ひまひま広場

お越しいただきありがとうございます。
ひまひまが、見たこと感じたことをのせていきます。(ネタバレしています)

INFINITE エルが捨てられた動物の支援寄付キャンペーンに参加

2017年05月15日 20時59分03秒 | INFINITE
今日は、立て続けのピニネタですよ~

毎年ミョンスは、捨てられた動物支援のキャンペーンに参加していますが、今年も参加していて、寄付を募るために動物と一緒に撮った写真がUPされています
ニュース記事を貼っておきます

インフィニット エル“返還墓は私の家族…虹橋渡る時まで共に” [インタビュー]

[TVレポート=キム・イェナ記者]お互いを見つめる目つきが尋常でない。これは明らかに恋に落ちた目つきである。エルと星ががそうだった。星がエルのそばを離れないようにし、エルはそのような星を暖かく抱擁た。幸せがあふれる家族だった。


インフィニットメンバーエル(本名キム・ミョンス)は最近、TVレポートとのインタビューを通じて愛する星を公開した。ロシアンブルー種のビョルは目がランタンランタン輝い名前を得た。本性格を持った猫のように一般的に「ケニャン」と呼ばれた。

エルは「ビョルが猫の性格のナンバーワンです。ケニャンです。爪を立てたりハアクジルをしたこともありません。常に私についています。家にいるとき私とレーザー、輝くボールに遊ぶのが本当に好き」と愛情を表わした




エルはインフィニットのメンバーで俳優としてスケジュールがあふれた。そうする時はビョルとともにすることができなくていつもすまないと思った。 代わりに家族がかわるがわるビョルと遊んでいると。


「私の海外スケジュールに行けば私たちの家族が家に来て、見てくれています。久しぶりに会えばもっと切ないのがあります。ビョルがスキンシップが好きで多く触れてもらおうとしている。まるで犬を育てる気持ちです。(笑)」


エルはダニアレルギーがあった。だからビョルの脱皮シーズンになると、かゆみのために大変だった。さらにマスクを着用星と遊んでなければならいた。それにも別やら一緒に暮らすのがいいと。

「ビョルと一緒にする、それ自体が幸せです。私と家族の両方ともビョルのおかげで幸せを感じてのです。動物も感情が存在だ。だから着実に育てることができる分育てたらいいですね。私は虹の橋を渡る時まで一緒にするつもりです。ビョルが寂しいなら、猫をより連れてきてほしい。後で状況になれば、有機墓を連れて来て育てたいという気持ちがあります。"




キム・イェナ記者yeah@tvreport.co.kr/写真= TVレポートDB

(source:TVレポート様より)










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« INFINITE 感謝の手紙公広報... | トップ | BIGBANG テヤンがLEXUS KORE... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL