刺さない鍼灸師の日記

治療をして、思った事や感じた事を書いていってみようと思います。

アンテナとチューナー。

2018-01-13 13:15:07 | 日記
身体の中には、今の自分自身が、
色々な環境に合わせていくことが出来る様に、
チューナーみたいなモノが備わっていると思う。

人によりますが、たまに、肉体、精神的なバランスが崩れると、
そのチューナーに狂いが生じる人がいる。
チューナーに付属しているアンテナが、突然立ちっ放しになってしまうのだ。
そのために、アンテナが色々なモノを拾ってしまう。

普段の正常な状態であれば、うまくチューニング出来ているので、
アンテナも、その場、その場に合わせて高くなったり、
低くなったりして調整出来、うまく生活していけるが、

狂いが出始めると、普段だったら、気にしない事でも
気になったり、不安になったり、余計な事を考えたり、
なんて言うか、アンテナが立ちっぱなしで、
普段なら拾わない、余分なモノを拾いまくるから、
普段通りの、いつもの生活がうまく出来ない。
心と身体が、思いっきり離れている状態みたいな。

ウチにもたまに、そういう状態を抱えた患者さんが来院してくる。
体調の不順(頭痛、微熱、胃腸の違和感、睡眠がうまく取れない等)と、
突然、人込みが苦手(これは、もともとそういう要素がある)になる、
電車に乗れない。出来れば外に出たくない。学校に行きたくない等。

一般的に言えば、パニック症候群と言われるものだったり、
いわゆる精神的な症状ということになるのか。

そういう事になりやすい人は、もともと敏感(肉体的ではない)な
体質である人が多い。
気がきくとか、気付き易いとか、とにかく気が回る人。
そういう人が、色々とバランスを崩すと、アンテナが立ちっぱなしになり
拾わなくてもよいモノまで拾ってしまう。
それは、周りの人から発している想念だったり、波動の低い場所から
発しているエネルギーだったり、自分自身の問題もあると思われるが、
外からの影響もかなり大きい。

結構、日中がそういう症状が強い。
夜になると、それなりに落ち着く場合が多い。

電波と同じで、日中は、様々な電波が飛び交うが、
夜は、そんなに電波は飛び交わないから。

刺さない鍼治療で、そういった症状も解決していくことは可能です。
体調の不順を治し、立ちまくったアンテナを調整して、
色々な状況に、チューニング出来る身体にしてゆきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エネルギーその1 | トップ | 変化その1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事