be with you 共に生きる

共に生きるあらゆるものたちのこと

struts2で痛い目にあう

2016年11月07日 09時45分36秒 | 日記
OSSのバージョン移行の調査をしている。ネット情報を鵜呑みにして、つまりはコピペして報告する事もできる。

しかし、真贋を確認する事は報告の一部と思い、ネット情報を元に実施してみた。

最初に困った点は、最近はmaven主体の開発。会社内ではダウンロードが禁止。セントラルリポジトリから最適なjarを得られない。
会社で調べた事の全部の再現を自宅でやっている。
自宅での作業の最短化のために、ついついOSSでの一番大切事を忘れてしまった。

相性!

私がOSSと親しみ始めたのは、10年以上前。IBM世界の出自では食い合わせが有る事が驚きだった。Iでは互換性が非常に大事で、OS開発(古い話で)で次期バージョン検討で、ユーザーの大半が仕様とは異なる使い方をしていた場合、スペックに盛り込む事も大事だった。切り捨てる事はない。新版でも旧版での稼働を100%保証。(無駄と思われるコード必要であった)

ともかく、OSSではバージョンに注意しないと前でOKが新ではNGはよくある、常識!

でも10年以上の時があり、デファクトスタンダードと見做されるものに、まだそれが残っている!

!!どじ!!
strust2のネット情報を元に環境は最新にした。
2016年10月21日 struts2 2.5.5 GA!

ネット情報、多くが2.3.x。私の環境は2.5.5
ハマってしまって1週間。
filterのFQNが変わって、ngがいらないなんて!

教訓は生きていた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« honor6plusを手に入れて | トップ | struts 2.5.5 と maven »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。