goo

雲が描いた月明り 2

2017-08-10 17:39:52 | か行
サムノムが逃げようとしたところでヨンに出会ってしまった

サムノムはあの時は、すぐに人を呼んだのだけれど・・・というが、ヨンは「久しぶりだね ワンちゃん」といい、あの時次に会った時には犬にでも何でもなるといっていたことを思いださせるのだった
そして、どうして内侍の恰好をしている?と聞かれると、サムノムは長年内侍になるのが夢だったと話すのだった

それなのに、夜中にどこへ?と聞かれると、サムノムは上司の命令でお使いに行くといった その時、そこへやってきたソン内官にヨンは「自分はイ別監だ」と身分を偽り、内侍は激務だといい、気をつけろといった
   ↓
これによりヨンは、ソン内官について来いといわれた(この時、サムノムはヨンに私を叩いてあの時のことをチャラにしてくれといったが、サムノムはいや犬は殴れない また会おうといった)

サムノムは、ソン内官に怒られ、罰として今日はここで寝ろと言われ荷物部屋のようなところで眠らせた

そして次の日、内班院では小臣の評価試験が行われた
評価は、身体検査・筆記試験・人格試験の3つで行われ一つでも失格なら追放されると言い渡された

そして身体検査が行われた
   ↓
サムノムの番になり脱げと言われたが、脱ぐのにためらっているところに、検査官は王妃が倒れたと呼ばれいなくなったが、サムノムの合格証の上にたまたま判が落ちて押された形となり、サムノムは合格となったのだった

王妃は、懐妊したのだった
領相たちは、これで男が生まれればヨンをお払い箱とすると浮かれているが、ヨンはこれが気にいらなかった

しかしヨンは、王妃に解任のお祝いをと言われ、出向く途中で領相と出会い、ヨンは「お祝いを言わなければ後で、何を言われるかわからない」といい、そこで別れた

中殿は、ヨンに顔をみなかったが元気で何より、これからは毎日でも会いに来いというとヨンは、私のような汚いものを見ては胎教に悪いといい、生まれるまでは来ないというのだった(この二人は5歳しか違わず、いがみ合っている)

ユンソンはキーセンがいる店に行き、そこで美女たちの絵を描くが自分が好きではない女は抱かないといい、帰るのだった

サムノムは、ソン内官たちに目をつけられ、当分チャヒョン堂で寝起きしろと言い渡され、向かうがそこには誰も住んでいないと言われていたが、ヨンとビョンヨンが待ち合わせをする場所として使っていたため、ビョんヨンと出会い驚かされ気絶してしまうのだった

ビョンヨンとヨンは、そこで酒を飲み、これまでの話などをしていると、サムノムが目覚め、二人の酒を勝手に飲み干し、どうせ宮を去る身だからとヨンに対して無礼な態度をとるのだった

ユンソンは、祖父である府院君であるキム・ホンにキーセンの絵を描いているのを知られるが、祖父は仕事上の位が低く仕事をする気にならないだろ?といわれるが、大丈夫だというのだった(祖父は、少しずつ地位を高め上にのし上がれば王になったときに地盤が固まっているというのだった)

サムノムは人格を見るという試験の答えを、白紙で出した(これでは通報になるぞと言われても、ああ・・・というだけだった)

そんな時、ソン内官が領相宅で開かれる宴のためについて来いと言われ、サムノムは手伝いに行くことになった

一方ヨンは父が領相宅で中殿の懐妊を祝う宴が行われると聞き、覗きに行こうとビョンヨンを誘った

サムノムは、ソン内官に裏山に行き、鶏を20羽捕まえて来いと言われた

そんな鶏を捕まえようとしているときに、領相の息子であるユンソンに再び会ってしまった

ヨン妹は、人格のテストの問題として出されたものの解答を確かめることとなった

領相宅で開かれる宴では、王の力が弱くお飾りだといい、ユンセンが世子に相応しいと話している人たちばかりだった
   ↓
そんな時仮面をかぶった男が矢を放ち、宴を沈ませるのだった

そこへヨンがやってきて、一緒に祝おうと言い出し領相はムッとするのだった

矢にくくりつけられていた文には、民が貧乏なのは王のせいだと書かれていて、それを見たヨンもその通りだというのだったが、ユンソンと酒を酌み交わし、昔は友達だったが、今では違うといいつつもユンソンは酒を注ぐのだった

ヨンの妹は、回答の中に以前自分に送ってくれたラブレターを書いてくれた方が、今回と同じ文字、同じ文体で書かれていたことを知り、それを誰が書いたのか調べさせた
   ↓
するとそれがサムノムだったことがわかり、呼び出され、行ってみると「これを書いたのはお前か?」とヨン妹に言われ、それを認めた
また以前に送ったラブレターを書いたのもお前かと言われたためサムノムが見てみると「どうしてこれが?私は死罪を犯しました」というのだった
   ↓
このことからヨン妹は、サムノムに「死罪だ!」といい、刀を抜くが、そこへヨンがやってきた
   ↓
みなが世子様というので、サムノムは驚きはっきりと世子の顔も見られず自分がやったことの罪の大きさに驚くのだった

まさかもうヨンの本当の姿がバレるの?
そしてサムノムはこのまま宮を追い出されることになるのでしょうか?
  
goo | コメント ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。