飛行場・滑空場・不時着陸場・場外離着陸場・空港・戦跡など

    思いがけない所に戦跡があったりします。
     2度と愚かな戦をしない、させない意味も込めて調べてみました。

(68)西表島南風見

2017-04-21 13:45:57 | その他

昔の資料を見ていると沖縄縣知事から内務省への軍用航空機事故に関する報告の中に

1940年(昭和15)4月6日13時に「八重山郡入面島南東部ハエミ原野」に海軍機6機が不時着し

3機破損、乗組員12人無事、附近に人家無きため「アラグスク島」に乗組員を移し救護すと

ありました。

入面島南東部ハエミ原野とは現在の「西表島南風見」だと思いますが場所はどこだったのでしょうか?

当時は人家が本当に無かったのでしょうか?

救護すとあった新城島(パナリ)には下地島と上地島の2つがありますがどちらかまでは書いて

いませんでした。

そして機体の搬出は翌日に所轄警察と部民出動せりとありました。



(書き込みはできません)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (67)木更津飛行場 | トップ | (69)下志津陸軍飛行學校 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。