチは全く変な親だよ」なんて言われるんだな。変で結構さ~。

 


    
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

撮る。

2009-08-11 12:53:37 | 14才(ほとんど中2・現在進行形)

デジカメが世に出た時はうれしかったね。
なんでもかんでも撮るよわたしは。
一時は年間1万枚以上軽く撮ってたと思う。
いくら撮っても現像代がかからないなんて夢のよう。

そんな私を見ながら育ったはずだ、むーは。

そのむーは最近、空の写真を毎日のように撮っていて、つまり毎日空模様ばかり気にしてる。

今やむーに「ねえねえきれいな夕焼け!写真撮っといてよ~」なんて職場からメールしても
ポイント行かなくちゃ結局きれいに撮れないからいい、今日はもう疲れた、なんていなされちゃうんだ。
そしてちょっと一緒に外を歩けば、どこそこのかどのあっちだかこっちだかが空が広く撮れるポイントで、どこそこをどっちからどう狙うとどうの、とかずっと言ってる。
私が「あ、変な雲~」なんてカメラ持ち出しても
「俺のほうが空の写真について語れることは多い」とか言っちゃってなーまいきー。

それ、そもそもかーちゃんの影響じゃないのか、と言いたいのをぐっとこらえ
まあ、なんでも熱中してくれ、と眺めておるわけです。

おかげで私のデジカメはほとんど彼の掌中。
かーーーーえーーーーーーせーーーーーーーーー。

(これが結構きれいな写真撮るんだ、くやしいことに)


    
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加