goo

ジョーとフェルンと話しているとき感じる。

わたしは2人が大好きで。
だって思いやりがあるし、教養もあるし、センスがいいし、料理が上手だし、、、。多くの面において尊敬している。

だけど2人に共通して、どうしても躓くときがひとつだけある。

わたしに、わたしにとっての核である部分に対し、それはできないかもしれない、と耳をふさいだとしてもわたしに伝えるときがあること。

だからって、2人からわたしは離れない。だってわたしは我らが好きだもの、とっても。

すごく考えた、しっかり考えた、直感としての強い力も持った。
そして言えること。

彼らはその道を知らない。知らないから、分からない。分からない世界でかつ、彼らは出来ないと思う。彼ら自身で出来ないし、彼らの人生の中で彼らは、それをしない。向こうからそれがやってきたとき彼らがどうするかは、わたしは知らない、分からない。凄く好きで凄くいい人たちで、だけど彼らがどうするかなんて、わたしには分からない、だって、極限だもの。極限で、どうするかが明確な人たちは、世界の中に多くはいない。
ね、島津先生?(笑顔)

その道を知らない人たちにアドバイスをもらったときは、ありがとう、でいいなと思った。彼らはわたしを愛してくれていて、だから、ありがとうがいいなと思った。


今日も晴れています。
素敵な週末を。
花慧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 安藤裕子 / 海... Penderecki: T... »