「百家争迷」

歴史に照らし現代を見る。

安倍政権、支持率急落で「切り札・橋下徹」!?※自民、まずは自力で信頼回復を。

2017-06-20 08:01:08 | 歴史は語る
o image安倍政権、支持率急落で「切り札・橋下徹」!?
弱り目に祟り目で、ますます鈍る“勝負勘”。そろそろ背中が煤け始めた“元”最強政権がツモるのは最強のアガリ牌、それともババ!?
【関連】安倍政権が奏でる「崩壊の序曲」
長期安定政権を敷き、万全の態勢で悲願の憲法改正へ――つい半年前までは安倍晋三首相が疑いもしなかったであろうそのプランが、グラグラと揺れている。6月1日、日本経済新聞の電子版が驚くべき数字を発表した。読者を対象にしたインターネットのアンケートで、安倍内閣の支持率が前回調査の52.1%から26.7%に急降下したのだ。
同時期に行われた北海道新聞の世論調査でも、支持率は同じく12%減の41%。こちらは従来通りの手法で取られたデータだが、やはり大幅に下がっている。「前者は自らアンケートに応える形式で、ネットが使える世代で政治に関心のある人が主な対象者。後者は新聞社から無作為に電話をかけた結果で、対象は年齢層も興味も幅広いはずです。つまり、政治意識の高い人はもとより“消極的支持層”も安倍政権から離れ始めたことを示しています」(全国紙政治部記者)
消極的支持層とは、全面的に支持はしないが「他に代わりがいないから」ということで支持する人たち。「首相は就任直後から経済重視を打ち出したため“生活が良くなるなら多少のことには目をつむろう”という支持層も多かった。安保法制を強行採決しようが、大臣が失言や不正献金問題で辞任しようが、政権が驚異の“回復力”を見せてきたのは、そのためです。あと、ここ最近は“北の神風”もありましたからね」(民放局政治記者)
“北の神風”とは近年使われ始めた永田町用語で、北朝鮮がミサイル実験を行うたび「その脅威に対抗できるのは強い政権しかない」と、安倍政権の支持率にプラスに働く
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 憲法改正「賛成」55%、自... | トップ | 離党ドミノでガタガタの民進... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。