be with you 共に生きる

共に生きるあらゆるものたちのこと

struts2にチョットだけ開眼

2016年10月19日 10時36分44秒 | 日記
現在 とある(某と書くのだろうが)企業の複数のwebアプリの保守を行うプロジェクトに在席している。

struts1 struts2 各々で開発されたアプリの修正でstruts1の修正の思い込みで struts2アプリを修正していた。最後は、誤りに気付き、この文章を記述する事なったのだが。。

モウ40年以上SEをしている。振り返れば、strutsもjsfも他に先駆けて採用してきた。SEの矜持もあり、個人的には好き者であるため?先端の技術の採用に躊躇が無かった。結果が誤りでは無かった事がお客様も私も幸運だったと、改めて感じる。

最初の定年を迎える数年前からは開発の現場に出られなくなり これは主には社内単価が高くなり予算的な事でしか無いのだが 最近の動向に疎くなっていた。

struts1のEOLが2013.04.05にリリースされた事、初めて知りました。
某企業でも、最近struts1の取扱で議論があった様で 別のFWの選定が始まっているがstruts2のアプリが有るので、順当ならそれで決まるのだろう。

この現場で たまたま 2種類のアプリを保守する役目を担っているのだが、名前が似ていて1が2なのだから同じだと思い込んでいた。2のアプリはアノテーションが多過ぎる的な感想でしか無かった。springも併用している事もあってだが。

そんな訳で見事に道に迷った。

迷ったついでに今後の必須となる1と2について学び始めている。少なくも5年の遅れを取り戻す!

今の注目点は下方互換がある?です。

jsf2もあるが ここでは2だろう。

2だと更に効率よく開発、テストが行えると感じている。
困った点は1のリソースの移行。移行だけで結構な工数が掛かりそうなのですねぇ。ノーバリューアッドで金使えるか?更に必要スキルもチェンジだし。。。。

決断し進めてゆく立場にはいないのが残念。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Chuwi H8 その後 | トップ | honor6plusを手に入れて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。