「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

憲法改正「賛成」が「反対」上回るFNN※朝日・毎日とデーターが違うのか?

2017-06-19 17:42:15 | 歴史は語る
憲法改正「賛成」が「反対」上回る。憲法改正検討4項目は、いずれも改正「賛成」が、「反対」を上回った。
FNNが18日までの2日間実施した世論調査で、憲法改正に「賛成」と答えた人の割合が半数を超え、「反対」は3割台だった(「賛成」55.4%、「反対」37.5%)。
「9条を維持したうえでの自衛隊明記」(「賛成」61.6%、「反対」28.6%)と、「高等教育を含む教育の無償化の明記」(「賛成」62.0%、「反対」30.4%)は、いずれも「賛成」が6割を超えた。
また、「テロや大規模災害の時に一時的に政府に強い権限を与えたり、一時的に国会議員の任期を延長したりする『緊急事態条項』の明記」(「賛成」53.0%、「反対」36.3%)と、「参議院の『合区』を解消し、全ての都道府県から国会議員が選出されるよう憲法で規定すること」(「賛成」53.8%、「反対」32.6%)についても、それぞれ「賛成」が半数を超え、「反対」を大きく上回った。
この4つの項目は、自民党が年内の改憲案取りまとめに向けて、検討テーマに掲げている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国会は閉会、安倍内閣支持率... | トップ | “小出恵介問題”とどこが違う... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史は語る」カテゴリの最新記事