ひまひま広場

お越しいただきありがとうございます。
ひまひまが、見たこと感じたことをのせていきます。(ネタバレしています)

BTS 新しいアルバムに関する記事 Part1

2017年09月19日 14時16分08秒 | 防弾少年団
バンタンの新しいアルバムに関する評がUPされているので、ご紹介~

防弾少年団│①K-POPの新しいDNA
アイズize文カン・ミョンソク

ボーイズグループ防弾少年団のニューアルバム「Love yourself承Her」のタイトル曲「DNA」は、7人のメンバーがすぐに曲を構成する基準となる。曲後半部の「顧みないで〜(後略)/後悔しないで〜(後略)」の部分で、二人のメンバーが同じメロディーを繰り返す程度を除けば、この歌はメンバーのパートに応じて曲の構成も変わる。1節は、ハイライトとすることができる強力なビットが登場するまで、全節を抜いても6回変化する。六回変化はすぐに六人のメンバーが各自のキャラクターを刻印させるプロセスである。1節でメンバーV - ジェイホープ - ラップモンスター - ジョングクの順にパーツが変わるとき、彼らは舞台の真ん中それぞれ異なる歌、ラップ、ダンスで自分たちのキャラクターを示す。変化と変化の間には、メンバーの関係性、または「ケミストリー」がある。パートを終え、ステージ中央から出て行ったVは入ってくるジェイホープと手を握った後ちょっと一緒にダンスを踊る。手を握る瞬間の歌詞は「私たちの出会いは」である。その結果、「出会い」は、「Her」で表現される女性の感情ではなく、チームのメンバー間の絆でも解釈の可能性を開いておく。この絆は曲の後半にメンバー全員が手を握って、まるでDNAの構造のような振り付けを示すものと拡大される。それぞれの空間をガトドンメンバーが一つに接続され、その関係性、またはケミストリーの根本には「DNA」があった。防弾少年団とその企画会社ビッグヒットエンターテインメントは、一般的な基準と形式を破った、4分足らずの曲で、あらゆる想像が可能なキャラクターとストーリーを広げておく。

だから「DNA」というタイトルは、K-POP、または韓国アイドル産業の宣言のように見えます。私たちは、K-POPの新しい遺伝子地図を持っている。防弾少年団は、「DNA」でK-POPの限界を続け触れながら、その限界をK-POPでなかなかしようとしない方法を使用して超える。メンバーが他のパーツを消化して一人一人のキャラクターを浮上させることは、韓国のアイドル業界の標準技術や同じだ。しかし、「DNA」は、最初からメンバーたちのパート変化を曲の基準亜すべての部分でメンバーたちのキャラクターが浮き彫りにされるようにする。当然曲の一貫性が低下することができる。しかし、「DNA」は、既存のK-POPとは異なる方法で問題を解決する。一般的な韓国アイドルグループの曲は歌手の声を中央おき、演奏でそれらを包む。一方、「DNA」で防弾少年団の声は響きを少しずつ入れて、コーラスを幾重にも配置し、他の音と混ぜておく。曲の音は様々な音が立体的に空間を包むようになっており、防弾少年団の声は、その空間の一部となる。これは歌と演奏ではなく、特定の雰囲気を持った仮想の空間を提供する側に近い。

「DNA」のミキシングとパフォーマンスの両方が左右はもちろん前後、すなわち深さを作り出すために集中することは偶然ではない。導入部のベースとドラムは登場する順に他の音よりも後方に配置なって前後のスペースを増やし、1節でラップモンスターの声は他のメンバーに比べて少しより上で、響きを抑えたまま、出てきて、立体感を確保する。パフォーマンスでは、Vが一番後ろに登場して歌を始め、2節でシュガ- ラップモンスターのパーツはメンバーが左から右へ造語斜線でそれぞれ先頭、中央に立っている。次にパートのジョングクは一番後ろから前に歩いて出て歌う。 「DNA」のハイライト部分パフォーマンスも前のメンバーたちは地をいくつか挙げて、突然後ろに後退だろう。曲とパフォーマンスの両方左右のみの平面ではなく立体を選択して、その中のメンバーごとに構成を変えて多彩な内容を盛る。一般的な曲が耳にかかるメロディやビットを一、二個入れるなら、「DNA」は、パートごとに異なる音を空間を構成する要素として演出する。その結果、口笛とその他の組み合わせから強烈なビートまでのすべての部分が耳にかかるとともに、大幅な変化はな空間の中の音との一貫性を持つ。防弾少年団はキャラクター、ケミストリー、世界観というK-POPの要素を、K-POPでなかなかなかったもので、さらに緻密に実装する。

