ひまひま広場

お越しいただきありがとうございます。
ひまひまが、見たこと感じたことをのせていきます。(ネタバレしています)

INFINITE  ミョンスの色々なインタビュー

2017年07月14日 13時56分39秒 | INFINITE
ミョンスが、ドラマを終えて沢山のインタビューに答えています
このインタビューがPart3まであり長いので今後について語っているかなぁと思われるところだけを抜粋しておきます

これから想像すると、未だに結論には至ってはいないがピニとしての活動はなさそうですね・・・(カムバックといっていた話はいずこに・・・)


N演芸のインタビュー(原文はこちらから)


Q次にしてみたい作品や役割?
時代劇ももう一度することもできると思います。時代劇をすると大変じゃないと思う方もいらっしゃいますもちろん大変だったこともありましたが今はやってみたいです。以前からやってみたかったのはジャンルがありました。事情のあるキャラクターを好きです。優しい役割だったがどのような変化を経験しながら悪役に急変する。そのように見れば、現代版イソンイと一致するかもしれないですね。現代バージョンで会うならば既になかったキャラクターが出てこないだろうか期待されます。

Q演技者としての目標
途方もない目標までなくも。今回の作品を通じてエルやキム・ミョンスはなく、賎民イに見えることができるのが最も良かったです。そのキャラクターの名前で呼ばれることあるでしょう。今後もそのキャラクターになって演技をしているという話聞き続けてほしい。

Q<君主>以降の活動計画
当分このようにインタビューする計画です。 (笑)まだきっちり計画されたのものではないが長く休む性格ではないのではやい期間内に活動をします。 個人的には私が育てている猫、しばらく遊べなかったので遊びたい。 上半期の間映画、ドラマを最初から見られないで<ララレンド>、<君の名前は>のような映画も見ようと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
また、NEVER TV演芸のインタビューでは(原文はこちらから)


エルは"多様な生活を送ることができるのが俳優の最も魅力的な部分であるようだ"として"特に今回は初めて史劇に挑戦して若い層だけでなく中年視聴者たちにも私という顔を知らせることができて良かった"と話した。

彼は今回の作品でも賎民離船のテーマ曲を直接歌ったように今後も俳優と歌手活動を併行したいという希望を明らかにした。 インフィニット活動8年目に合った響きエンターテインメントと再契約問題に対しても"肯定的に議論中"と答えた。

"メンバーだけでなくメンバーのご両親が'君主'をおもしろく見たといって下さいましたよ。 今後も歌手と俳優活動を併行したいです。 今回もOSTを呼んでさらに役割に没入できたように、それぞれの活動がシナジーを出すことができるようです。"

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そして、同じくNAVER TV演芸のインタビューでは、下記のように話しています(原文はこちらから)

エル「再契約肯定議論、方向性は悩み」(インタビュー②)
<ジョイニュース24>

[ジョイニュース24イミヨン記者]インフィニットエル県所属事務所との再契約を積極的に議論していると明らかにした。

MBCドラマ「君主 - 仮面の所有者」でイ役を引き受けて熱演を広げたエル(キム・ミョンス)を10日ソンサンドンのあるカフェで会った。エルは「ドラマが終わって物足りなさも大きい。私たち同士MTも行くではないか話をした。「君主」を通じて良い監督と先輩演技者たちを通して多くのことを学んだ」と愛情いっぱいの所感でインタビューを開始した


去る2010年デビューしたインフィニットは今年でデビュー7周年をむかえたし、最近契約が満了した。 今後歩みを語った渦中自然に再契約に対する話が出てきた。

エルは"私も分からない問題だ。 契約期間は終わったし所属会社と協議中だ。 本質的な問題は思案中だが序論は終わった。 ドラマ終わって本格的に話をする計画だ"と話した。

エルは"肯定的な反応で議論しなければならなくないか。 悩みは多い。 方向性に対して考えてみなければならない。 事実答が決まっている。 他の人が見ても'あれが良くならないだろうか'とすることに対して考えている。 考えは1分1秒が変わることとどうなるのか分からないが肯定的に語ってみる考えだ"と再契約に肯定的な意志を表わした。 引き続き"私は2,3年前にすでに心の整理をすべてした。 再契約問題に対して整理ができた状態と頭が痛くない"と話した。

エルはインフィニット メンバーでデビューして最上の人気を享受したし、演技で領域を拡張してじわじわ位置づけを固めている。 デビュー8年目である彼にスランプはなかったのだろうか。

エルは"歌手は8年の間してきたのでどのように接近するべきか分かる。 もう音楽放送に行けば私どもがほとんど最高年次だ。 後輩を見ればからだがつぶれろ踊る。 ファイティング下は契機になる。 歌手として大変な点は8年の間補完してきた"と話した。 また"俳優として大変な点はスランプだ。 私が熱心にしたが従わないと担いだぶうっとがくる。 不足したのを知って努力してきた。 継続して行くだろう"と話した。

エルはあたかも殻を破ることをするように、自身との挑戦を楽しんでいるとし普段意欲あふれる性格を表わすこともした。 キム・ミョンスは"悪リプライでも、否定的な反応でも話になる批判がある。 熱意ができてもっと上手くやりたいという考えになる。 成長するおいしい"と笑った。 ファイティングがあふれるという彼は"今年の下半期には次期作をしたい"と熱意を表わした。

残った20台の間必ず成し遂げたいものなどを尋ねるとすぐに"確実に何かを指し示してある多技より歌手エルとしての前向きの姿と演技者としての姿を見せてあげたい。 アイドル歌手が演技をするという先入観はじわじわなくなって演技もできる歌手になりたい"という風を伝えた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BTS 本日のツイート(2017.7.13) | トップ | BTS 「BTS MEMORIES OF 2016... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL