「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

新国立の白紙撤回が火種? 前川前次官と和泉補佐官、浮かぶ対立 ※与党は蟻の一穴を思い知れ。

2017-06-18 19:02:49 | 歴史は語る
新国立の白紙撤回が火種? 前川前次官と和泉補佐官、浮かぶ対立 (1/2ページ)
 加計学園の獣医学部新設計画をめぐり、「総理のご意向」と記された文書に関する文部科学省と内閣府の調査結果の食い違いが表面化する中、文科省前事務次官、前川喜平氏(62)と内閣官房の首相補佐官との対立が象徴的に浮かび上がっている。原点には2年前の新国立競技場の白紙撤回騒動が影を落としているとの見方が少なくない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [ 安 倍 内 閣 支 持 率 ] ... | トップ | 拡大する“中国主導銀行” 日本... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。