「DNA」を構成する要素が前になかったことではない。ワンテイクを活用した3次元的な振り付けは、EXOの「うなり」で頂点を撮った。メンバーたちのキャラクターに合わせてパートごとの曲の構成が急激に変化するのは、SMエンターテイメントのSMP(SM Music Performance)の特徴でもある。曲を歌と演奏の組み合わせではなく、一つの感情的な雰囲気や具体的な絵が描かれる仮想の空間のように表現することは、同時代、西欧のポップの傾向でもある。防弾少年団に「Best of Me」をプレゼントしたチェーンスモーカーズのいくつかの曲もそうである。しかし、「DNA」は、西欧大衆音楽の傾向と様々な要素を、K-POPのキャラクターとストーリーの中に同時に、より執拗に混ぜる。ジミンとジョングクが連結されている「宇宙ができたその日からずっと(後略)」は、ボーイズグループの窓に続き、最近のヒップホップでしばしば聞くことができるフローがそのまま接続される。西欧大衆音楽の傾向を研究したミキシングは、キャラクターが遊べるスペースを作る使われる。防弾少年団は、TwitterやYouTubeで米国市場に知られており、ビルボード賞に行った。その間メンバーたちは、米国のミュージシャンたちと親交を築き、コラボレーションが可能になった。「DNA」をはじめとする「Love yourself承Her」の結果は、そのように、K-POPが現在の西欧大衆音楽産業と会った時どのように変化することができるか示す。

その点で、「DNA」は、アイドル業界のほぼすべての基準を立てたSMエンターテイメントの後発者の答えのように思える。キャラクターとストーリーを組み合わせものの、それをメンバーたちの現実と混合し、群舞をするが、その背景にヒップホップがあり、アイドルとして歌ものの、西欧のポップの傾向を積極的に受け入れる。もちろんSMエンターテイメントのノウハウは、今後も韓国アイドル産業の標準であり、製作指針となるだろう。ただし今防弾少年団のように歌って踊って企画する方式も参照できるだろう。そして市場の環境は、過去とまた変わるだろう。すぐに「DNA」のパフォーマンスを放送しなければなら放送局は、左右だけでなく、前後の空間感をどのように消化するか心配する必要がない。また、韓国のアイドルグループが西欧市場で通じる可能性が生じたときに、ネイバーVアプリ - YouTube - フェイスブックなどの対応も変わるしかない。

その結果、防弾少年団の世界は成長と拡大を続けている。デビュー当時の学校で夢が何であるかを悩んでいた彼らは、「花様年華」で世界の外出され、今回のアルバムを発表する前にショートフィルムを介して、仮想の世界観をさらに広げた。その間、チームの音楽はヒップホップとEDM、干ばつバトンなどを経て、K-POPと西欧大衆音楽の特徴を化学的に結合し、パフォーマンスとミュージックビデオは、ますます複雑にしたり、巨大になる。そして、コンテンツが新しい要素を吸収して進化するたびに、彼らのファン層は奇跡と言えるほど、爆発的に成長した。そのキャラクターとストーリーは、常に成長と変化を必要とし、成長と変化は、新たな領域に進むきっかけとされ、新しい土地では、新たに吸収するものが生じた。その続く変身と拡張がすぐに防弾少年団の根本的なDNAである。企業の言語で書かれた場合、絶え間ない技術革新が爆発的な売り上げを伸ばしてつながったことがあるだろう。しかし、それよりも「ドラゴンボール」と「エヴァンゲリオン」のいずれかの間ぐらいの主人公と説明することがより似合うようだ。平凡な学生が成長を重ねて、宇宙を守るように、彼らは常に限界を突破して成長した。そして「DNA」に至って歌詞に宇宙が登場した。 DNAの変化が宇宙まで届いた。だから今回のアルバムは、新しいストーリーの「承」に該当するのは偶然のように見えない。話がクライマックスに達する前に、流れが高まる勝。防弾少年団は、過去5年間そう絶えず上がっていき、「DNA」はずっと曲の雰囲気を上昇させる急にビットを「ドロップ」する。絶えず世界を広げ、新しい世界を満たすために、再び世界を広げる。その「結」には何があるか。もしかしたら、少年が神話になるだろうか?

(source:NAVER TV演芸様より)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BTS 「LOVE YOURSELF 承 Her... | トップ | BTS 本日のツイート(2017.9.19) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

防弾少年団」カテゴリの最新記事