暇つぶしに キャンピングカーを作るぞ!

暇つぶしと老後の楽しみにと、基本DIYでキャンピングカーを作りは始めました。

製作の過程と運用のblogです。

本当にキャンピングカーを作っちゃう

2017年05月27日 | 日記

特殊用途自動車の構造要件を満足するにはどうすれば良いか?

法令の解説本とにらめっこで、現状から改造の必要な項目をまとめました。

1.調理台、洗面台を使用する部分で1600mm以上の高さ

  これが一番の難題です。現状では159cmの高さです。この高さは検査時に厳格に測定されるようです。

  ではどうするか。調理台を利用する為の最低の大きさ、500mmx300mmの範囲の床板と天井の内装を切断しくり抜くと1620mmが確保出来ます。天井は補強を切断し、ウレタンの天井用内装材を両面テープで貼り付けました。

 

   これに枠を取り付けて体裁を整えます。

2.後部座席に人数分のシートベルト、ヘッドレストの取り付け

  キャンピングカーでは、後部座席とベッドが兼用になる場合は、車のシートでは無く専用に製作された物が必要になります。現状のhimadawa号は専用の座席ですが、シートベルトとヘッドレストがついていません。これが一番の難題でいです。色々とwebを調べているとキャンピングカーのパーツを取り扱っているshopで部品として販売している事が解りました。

3.ベッド部分、1.8mx1.0mの範囲は平坦で凹凸の差は3cm以内

  実際に木の棒を当てて測定するときわどい部分があります。

これを解決する為に、凹んでいる部分にウレタンのスポンジを重ねる事としました。

4.シート等の内装材は難燃材の証明書が必要

  リアシートは古い物を中古で購入したので難燃材の証明はありません。

そこで後部座席の大改造行うことにしました。

  ➀ヘッドレストの取り付け金具をシートの背当て内部に組み込む。

  ②ベッドの凹凸をなくす為にウレタンスポンジを重ねる。

  ③難燃材証明を取得する為の新しいシート生地(証明書付き)でシートを覆う。

早速、webでシート生地(ビニールレザー)を購入し、yokoにミシンでシートカバーを作ってもらいました。

後部座席を分解し組み込んだ、ヘッドレストの取り付け金具

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当にキャンピングカー | トップ | 本当にキャンピングカーを作... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む