「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

北朝鮮解放の米学生が死去昏睡状態で帰国死去※北朝鮮・中国12人拘束、はむやみに行かないこと、

2017-06-20 08:34:48 | 歴史は語る
北朝鮮解放の米学生が死去昏睡状態で帰国死去した米国人大学生オットー・ワームビア氏(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】北朝鮮に拘束されている間に昏睡状態に陥り、13日に解放された米国人大学生オットー・ワームビア氏が19日午後、治療を受けていた中西部オハイオ州シンシナティの病院で死去した。ワームビア氏の家族が声明で明らかにした。

 トランプ米大統領はワームビア氏の死去を受けて声明を発表。「米国は北朝鮮の残忍さを改めて非難する」と強調した。

 家族は声明で「残念ながら、私たちの息子に対する北朝鮮のひどい扱いが、今日の悲しい結末をもたらした」と訴えた。病院は15日の記者会見で、ワームビア氏の脳組織が広範囲にわたって壊死しているとの診断結果を公表していた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 離党ドミノでガタガタの民進... | トップ | 文科省と外務省の怠惰で中韓... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史は語る」カテゴリの最新記事